標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2013年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バレンタインの贈り物

今日は2月27日
あの日から早くもすでに2週間が経つ。
月日の流れるのは早いものである。
この日は毎年
父と息子で
もらったチョコの数を競うのであるが
しかし
「カエルの子はカエル」
しょせん
「トンビはタカを生まぬ」
まぁ毎年勝負は団栗の背比べであり
けっしてレベルの高い戦いではない(笑)
しかし
いつの世も父親は息子に負けたくはないし
息子は父親に勝ちたいものである。
「遺伝」の問題も
「心理学」の問題も
実にもって「ヤッカイ!モッカイ!シリモッカイ!」である。
ちなみにこの意味不明のフレーズはお袋の口癖である。
いちどその由来を聞いておかなければ
そのうち頭の中が痒くなって眠れない夜が来そうな気がする(笑)

今年のレースは父親にとっては非常に不利であった。
なぜならばご存知の通り
PEKEは悪魔に「チョコで赤ワインを呑む楽しみ」を売って
美人の女医さんと仲良くなったからである!

しかし捨てる神あれば、拾う神あり
世の中まんざら捨てたものではない!
PEKEは残業で遅くなった時に
腹の虫押さえに
梅田の高架下でタコヤキをつまんだりするのであるが
当日、まさにその日
閉店間際のその店に寄れば
タコヤキは売り切れなるもビールならあるけど・・・
どうするか迷っていたら
時々顔を合わせるけれど
なかなか会話をするキッカケがなかったオネーさん(別嬪)が
「これあげる!」って
タコヤキくらいの大きさのトリュフチョコを三つもくれました。
「やったー!これで息子に完勝!」ってお礼を言えば
今度はお店のママ(別嬪)が
ハート型の小さなチョコを一掴みくれました。
そしたら反対側の女性(別嬪)が
「兄ちゃんこれでビール呑み!」って
チップスターを一掴みくれました。
考えてみると不思議な話で
客が自分で持ち込んだつまみを食ってるタコヤキ屋って一体・・・(爆)
下宿をしている息子とは顔を合わせていませんが
今年は父親がそのハンデをものともせずに圧勝!と・・・
ブログには書いておこう!

ところで話はまだ「結」には至らぬ。
だって画像がまだではないか!
アップしたかったのは
娘がくれたバレンタインの贈り物である!
それはこれぢゃ!
c0062511_21555942.jpg

して、箱の中身はこれぢゃ!
c0062511_215744.jpg

「レモスコ」「ゆずスコ」「しょうがスコ」の美人三姉妹ぢゃ!
ぐるっと一回転してもらいましょう!
c0062511_21591719.jpg
c0062511_2159352.jpg

箱の中身は調味料です。
その名から推察されるとおり
タバスコの親戚ちゅうか、なんちゅうか・・・
レモン風味、柚子風味、生姜風味の唐辛子味の調味料・・・かな?

実は「レモスコ」は
件のタコヤキさんで、ママが
個人的にお土産でもらったって奴を
試しにタコヤキにかけてくれたのが
目茶苦茶イケテタのがきっかけで
調味料オタクの娘にその話をしたら
彼女がネットで取り寄せた・・・
ってのが事の真相です。
これって本当は鶏のから揚げなんかにかけると美味しいんですけれど・・・
しかし
夕食の楽しみが三つも増えました。
娘よ!
蟻が十匹!
by pekeyama | 2013-02-27 22:09 | グルメ | Trackback | Comments(0)

PEKEも歩けば蝶に当たる

古の人曰く
「犬も歩けば棒に当たる」
すなわち
歩かなければ何も起こらない!
だからそれは
「買わなきゃ当たらぬ宝くじ」
いや
♪もしも声をかけなきゃ、もう死ぬまで他人さ♪
と言うことであろう!
「内面への沈潜」も大切であるが
「鬱勃たるパトス」は大いに外へ発散すべきであろう!

今日は体調が悪かった。
ここのところずっと寝不足気味で消耗していたところに加えて
昨日、現場帰りに、
冷たい雨に打たれた所為であろう。
今朝はついに
微熱に倦怠感、
そして節々の痛みで
どうしても寝床から這い出せなかった。
しかし「内面への沈潜」12時間余・・・
日が暮れる頃になり
敵駆逐艦は去り
ようやくPCの前に座れる位には復調した。

さて・・・
古の人曰く
物語は「起承転結」をもって良しとする・・・
が・・・
PEKE曰く
ここは何処?私は誰?
いつもながらの展開である。
起きたのか?
承けたのか?
転んだのか?
結んだのか?
はたまた
新宿3丁目なのか?
銀座8丁目なのか?
はてさて
天国か?地獄か?

