標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2015年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私は**になりたい!

さて・・・
**にお望みの文字を入れて遊ぼう!(笑)

まずは「野の花」かな?
♪このまま誰も知らない、野の花になりヤたい♪
・・・野の花は風にゆれ、愛することも、愛されることも知らないで咲いている・・・
いきなり暗いオープニングは
「低テンション症」のなせる仕業か?
でもでも
じつはPEKEは
森山良子のこの手の歌が大好きで
カラオケで披露するとすごいですよお~
まるで映画のワンシーンの如く
古くは「モーゼの十戒」
最近だと「偉大なるシュララポン」
引きますねぇ~、周囲!(笑)

それから「透明人間」かな?
まぁ小学生か、中学生の頃のたわ言ですなぁ~
メルヒェンの世界って事で
深く追求してはいけない!(爆)

ほんでもって「新幹線の運転手」「飛行機のパイロット」「F1ドライバー」なんていう路線もあって
男の子は常に何かを自分の思うとおりに
自由自在に動かしたい!
いわゆる「好コントロール」嗜好が強いのでしょうねぇ~
その目標は
長じて「大臣」「博士」「社長」と変化していくのでしょうねぇ~

然るに
現在のPEKEは「低テンション症」なのである!
だから**には
例えば「貝」なんて文字を代入してみたいのであるが
しかし・・・・
それは・・・
古くは、フランキー堺が主演
最近ではSMAPの中居が主演
先の大戦を主題にしたかなりシリアスな映画があったので
単純に
エノキの落ち葉の裏で眠るオオムラサキの越冬幼虫とか
ミズナラの梢で眠るアイノミドリシジミの越冬卵とか
アルプスの高嶺の岩の下で眠るタカネヒカゲの越冬幼虫とか
蝶屋の冷蔵庫で眠るミヤマカラスアゲハの越冬蛹よか
季節が来れば太陽の下へ「飛び出せ!青春!」する
「内面への沈潜」と称する現実逃避を試みる身としては
少し・・・辛い・・・かな?

今夜も尻が長いPEKEであった・・・
結論を急ごう!

今夜、に**に代入すべき言の葉は「カメ」であった!
c0062511_21383515.jpg

c0062511_21392636.jpg

陽の当たる石の上で
何と気持ち良さそうなことよ!
しかし合服の背広で外回りをするには少々辛い今日この頃
甲羅は暑くないのかなぁ~

さて明日から6日間のお休みである。
内面への沈潜を貫くにはちと長いかもしれない。
さりとて何か計画を立てている訳でもない。
別宅へは一度遊びに行くことにはなってうる。
休み明けにはGFと飲む約束をしている。

まぁ、明日のことは朝飯食べながら考えることにしよう(笑)
by pekeyama | 2015-04-30 21:49 | 動物 | Trackback | Comments(2)

2015年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・4

「山」と問われれば「川」と答えないと
味方と認識されず、
扉が開くどころか
弾が飛んでくる。

「貴方」と呼ばれれば「貴女」と答えないと
若い二人の間では
体力があるだけに
何が飛び交うか楽しみであるが
幸いにしてPEKEも相棒も
決してもう若くはないので
聞えないフリをしても危険はないのである(笑)

さて、今日は何処へ行こうとしているのか?
行く先は指先に聞いてくれ!

で・・・
先の日曜日に
いつもの小さな植物園で楽しんだお抹茶セットであるが
たしか、御代は500円
もとい
お題は「セイラン」であった。

「セイラン」と聞けば
梅田のキディランド辺りでは
「セイラームーン」がリバイバルで再流行しているが
PEKEが言うのは「セイラン」であって「セイラー」ではない。

PEKEは
「セイラン」と聞けば「晴嵐」と書いて
伊号400型潜水母艦に搭載されて太平洋を渡り
アメリカ西海岸への攻撃を試みた特殊攻撃機「晴嵐」を
真っ先に思い浮かべるのであった!
水冷式の美しい機体である。
c0062511_19153971.jpg

これをこんな風に折りたたんで
甲板に設けた円筒形の格納庫に
縦列で3機収容して太平洋を横断したのである。
c0062511_19185872.png

アメリカのスミソニアン航空博物館に1機、実機が展示されているそうである。
c0062511_19215037.jpg

是非一度、観に行きたいものである。

GW中に
ひょっとしたら
発作的に
浜松か呉までGGH号をぶっ飛ばして
零戦を観に行くかも???
謎の「低テンション症」の治療にね(笑)

