標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Mission Blue stage1

B is for Blue
B is not for Red

「アは青のア」であって
「ア」は「赤のア」では無かったのである。
少なくとも今日のPEKEに限っては・・・

しかし・・・
今日、PEKEの言う「ア」は
「青い赤トンボ」の「ア」なのである。
PEKEにそれを表現するだけの語学力はないのだ!
とは言え
「青い赤とんぼ」って・・・
正しい日本語なのか?
「トゲナシトゲトゲ」なる甲虫が存在する昆虫界である。
青い赤トンボで驚いていたら身が持たぬ!(笑)
蝶だって・・・
黒いミドリシジミとか
キマダラセセリよりも大きなコ(小)キマダラセセリとかもいるし
昆虫界は謎の世界である。

今日は夏休み最後の日曜日だったのであるが
子煩悩なKM氏が
何故か子供達の「パパ!プールへ連れて行って!」というリクエストを無視して
PEKEをミッションB1・B2に
「愛人」同伴で連れ出してくれたのであった(笑)
KM氏の名誉の為に
最初に断っておくが
当然の事ながら
ミッション・コンプリートである!(英語が正しいか否かはカンケーねぇ!カタカナだぞ!)

「青い赤トンボ」こと「ナニワトンボ」である。
c0062511_19523159.jpg

c0062511_2093894.jpg

何とか「全身の青」を再現しようと加工に励みましたが
足りないのは語学力だけではなかったようです(笑)
c0062511_19532024.jpg

撮影したのはこんな場所・・・
c0062511_19545289.jpg

ナニワトンボを探せ!
c0062511_1956829.jpg


得意の逆光で自慢の「青」が良く判らないのが愛嬌ではあるが
物事はそう最初から上手く運ぶはずがない!
お楽しみはこれからだ!

画像採集地:2014-08-31 兵庫県播磨某所

KM様、今日は大変お世話になりました。
ありがとうございました。
by pekeyama | 2014-08-31 20:03 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)

八月のシュウメイギク

一ヶ月ぶりに訪れた「いつもの小さな植物園」
シュウメイギクが咲いていました・・・
今年の秋の訪れは早い・・・
そういう噂は聞いていましたが
どうやらそれは本当のようです・・・
c0062511_21465429.jpg

カレンダーはまだ8月だけれども
風と光は・・・
もう秋なのかなぁ~
c0062511_21505297.jpg


画像採集地:2014-08-30 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2014-08-30 21:51 | | Trackback | Comments(0)

カメラが帰ってきました!

金曜日の夜
病気療養中の愛人が
無事退院して
PEKEの元に帰ってきました(笑)
久しぶりの好好天に恵まれた土曜日の朝
病み上がりの彼女を無理矢理に
何時もの小さな植物園に連れ出しました(爆)
久しぶりに握った彼女の小さな手・・・
二人は何故か無口に園内を散策したのでした・・・
本当は「幸せの青い蜂」を見つけるはずだったのですが・・・
c0062511_2126139.jpg

人生って・・・
なかなか思うようには・・・(笑)

画像採集地:2014-08-30 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2014-08-30 21:27 | | Trackback | Comments(2)

2014・PEKEYAMA氏の読書図鑑・第30巻

美しい飛行機の物語を読んだ後は
美しい女性の物語を読もうではないか!
何でも
嫁ハンの話によると
評判の朝ドラの収録が無事に終ったそうではないか!
だから・・・
昼メロの「真珠夫人」に手を出すのは止めて
こちらから読むことにした。
曰く
「嘉納蓮子は白蓮がモデルです」
c0062511_21225436.jpg


白蓮は歌人であった。
各章の始まりに掲げられた歌をメモして
今夜は寝ることにしよう!

