標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

男なら・・・何に乗る???

我青春のブルードルフィン号こと
フォード・トーラスワゴン
c0062511_19524835.jpg
6回目の車検を前に
14年、14万キロで
ミッションが☆に・・・
車検の2週間前・・・
信号待ちでDレンジのギアがニュートラルへ抜け
いきなり発進不能という恐ろしい現象が頻発・・・
結果、ミッション交換しか対策はなく
費用対効果を考えtると
乗り換えがベストかと・・・

BD号と出逢ったのは
(日産)プリンスのディーラーで
当時PEKEが勤めていた会社のお得意先でした。
「フォード車売ります」って案内貰って
子供を連れて遊びに行ったのが運のつき
広いワゴンの荷室で遊ぶ子供たちの笑顔に負けて
セフィーロ(初代)から乗り換えたのが
まるで昨日の事のようです。
今までチョウ採りで往復した信州500キロも
セフィーロだとお尻が痛くなったりしたのが
さすがアメリカ車
いくらハンドルを長く握っても
全席誰からも文句が出ない快適さはさすがでした。
出来ればずっと乗っていたかったのですが・・・
残念です(泣)
長女は「免許取ったら貸してね」って
小学生の頃から楽しみにしていましたっけ・・・(笑)

で・・・
当時のフォードのお店は
今はルノーのお店に変わり
とりあえず
先立つものを忘れて
まずは
ルノーの新車を
独りで楽しんできました(爆

カタログを開くと・・・
c0062511_2021079.jpg

c0062511_20211928.jpg
c0062511_20213217.jpg


さて・・・
明日は地道に炎天下 中古車探して彷徨おう!

そして時期ウェポンの条件とは・・・
形でも良い
色でも良い
一目でPEKE家の車と判る
ユニークさ・・・だそうです・・・(笑
ほんなら簡単!
まっ黄色のフェラーリとか
真っ白のベントレーとか
真赤なポルシェとか
真っ青なシトロエンとか
オレンジ色のマスタングとか
ウーン・・・
宝くじに当たりさえすればぁ~(爆
まったく、簡単!

でも・・・
昔・・・
いつかはクラウンって時代・・・
お付き合いで行ったゴルフ場の駐車場・・・
白いマークⅡだらけだったのは・・・
嫌だった!

少し前・・・
何の時代か忘れましたが・・・
キャンプ場とスーパーの駐車場が
ワンボックスカーだらけだったのは・・・
嫌だった!

会社の若い奴が嬉しそうに
買ったばかりの車の自慢をしていた
ホンダの背の低いミニバンのスポーティーヴァージョン
おじさんには訳が判らない!
嫌だった!

神戸の山手
ラブホの駐車場に
青いポルシェが停まっていた
数時間後
三宮の駅前で
青いポルシェから降りてくる長い髪の美女を見た
羨ましかった(爆

あきまへんなぁ~
by pekeyama | 2011-07-16 20:52 | 自動車 | Trackback | Comments(18)

2011年PEKEYAMA氏の読書図鑑・42~43

相変わらず・・・
支離滅裂な読書です。

41・・・
c0062511_0104545.jpg
c0062511_011124.jpg

昆虫・・・
「チョウはなぜ飛ぶか」
日高敏隆先生の名作です。
初版が出たのはPEKEが高校3年生の頃だったと記憶していますが
その後すぐに絶版になって
何回も探したのですが
結局・・・
35年の月日が流れてしまいました
愛弟子「海野和男」先生の
飛翔写真が添えられて、素晴らしい本です。

42・・・
c0062511_085391.jpg

c0062511_091422.jpg

車・・・
「ぼくの日本自動車史」
PEKEYAMA家はニッサン党でした。
初めて親父が買ったのが
青いブルーバード410
そして
白いブルーバード510
それから
親父は
スカイライン(ケンメリ)かローレル(初代)かで大いに悩み
お袋の「ローレルの方が上品」と言う鶴の一声で
以降長らく我家はローレルを乗り継ぎました。
ってのは、本の中身とはまた別のお話ですなぁ~
43・・・
c0062511_0113356.jpg
c0062511_0114372.jpg

ミリタリー・・・
「伊400潜水艦・99の謎」
10年前、巷では「○○99の謎」なる本が流行していたようです。
潜水艦に、
攻撃機を3機積み、
マゼラン海峡を越え、
ニューヨークを攻撃する!
10年前、転職して間なしのPEKEは
ストレスもあったんでしょうねぇ~
懐かしく、シミジミと読み返していまいました
by pekeyama | 2011-07-15 00:13 | | Trackback | Comments(10)

七夕祭り

七月の 梅雨明けし朝 眩し光に 願う思いは 君の幸せ
c0062511_2192555.jpg

風吹けば 門自ずから開きしと 祖父の教えを思い出す夏
c0062511_21121723.jpg
 
by pekeyama | 2011-07-13 21:13 | Trackback | Comments(0)

続・夏が来た!

アジサイの花・・・
案外と・・・
夏空の強い光が似合うやんけ!
好きだなぁ~
何だかとってもドキドキするよ!
きっと・・・
夏休みが始まる直前って・・・
きっと・・・
こんな感じだったんだろうなぁ~
c0062511_23123636.jpg

視線の向こうに煌く
入道雲のような
白波のような
未来のような
明るい花

そして・・・
c0062511_23104136.jpg

c0062511_2311215.jpg

光あるところに影あると・・・
酔いし心が叫ぶとも・・・
されども影の美しさ・・・
間に咲きし花あればこそ!

晴天の紫陽花は・・・
来年の重要なテーマになりそうだなぁ~
by pekeyama | 2011-07-12 23:26 | | Trackback | Comments(0)

夏が来た!