今夜は妙に話が長い!
日曜日に聞いた「セイラン」は「青嵐」が正解のようである。
供された和菓子画像である。
c0062511_19304846.jpg
c0062511_19312640.jpg

渓流の苔むした岩に散ったモミジの若葉である。
青いモミジを散らすほどの初夏の嵐である。

思い返せば
「今日のお題はセイランです」って出された時に
「どんな字を書くのですか?」って
いつも女の子の名前を聞き出した時に吐く
次の科白を吐けば良かったのぢゃ!(爆)
by pekeyama | 2015-04-29 19:38 | お菓子 | Trackback | Comments(4)

今日、客先からの帰り道
会社の近所の交差点の植え込みの
シャリンバイの花に来たアオスジアゲハを見かけた。

アオスジアゲハの食樹はと言えばクスノキである。
今の時期、クスノキの若葉が美しい季節である。
その美しさについては
川端康成が「古都」と言う
京都を舞台にした
双子の姉妹を主人公にした小説で
この季節の府立植物園の楠並木の美しさについて
描写していたと
文学少年だったPEKEは
かすかに記憶している。
このGW
久しぶりに京都府立植物園で、独りで一日、過ごしてみたいものである(笑)

画像は
セカンド・ベストで
近所のクスノキである。
c0062511_20581078.jpg
c0062511_20585653.jpg
c0062511_20593612.jpg


結局、肝心の若葉の美しさを切り取った画像がないことに
今、気が付いたPEKEである。(爆)
by pekeyama | 2015-04-28 21:04 | 植物 | Trackback | Comments(0)

気温が上り、蓋が開きました


日曜日
晩春だと言い張る人もいますが
気温が20℃を小超えましたね!
月曜日
初夏と言い出す人もいますが
気温が25℃を超えましたね!

真夏ならば
暑さを指して
「地獄の釜が開いた!」と形容しますが

初夏ならば
個人的には
「封印の扉が開かれた!」
あるいは
「パンドラの箱が開かれた!」
って思い出が・・・

ある晴れた日の朝、届いた短い手紙
ポストの角には白い薔薇が咲いていた
たまには新緑のアルプスへ出掛けようぜ!
N先輩からのお便りでした!
あれから四半世紀が経つのですねぇ~

で・・・
晩夏の
或は初夏の植物園では
温室の蓋があいていましたとさ!(笑)
c0062511_22354556.jpg
c0062511_2236534.jpg


うーん
さすが「おもちゃ箱・標本箱・玉手箱」
何が飛び出してくるのか?
それこそ蓋を開けるまで判らない!

って・・・
いきなり「ゴミ箱を空にする」
ワンクリックで瞬殺ぢゃ!(爆)
by pekeyama | 2015-04-27 22:40 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ウヘヲムイテアルコフ

アルコホルノカホリタダヨフハツナツノヨルデアル
トリアエズアルコフ
キノフハシタ
ケフハ」ウヘ
アスハマヘ

アオキソラマブシヒキセツナレバコソ
ウヘヲムヒテアルクノヂャ

ウリャ!
アカヂャ!
c0062511_21444521.jpg
c0062511_2145952.jpg
c0062511_2145281.jpg


ドリャ!
シロヂャ!
c0062511_21493575.jpg
c0062511_21501822.jpg
c0062511_21503047.jpg


コンヤハアカシロ
チャンポンヂャ!
ヨッテソウロフ・・・

全角カタカナは疲れますねぇ~
N先輩!
ローガンキョー欲しくなったでしょ!
by pekeyama | 2015-04-27 21:55 | | Trackback | Comments(2)

オキニイリノキ

「オキニイリノキ」てゃなんぢゃ?
コレぢゃ!
c0062511_2018497.jpg

アカメヤナギぢゃ!
ヨーロッパの匂いがしないか?
って・・・
ヨッパライの臭いはするなぁ~(爆)

で・・・
何が言いたい?

何時も通りの展開である!

「内面への沈潜」の霊験あらたかに
テンションがあがってきたか?