さて
銀座8丁目ならば
てんぷらの「天国」が有名である。
どのくらい有名かと言うと
「天国前」というバス停だか、タクシー乗場があるくらいである。
30年前のPEKEがそうであったように
初めて見るとびっくりする!
デートの待ち合わせにいかがかな?
「天国前で待つ!」なんて!(笑)
そして二人して飯を食うがよい!
昼のサービスメニューの「小柱の掻揚丼」が
30年前で¥1000であったぞい!
サラリーマン一年生には驚愕の昼飯であった!
早く出世して、毎日こんな昼飯が食いたいと・・・
思ったか否かは
すでに記憶に無いが、
接待費とやらで食ってみたかった(笑)
ちなみに
新宿の小便横丁では
天丼(ただしイワシ)が¥200くらいだったかな?
まさしく「天と地と」であるが
PEKEは会社帰りに新宿で途中下車するのが好きであった。
隣り合わせてオッサンと
「冷やしトマト」と「ビール」で
文学談義なぞを楽しんだものである。
なぜかフェアレディZを駆るネーチャンと仲良くなったことも楽しい思い出である。

ステージはようやく・・・
これから「天」
もとい
「転」だな・・・

先日、外勤途中で発見した看板である。
c0062511_20171166.jpg

c0062511_20285827.jpg

なかなかリアルな「パピリオ クスサス」である。
琴線に触れるどころの騒ぎではない!
ハードロッカーがかき鳴らすエレキギターの叫びである!
営業車にまで画かれていたぞ!
c0062511_2026046.jpg
c0062511_20261838.jpg
c0062511_20263796.jpg
c0062511_20265250.jpg

さてここは一体何処だ?何屋だ?何なんだ?

だから
名刺をもらった・・・

c0062511_2029539.jpg


c0062511_20303624.jpg


花屋さんであった。
c0062511_2032441.jpg

キャッチコピーは
「365日、誰かの誕生日」
c0062511_2043429.jpg

良いなあ~
泣かせるぜ!
誰か100万本の薔薇の花を買え!
貧しい詩人よ!
女優に恋をしろ!

ようやく「結」に到りました。
今夜は「トンボ図鑑」や「お肉屋さん」にはならず・・・
やれやれですが
へろへろです(笑)


画像採集地:京都市中京区河原町三条東南角 2013-02-25
by pekeyama | 2013-02-27 20:39 | | Trackback | Comments(0)

夜のチューリップ・1

夜の街はまるで
深い海の底のようです。
だから
夜の街に咲くチューリップは
まるで深海生物のようです。
c0062511_22494692.jpg
c0062511_22524349.jpg
c0062511_22534515.jpg

見上げれば海面には
大きな満月が
c0062511_2257545.jpg

c0062511_22574127.jpg

寒いけれど
もう春なんですねぇ~

画像採集地:大阪市北区梅田 2013-02-23
by pekeyama | 2013-02-26 23:01 | | Trackback | Comments(0)

日本クワガタムシ大全・2

さて・・・
昨夜より待ち焦がれていた人が
居たか否かは不明であるが
一応、約束守って
2頭目のクワガタである。

ガチャガチャのカプセルを開けるのと
材木を割るのとは
似た部分があるのかも知れない!
しかしPEKEは蝶屋だったので
その辺の機微には疎い・・・

だから2頭目のクワガタはナンだ?!
はよ出さんかい!PEKE!
宇宙からK君の声が聞こえてくる!
怖いよぉ~(爆)

2頭目はこれ!

ごめんなさい!
画像はまだカメラの中でしたぁ~

シリキレトンボぢゃ!
いや、カラスに食われたクワガタか?
頭だけ落ちてるって奴・・・

この際だから
もう一つ・・・
罪を告白しておこう!

先日の「竜」なんですが
いつも行くお店で
今年は春節祭にも帰省せずに頑張っているTちゃんに
画像を見せたら
「これは獅子!ライオンあるよ!竜ではない!」と言われました(泣)
羊頭狗肉ならぬ
竜頭獅子肉ぢゃ!

しかしどちらも国産黒毛和牛よりも高価な気はするが・・・(笑)

Tちゃんは無邪気に笑っていたが・・・
P氏は関西の長男の特性として
山のように高いプライドと
カミソリの刃のように細い神経を持つ身ゆえ
その日の事は・・・(爆)

てな訳で、今夜は何にもなし!