先週、近畿地方の梅雨が明けました。
毎日、陽射しが眩しく、暑いです。
だけど、ビールが美味しいです。

先の日曜日
相楽園を覗きに行きました。

途中、薔薇と紫陽花が美しかった!

明るい夏の朝の、街の景色をどうぞ!
c0062511_623284.jpg
c0062511_6233751.jpg
c0062511_6234543.jpg

2011・07・10 神戸市中央区
by pekeyama | 2011-07-12 06:24 | Trackback | Comments(4)

ポルシェを手に入れた!

それも只のポルシェじゃあない!
RUFのチューニングした、BTR NATO
色はなんと、マット・ブラックだ!
ラジエーターが組み込まれた巨大なリアウィング!
素敵だなぁ~
c0062511_8543711.jpg

もちろん、アマガエルのようなプロポーションも
好きだぁ~(笑
c0062511_8562963.jpg

この顔つきは、まさにアマガエル!
可愛いぃ~っ!(爆
c0062511_8572998.jpg

いまならコンビニで137円で手に入るよ!
なんとおまけにUCCのブラック缶コーヒーが漏れなく1本付いてくる!
車種は8種類!

って、何を言ってんだか・・・
でも素晴らしい!
世界は魔の手であふれている!

でも昆虫と自動車って・・・
似ているよねぇ~
c0062511_92482.jpg
c0062511_921227.jpg

2011・07・03 明石公園 コカブトムシ♂

今日は午後から元町へ出て
久しぶりにぎょうざを食べて
それから映画をみる予定です。
映画は「お菓子放浪記」
いしだあゆみが出演してるのと
東北の田園風景が美しいとの話を聞いて
思わず!!!
by pekeyama | 2011-07-10 09:07 | 自動車 | Trackback | Comments(4)

続々々々々々々・君は「奇譚クラブ」を知っているか?

魔の手に落ちた!
これはたまらん!
c0062511_9121526.jpg

「サバンナ」シリーズを見つけて、回してしまった・・・
c0062511_9133684.jpg

グランドシマウマが出てきた。
この砂浴びをしていると思しきポーズ。
これはたまらん!
c0062511_9153419.jpg

c0062511_9154657.jpg
c0062511_9155720.jpg

思わず写真を撮ってしまった!
グレービーシマウマも欲しくなってしまった!

魔の手に落ちてしまった!

「柴犬」シリーズとか
「アメリカンショートヘア」シリーズで
百態作れば・・・
魔の手に落ちる奴は沢山居ると思うよ・・・
by pekeyama | 2011-07-09 09:21 | 動物 | Trackback | Comments(4)

美味しそう

c0062511_2227812.jpg
c0062511_22271714.jpg
c0062511_22272792.jpg

by pekeyama | 2011-07-08 22:28 | 植物 | Trackback | Comments(6)

海峡をつなぐ光

昨日、
会社帰りに、
「海峡をつなぐ光」っていうドキュメンタリー映画を観てきました。
サブタイトルは「玉虫と少女と日韓歴史ロマン」
その内容は、
1500年前に朝鮮半島で作られた「玉虫馬具」
1400年前に日本で作られた「玉虫厨子」
日韓同時に企画された
その復刻作業のドキュメンタリーです。
在日4世の「麻衣ちゃん」がレポーターとなり
映画はタマムシの「羽脱」シーンから始まります。
パンフレット代わりの本には「孵化」とありますが
これは大間違い!(孵化は卵から幼虫が孵ること)
かといって「羽化」(蛹から成虫になること)でもありませんね、このシーン!
樹の中の蛹室で羽化した成虫が
樹皮に穴を開けて脱出するシーンですから
「羽化脱出」
すなわち「羽脱」シーンと称するのが正解です。
暗闇の中で目覚め
我は誰かと自問する
折口信夫の名著「死者の書」を思い出させるシーンで
PEKEは目茶苦茶に感動いたしました。

タマムシは熱帯性の昆虫で
真夏の真昼に活動します。
日本よりも寒冷な(冬が長くて厳しい)韓国では珍稀種で
天然記念物に指定されているそうです。
温暖化が叫ばれる現代でもそうですから
今よりも寒冷だったであろう1500年前に
1000匹単位のタマムシを
王様専用の馬具の為とは言え、
果たして朝鮮半島産でまかなえたものか否か?
現実、復刻に当たっては、
何と神奈川県にタマムシの飼育を研究されているアマチュアの方が居られ
その方の飼育品が提供されて、この企画が成功したそうです。
当時の使節、或いはが帰化人が
命懸けでもって帰ったのでしょう
当時の日本・・・
奈良盆地って・・・
寺院の造営で・・・
あちらこちらにケヤキの大木が伐られて・・・
きっとタマムシやら、カミキリムシの天国だったのではないでしょうか?

パンフレット代わりの本
こんな感じです
c0062511_19343669.jpg
c0062511_19344979.jpg

麻衣ちゃんが可愛いです(笑
c0062511_19412126.jpg
c0062511_19422495.jpg

復刻された「平成玉虫厨子」
c0062511_19432917.jpg
c0062511_19434212.jpg


昭和35年の、昆虫学会による復刻版は、大阪の高島屋の資料館に保管されているそうです。
平成の復刻版は「法隆寺」に
オリジナルも法隆寺かな?

梅雨があけたら、一度実物を観に行ってみよう!
by pekeyama | 2011-07-07 19:49 | 映画 | Trackback | Comments(4)

続々・ヤマボウシが好き!

誰が齧ったかヤマボウシ・・・
美味しかった?
不味かった?
c0062511_22275887.jpg

蜜も沢山ありそうで
美味しそうです
c0062511_2223039.jpg

2011・06・19 神戸市立森林植物園
by pekeyama | 2011-07-06 22:30 | | Trackback | Comments(0)