第一章「生い立ち」
王政は再びかへり十八の紅葉するころ吾はうまれし
第二章「最初の結婚と破婚
殊更に黒き花などかざしたるわが十六の涙の日記
第三章「炭鉱王伝右衛門」
或時は王者の床も許さじとまきしかいなのこの冷たさよ
第四章「白蓮誕生」
筆をもて吾は歌はじわが魂を命をかけて歌生まむかも
第五章「筑紫の女王」
わたつ海の沖に火もゆる火の国に我あり誰そや思はれ人は
第六章「燁子と龍介」
人の世の罪と科とに裁かれて死ぬるもありや月のうるめる
第七章「生きる」
そこひなき闇にかがやく星のごとわれの命をわがうちに見つ

c0062511_2142829.jpg

by pekeyama | 2014-08-27 21:43 | | Trackback | Comments(2)

2014・PEKEYAMA氏の読書図鑑・第29巻

風邪をひいてしまった。
咳きとクシャミのダブルパンチである。
会社を休み、静養に努めた。
まだ何かの拍子に咳が止まらなくなるが
まぁ、明日は何とか会社へは行けそうである。

さて、季節はずれの0風邪の原因である。
きっとそれは
日曜日の夜の大雨である。
日曜日の夜
ベランダの窓を開け放ち
雨音の調べに耳を傾けながら
焼き海苔を肴に酒を飲んでいたのであるが
パリパリとした食感が
あっと言う間に失われ、はなはだ面白くなかったのである。
雨のもたらす湿気の所為である。
そこで窓を閉め
クーラーをドライモードでかけたのである。
はなはだ快適であったため
ついつい一晩を・・・
月曜日の体調が優れないのはいつものことで
原因は精神的なものであろうとタカをくくっていたら
(咳をこらえて電話に出るのは辛かった・・・)
火曜日の朝は
どうしてもいつもの時間に起き上がれなかったのである。

そんな訳で
今日は一日、枕元に本を置いて
寝床の中で過ごしたのである。
しかし
「真珠夫人」には手を出さなかった。
だって・・・熱が出たら困るからである(爆)
読んだのはこれ・・・
「ゼロ戦と日本刀」
「永遠の0」の世界観で論じた「大東亜戦争」論です。
c0062511_19401126.jpg


「海賊と呼ばれた男」も読みたくなっちゃった!

「細雪」全3巻も読みたいし・・・

って・・・
本を無性に読みたくなる時って・・・
本当は・・・
あんまり・・・
それどころじゃないって・・・
期末テストの
それも苦手な英語の前日、前夜とか・・・
歴史は繰り返すのか???(爆)
by pekeyama | 2014-08-26 19:40 | | Trackback | Comments(5)

パンフレットが売れた理由・・・

想像するに・・・
多分・・・
七難八苦・・・もとい、十中八九・・・
コレでしょう!(笑)
「新・午前十時の映画祭」
洋画・邦画の名作、厳選25作品
全てデジタル・リマスター版で
2週間おきにとっかえひっかえ
一日一回、朝10時の開演で
お一人様1000円で楽しめちゃいます。
この八月
PEKEは
「幸せの黄色いハンカチ」「オズの魔法使い」「細雪」と観に行きました。
神戸の映画専門のお店で
「幸せの黄色いハンカチ」と「細雪」のパンフレットが急に売れたのは
多分、この催しが、その理由でしょうなぁ~
大阪はなんばだと
9月は「サウンド・オブ・ミュージック」
11月は「スタンド・バイ・ミー」(今上映中のドラえもんやないからね!)
そして「俺たちに明日はない」(キャッシュカードに残はない!ってか?)
12月は「仁義なき戦い」
2月は「太陽がいっぱい」
3月は「砂の器」(主演はSMAPの中居じゃないぞ!加藤剛だぞ!)
件の古本屋では手回しよく「サウンド・オブ・ミュージック」のパンフを買いました。
次に寄ったモトコーの古本屋では
嫁ハンが「メリー・ポピンズのパンフを2種類も発掘し(でかした!)
買ってもらったPEKEでした。

映画祭のパンフをアップしておきましょう!
上映館はA~Cの3グループに分かれていて
上映スケジュールがかぶらないので
多分、その気になれば全ての作品を観ることも可能かと・・・
c0062511_1824733.jpg
c0062511_1835290.jpg

c0062511_184485.jpg

c0062511_184384.jpg

by pekeyama | 2014-08-24 18:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

カメラの無い日々

愛機は現在修理中です。
レンズの繰り出し機構と
電源スイッチの不具合です。
2年前の秋、9800円の特価で入手したのですが
今回の修理費は9600円だそうです。

家族からは「買い換えたら?」と言われましたが
それなりに愛着もあるし
財布と相談しながらの機種選定は面倒くさいし
なにやらいきなり「清水の舞台から飛び降り」そうで怖いし
(何が怖いか?聞くんぢゃない!)