PS
一夜が明けて・・・
♪新しい朝が来た
 希望の朝だ!♪
って・・・
♪真冬にラジオ体操は辛かろう・・・♪

昨夜の振る舞いは
あまりと言えばあまりであった。
謙虚に反省して
急遽画像をアップ致しまする(笑)

クワガタは「トカラノコギリクワガタ」の黒であった。
PEKEはオレンジ色が欲しかった。
c0062511_6114441.jpg
c0062511_6122646.jpg
c0062511_6125654.jpg
c0062511_6134810.jpg
c0062511_614146.jpg
c0062511_6143775.jpg

by pekeyama | 2013-02-25 23:25 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

日本クワガタ大全・1

夜の街は危険である。
あちらこちらに陥穽が待ち受けている。
それは何も
赤い灯や、青い灯ばかりではない!
暗闇から飛び出してくる無灯火のバイクでもない!
露地の奥から近づいてくる肩を怒らせた兄ちゃんでもない!
ではそれは一体ナンなのだ?!

PEKEの場合は
陥穽が待ち受けているデンヂャラス・ゾーンは
本屋だったり
おもちゃ屋だったり
案外・・・
ケーキ屋だったり
たこ焼き屋に
餃子屋も危ないか・・・
(だって・・・糖尿親父なんだもん!)
最近は花屋も危険だったりする・・・
(だって・・・可愛い店員さんが多いんだもん!)
まぁ、しかし・・・
他人から見れば「勝手にしろ!」ってな世界ではある。

昨日、徹夜明けで病院へ定期検査へ行った。
体調は最悪で
着替えもしていない作業服で
辛うじて髭だけは剃って(コンビニは何でもあって便利だなぁと改めて認識しました)
美人の主治医さまに逢いに行った。
検査の結果は以外にも良くて
それはそれで良かったのであるが・・・
検査が終わって再び会社へ戻る途中に・・・

おもちゃ屋の店先でそいつに出会ってしまったのである。

一体、何に出会ったというのか?

それは、これぢゃ!
c0062511_23522814.jpg
c0062511_23525710.jpg

正体はガチャガチャである。
チョコエッグで一世を風靡したあの海洋堂が
松村しのぶを「造形総指揮者」に据えて
「森羅万象を詰め込んだ小さな博物館」と名打って
「カプセル・ミュージアム」こと
「カプセルQ」で
「日本のクワガタムシ大全」全7種を発売したのである。

我慢ができずに・・・
2回だけ回しちゃいました・・・

で・・・
出たぁ!いきなりオオクワガタぢゃぁ~!
c0062511_043838.jpg

c0062511_05023.jpg
c0062511_051559.jpg

触覚と脚の造形が若干ルーズであるが
ボディの質感はリアルである。
さすが海洋堂の誇るカリスマ造形師「松村しのぶ」である。

二頭目はさて何であったか・・・
知りたいか???
今夜はもう遅いから、教えてあげない(笑)
by pekeyama | 2013-02-25 00:09 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

続々・クッブーダンキ

左から読んだら「とまと」
右から読んでも「とまと」

左から読んだら「新聞紙」
右から読んでも「新聞紙」
新聞紙、裏から読むのはTV欄

左から読んだら「軽い機敏な子猫、何匹いるか?」
右から読んだら???

って・・・
回文コーナーではなかった!
話は
左から読んだら「クッブーダンキ」
右から読んだら「キンダーブック」であった。
KMさんからの私信(通称メルマガ)によると
同誌は未だ健在であるそうだ。
何だか嬉しい話である。
現代版で「世界の蝶」とか「世界のカブトムシ」とか
いやいや
「世界の青い蝶」とか「赤い蝶」とか「白い蝶」なんて企画はどうかな?
或は
「世界の食べられる虫」なんて昆虫食の特集はどうだ?
それともやっぱり
「世界のアキリデス」か・・・(爆)

さて画像は第6巻第7号の続きである。

やはり子供は鍬形蟲が大好きである。
c0062511_8505833.jpg

夏の昼下がりと思しき縁側の風景であるが
とても見事なミヤマクワガタである。
犬の顔が少し怖い
女の子の表情がアンニュイであり
人形の顔つきがやや怪談じみているところがなかなか味があってよろしい。
甲虫のラインアップの基準はよく判らない。
どなたか謎が解けた方は、その答えを是非教えてほしい。

それから子供はトンボも大好きである。
c0062511_8592662.jpg

スケールが統一されていないところが
はたして良いのか?悪いのか?
さりげなくツノトンボが混じっている点がなんとも言えず可笑しい(笑)
しかし上の絵は「ハンメウ」である。
「ハンメウ」とはナンだ?ドンナムシだ?
背景の帆掛け舟といい、
男の子のエプロン(黒い革靴に!)といい
女の子のセーラー服(黄色の縦じま!)といい
異次元世界に迷い込んだようで
とても楽しい!
こんな河原にはナミハンミョウだけではなく
いまやRDの**ハンミョウやら##ハンミョウがごまんと走り回っていそうだ!