一人目のPEKEは思う。
樹を建築物の一種と考えて構造計算をしたら・・・

二人目のPEKEは思う
ワーズワースの世界やなぁ~

三人目のPEKEは思う。
樹上には黒いコムラサキ、足元には大きなベニシジミが・・・

御託はいいから、もっと樹の画像を並べよう!
c0062511_20475479.jpg
c0062511_20483691.jpg
c0062511_2049639.jpg


心の中の小さな秘密の部屋に住むPEKEがポツリと呟く。
捻れた幹と
乱れた枝ぶりが・・・

画像採集地:2015-04-25 甲山なかよし池
by pekeyama | 2015-04-26 20:55 | 植物 | Trackback | Comments(2)

下を向いて歩こう!

♪上を向いて歩こう!涙がこぼれないように!思い出す夏の日、一人ぼっちの夜!♪
いきなり懐かしいメロディーで始まったカキコ・・・
今夜の展開は如何に?(笑)
♪下を向いて歩こう!花びらを踏まないように!思い出す春の日、家族揃っての休日!♪
いきなり誤解を招きそうな替え歌である・・・
最近、原因不明の「低テンション症」に見舞われているPEKEは
その典型的症状により
この澄み渡る青空に恵まれた休日の一日を
「内面への沈潜」と称して
毛布の下で
オオムラサキの越冬幼虫の如くに過ごすつもりであったのであるが

やはり・・・
陽にあたり、風にふかれ、汗をかかねば・・・
その古典的対症療法により
この澄み渡る青空に恵まれた休日の半日を
「日光消毒」「虫干し」と称して・・・(笑)

季節は晩春
初夏と言うには未だ少し早い季節である。
意固地な性格のPEKEは
晩春を探して
初夏と見紛う青い空と、緑の木々の下を
「嗚呼、テンション低い・・・」と呟きながら
逍遥したのである。
流離したのである。
彷徨ったのである。
徘徊したのである。

春の名残の八重桜ぢゃ!
c0062511_2223471.jpg

c0062511_22152629.jpg


何やかんやと強がってはいるが
下を向いて歩いていたのであった。
きっと背中も丸まっていたであろう!
きっと肩もすぼまっていたであろう!

だから・・・
花びらが「上を向け!」って教えてくれた???
c0062511_2282468.jpg
c0062511_22989.jpg


今夜はちょっと暗いですねぇ~(笑)

画像採集地:2015-04-25 甲山森林公園
by pekeyama | 2015-04-25 22:10 | | Trackback | Comments(2)

お気に入りの場所

c0062511_2022567.jpg

良い感じでしょ!

初夏の土曜日
バスケットには赤ワインとチーズ
上着のポケットには古い文庫本
そして老眼鏡をかけ
鬱勃たるパトスを取り戻すべく
内面への沈潜・・・(笑)

画像採集地:本人たつての望みにより、あえて名を伏す(爆)
by pekeyama | 2015-04-25 20:35 | Trackback | Comments(4)

橘小夢

妖しい世界にはまりそうで
ちょっと怖いなぁ~
c0062511_211676.jpg

明日、お給料が出たら
画集を買っちゃうかも・・・
で・・・
GW中、家から一歩も出ずに
ずっと画集に齧りついていたりして・・・
何だかすごく危ないなぁ~
やっぱりGWは
五月晴れの空の下
ミヤマカラスアゲハなんかを
追いかけるのが健康的で
良いのでしょうねぇ~

でも・・・
引籠もって読書三昧の生活にも憧れています。

テンション低いです・・・
by pekeyama | 2015-04-23 21:09 | 美術 | Trackback | Comments(4)

さて、どちらから読もうか?

決して思想的背景を問うでない!
軽佻浮薄なるPEKEゆえに
単純」に
飛行機がらみのネタに過ぎないと言えば
少し言いすぎであるけれど
上手く説明出来ないけれど
心の奥底で
どかか繋がっている細い糸
♪判ってくれとは言わないが・・・♪
しかし・・・
ヴィトゲンシュタインは・・・
たしか・・・
説明のつかぬことに対し・・・
何か言ってたのであるが・・・
忘れた!(笑)

で・・・
画像であるが・・・
c0062511_21515410.jpg

c0062511_21543298.jpg

c0062511_21552832.jpg

c0062511_21555254.jpg


さて、どちらから読むか?
by pekeyama | 2015-04-20 21:57 | | Trackback | Comments(0)