そんな訳で、カメラのない週末を過ごしています。

で、カメラが無いと
街に出る気も、野に出る気も
とたんに失せてしまったのはどういうわけでしょうか?
かといって積読の山が低くなる訳でもなく
精神衛生上、極めて良くない状態のような気がします。

午後は映画のチラシをスキャンして遊ぼうかな?
カメラが帰ってくるまでのネタぢゃけんね!(笑)
by pekeyama | 2014-08-24 13:07 | Trackback | Comments(2)

細雪

関西を舞台にした
美しい四人姉妹の物語・・・
昨日(嫁ハンと)楽しんできました。
30年前の作品の
デジタル・リマスター版です。
PEKEは「佐久間良子」と「吉永小百合」に夢中になってしまいました。
映画を見た後
どうしても当時のパンフレットが欲しくなったPEKEは
神戸に見つけておいた映画グッズ専門のお店に行きましたが
お店の方のお話では「昨日まであったんですが・・・」とのことで
何故立て続けに「細雪」が売れ出したのか?
首をかしげておられました。
併せて夏季休暇中に観た「幸せの黄色いハンカチ」も探しましたが
こちらも最近、売れてしまったそうで
こちらも「何故?」と・・・

細雪はチラシの在庫があったので
一枚買ってかえりました。@85でした。
c0062511_844031.jpg

c0062511_8443959.jpg


若いときには絶対に観に行くことはなかったでしょうなぁ~
仮に観に行ったとしても
その良さは判らんかったでしょうねぇ~
せいぜい新人の「古手川祐子」って可愛いなぁ~って・・・
(佐久間良子って綺麗やなぁ~、吉永小百合って綺麗やなぁ~って、
言ってることは今も同じと言えますが・・・)
そう考えると、齢を重ねるということも悪くはないか・・・

ちなみにC53と言う蒸気機関車が出てきましたが
テッチャン的には価値あるシーンではないでしょうか?

幸せの黄色いハンカチでは76年型の最後のFR式のファミリアが出てきましたが
これはカーキチから言わせると絶妙のキャスティングでした。(笑)
by pekeyama | 2014-08-24 08:56 | 映画 | Trackback | Comments(2)

2014・PEKEYAMA氏の読書図鑑・第28巻

世は「白蓮」ブームのようである!
会社帰りの「チョイと一杯」を我慢して
駅までは真っ直ぐ辿り着いたのであるが・・・
本屋に捕まってしまった・・・
「白連」関係の本を4冊も買ってしまった・・・

一番最初は・・・
「真珠婦人」ぢゃ!
普通は・・・
林真理子あたりから・・・
手に取るのが普通やと思うが・・・
うーん・・・
この際・・・」
朝ドラと、昼メロの違いを
じっくりと研究しようではないか!

c0062511_22273726.jpg
c0062511_2229916.jpg

by pekeyama | 2014-08-21 22:28 | | Trackback | Comments(0)

どちらが綺麗?

「鏡よ!鏡!世界で一番・・・・」
ウィークデーの朝、6時30分・・・
(世界中の)鏡の中には・・・
世界一疲れた(中年)男の顔が映っている???
しかし・・・
金曜日の夜、8時30分・・・・
(世界中の)鏡の中には・・・
♪リーゼントに櫛を入れw、ちょっと気取ってミリオン・スマイル!♪(BY 南佳孝)
が映っている???

うーん・・・
いつも以上に・・・
訳の判らぬ・・・
だって、だって
書いてる本人が、心底そう思っているから・・・
間違いない!

本当はぁ~
白いのはどっちぃ~
ミス夏野菜の審査をお願いするつもりだったんですぅ~
へぇ~
そぉ~

c0062511_21314498.jpg
c0062511_21325583.jpg


うーん・・・
ズッキーニの勝ちかなぁ~
by pekeyama | 2014-08-20 21:33 | 植物 | Trackback | Comments(4)