さらに子供は水辺が好きである。
PEKEも昔は
行く手に水溜りあれば突進し
池があれば網で引っ掻き回し
河があれば石を投げたものである。
大人になった今は
水溜りは避けて歩き
手には網など持たず
石は五十肩が酷くて投げられない
生きる楽しみが半減していると言えるが
その分はきっと
子供の頃には呑めなかった「エーテル飲料」が埋めてくれているのであろう・・・
c0062511_9163557.jpg

PEKEが好きな水面画像である。
今やRDのタガメやゲンゴロウが泳いでいる。
三宮育ちのGFの話では
彼女が子供の頃は生田神社の境内の池にもゲンゴロウが沢山居たそうである。

話はなかなか終わりそうにない。
クッブーダンキ
なかなか味のある絵本誌である。
ムシ関係の画像はまだ在庫があるから、しばらくはネタには不自由しないが
今度元町まで出たら
ムシ以外の特集も手に入れてみようかな?

by pekeyama | 2013-02-24 09:28 | 動物 | Trackback | Comments(2)

美女図鑑・イラスト遍

c0062511_6191494.jpg

中村佑介氏のイラスト
なかなか良いなぁ~
本人もおっしゃっていましたが
イラストの中の女性達
以前は女の子から、大人の女性になりつつあります。
ってPEKEは
女性像にも惹かれますが
ところどころに散りばめられた昆虫イコンに
激しく誘引されています。
てなわけでイラストレーションの雑誌
中村佑介特集号だったので
思わず買っちゃいました(笑)
週末にじっくり読もうっと!
by pekeyama | 2013-02-21 06:25 | 美術 | Trackback | Comments(2)

2013年PEKEYAMA氏のトンボ図鑑・1

梅が咲いたとはいえ
まだまだ寒いこの如月に
いきなりトンボ図鑑とはこれ如何に?

オツネントンボでも撮ったのかな?
で・・・
これは「オツネン」ですか?
それとも「ホソミオツネン」ですか?
って・・・
皆に尋ねるつもりだったのかな?

いやいや
PEKEのことだから・・・
まさか・・・
「シリキレトンボ」なんてカマスつもりじゃないか?!

などと・・・
憶測は憶測を呼び
オヒレ、ハヒレが付き
話は勝手に大きくなって・・・

うーん・・・
画像を出しづらくなってしまった・・・

自分で自分の首を絞めてしまった・・・
バケツを持って・・・
もとい
ボケツを掘ってしまった・・・

しかし・・・
ここで止めては「シリキレトンボ」どころの話ではない!
あの大きな複眼の、眼の一つにすらなっていないぞ!PEKE!

採集したのはこれです。
ヤンマの一種に思えますがいかがでしょうか?
c0062511_23173177.jpg

こんな風に進化を遂げた種類らしいです。
c0062511_23191598.jpg

c0062511_23201291.jpg

c0062511_23203552.jpg

いきなりネタばれのこの展開・・・

やはり・・・
シリキレトンボでありました・・・(笑)

この調子で迎えた9年目・・・
大丈夫なのかなぁ~(爆)
by pekeyama | 2013-02-20 23:24 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)

8回目の誕生日

今日は平成25年(2013年)2月20日である。
そして拙ブログがこの世に現れたのが
平成17年(2005年2月20日である。
よって今日は拙ブログの8回目の誕生日になる。
まぁ目出度い日ではあろうから
今夜は少し酒でも飲もうかな?と
朝っぱらから良からぬ事を企んでいる。
まずは春節祭の神戸で撮った目出度い画像でお祝いぢゃ!

c0062511_6292713.jpg

おっと間違えた!
これはPEKEの前に居た見知らぬ家族であった。
PEKEはこっち
c0062511_631169.jpg
c0062511_6312723.jpg
c0062511_6314839.jpg


毎年書いているような気もするが
3日坊主のPEKEにしては
よく続いているものである。
自分で自分をほめておこう!(爆)

とは言えここまで続けてこられたのは
ひとえに日ごろ拙ブログを訪れてくださっている皆様のおかげです。
深く感謝いたします。
これからも変わらずに、よろしくお願いいたします。
by pekeyama | 2013-02-20 06:33 | Trackback | Comments(10)

続・梅が咲いた!

c0062511_22294710.jpg

天満宮ですから
お使いの牛がその入口に座っています。
多くの人々が
様々な想いを込めて
この牛の体を撫でては
祈りを捧げたのでしょうね

その牛を見守るように
紅梅が花を咲かせていました。
c0062511_22345394.jpg

また花の下では
カラクリ仕掛けの獅子が御神籤の番をしていました。
c0062511_223716100.jpg

そして花の上には丸い灯りが
優しく彼らを照らしていました。
c0062511_22392942.jpg

黄昏時の境内は不思議に満ち溢れていました。


画像採集地:京都市 錦天満宮 2013-02-19
by pekeyama | 2013-02-19 22:40 | | Trackback | Comments(0)