標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今夜の鍋(11月23日)

c0062511_21145362.jpg

今夜の鍋は
「味噌カレー牛乳鍋」でる!
スーパーの特売品で見つけた逸品である!
何でも、青森のソウル・フードに
「味噌カレー牛乳ラーメン」なる
「(味噌の)コク」+「(カレーの)刺激」+「(牛乳の)まろやかさ」
三位一体のバランスに隠し味の「(バターの)風味」が絶妙な
寒い冬の夜にはぜひ一度食してみたいラーメンがあるそうで
それをそのままお鍋にしたのが「味噌カレー牛乳鍋」だそうである。

今夜はたまたま
スーパーdpライの黒ビールが手元にあった事も加わり
至福のひと時を過ごす事ができたのである!
嫁ハンは明日の朝一番に件のスーパーに駆け込み
在庫を買い占めるつもりである(笑)
また、自家製のレシピの開発も進めなければならぬ!
開発に成功した暁には
ミッションKin2016あたりでお披露目しようではないか!
by pekeyama | 2015-11-23 21:14 | グルメ | Trackback | Comments(2)

どこまで北上しているのだろう?

c0062511_1127542.jpg

週刊文春の表紙、和田誠のイラストです。
佐渡島で奥さんが撮影した画像から起こされたそうです。
若干怪しい姿ではありますけども、描かれているのは間違いなくモンキアゲハですね♪
ペケが蝶を始めた70年代半ば、京都の中学生にとってのモンキアゲハは、年に数回目撃する位の、手が届きそうで届かない、絶妙なポジションの珍蝶でした♪ちなみにナガサキアゲハは九州まで行かなければ見る事の出来ない、中学生にとっては高嶺の花ならぬ、遠い場所の蝶でした♪
さて、モンキアゲハ、今はどこまで分布を拡げたのでしょう?
そしてこれからどこまで北上して行くのでしょう?

ハイビスカスの蕾の膨らみ具合を観察しながら、そんな事をふと考えたりしています…
by pekeyama | 2015-11-23 11:27 | Trackback | Comments(5)

11月の朝顔

c0062511_1133878.jpg

マンションの前のバスストップで一輪、咲いていました♪
平日は、朝乗る時も、夜降りる時も、暗いものだから気が付きませんでした(--;)
まだ咲いていたんですねぇ〜(^O^)はたして12月ラベルの朝顔画像の採集なるか?
楽しみですねぇ〜(^-^)v
by pekeyama | 2015-11-22 11:33 | Trackback | Comments(0)

順調に育っています

PEKE家のハイビスカス三姉妹
「紅子」「、れもん、」「桃子」
桃子ちゃんが頑張っています!
蕾が七つにふえました!
そしてそれぞれ
ゆっくりですけれども
着実に大きくなってきています!
c0062511_2051977.jpg

c0062511_2053196.jpg


12月のハイビスカス・・・
今年で何回目かは忘れたが
結婚記念日に咲いてくれたらうれしいな(笑)

画像採集地:2015-11-21 兵庫県宝塚市
by pekeyama | 2015-11-21 20:09 | | Trackback | Comments(0)

昨夜見た夢

テンション低いです♪
定時ダッシュで道草無しの帰宅。
風呂にも入らす、飯食って、酒少し飲んで、8時に寝た♪
健康的ではあるが、なんだかなぁ~(--;)
で、夢を見て目が覚めた。
枕元の時計の針は午前2時を指していた。
目が覚めたと同時に、見ていた夢は蒸発した。
かろうじて残っていた欠片を、眠れぬままに拾い集めながら朝まで過ごした。

デイパックを背負ってどこかに出掛けた。パックの中は途中で食べた菓子パンの空き袋と食べ残したバナナに加えて、生きたスズメバチが一匹と、死んだイノシンが一匹入っているようである。
スズメバチはキイロスズメバチか何かの小型種、イノシンは成獣ではあるが大きさは瓜位でかなり小型である。

何故そんなものがパックに入っているのかは判らない。
ただ夢の中のペケは少し困っていて、早くパックを空にしたいと思っているようである。
ついに地下鉄の駅のゴミ箱の前でパックを下ろしてフタを開けた。
ハチはブーツと飛び出し、イノシンはゴロンと転がり出た。
それを傍にいた中年女性に咎められ、ヒステリックな叱責を受けて困惑している・・・

ざっとこんな中身である。

謎の夢である。
by pekeyama | 2015-11-19 07:31 | 夢日記 | Trackback | Comments(2)

何故こんな夢を見たんだろう?

昨夜、夢を二つ見た。
明け方、眠れぬままに、何故こんな?って考えていた…

一つ目の夢…
ペケは袋を腰に下げて、数人の仲間とどこかの山の中を歩き回っている。どうやら時代は戦国の世で、ペケ達は傭兵で、敗残兵掃討の目的で山中を歩き回っているのであった。
腰の袋は討ち取った敗残兵の首を入れる為のもので、故郷を後にする時に、恋人だか、嫁さんだか、お袋だかが武功を祈って作ってくれたもので、血腥い用途にもかかわらず、何やらはんなりとした雰囲気の布で出来ているのであった。
敵兵には全く遭遇せず、袋は空で、武功はあげられていない。正規軍の新兵が続々と首を取っていて、傭兵の身分としてはかなり焦りが出てきている・・・
結局、何がきっかけで目覚めのか判らぬが、血腥いシーンは一切出てこず、ただただ焦って山中を歩き回っているだけの内容であった…

二つ目の夢・・・
高台にある駅前のロータリーは色々な車がやって来るので、カーキチのペケのお気に入りの場所である。
この日もいつもの場所で、駅を目指して急な坂道を駆け上がってくる車を眺めていた。
ブルーメタリックのセリカリフトバックや、鮮やかなレモンイエローのコルベット・スティングレイなんかが見られて上機嫌であった。
そこへ今度はゼブラ模様に塗りわけられたロータス・エキシージっぽい二座のオープンが駆け上がってきてパーキングに滑り込んだんだけど、勢い余って横転し、隣のタクシーにぶつかった…
タクシーの運ちゃんが血相変えて飛び出してきて、いきなりオープンのボディを引っ剥がして放り出し始めた…
見る見る間にオープンはバラバラにされてしまい、パーキングスベースには何も残っていなかった…
そこで又、目が覚めた…

きっと夢に意味を求めるのは意味の無いことだろうと思うのであるが、しかし不思議な夢であった…
決して悪夢では無いと思うが、追われる敗残兵や、横転させたドライバーの立場で見ていたら…これはれっきとした悪夢になる。

まだ月曜日だと言うのに、疲れているのかなぁ?
by pekeyama | 2015-11-17 08:20 | 夢日記 | Trackback | Comments(3)

無事に咲いてくれるでしょうか?

ピンク色のハイビスカス
なんと五つも蕾を付けています!
鉢はさすがに外へは出さず
ベランダの窓際
一番日当たりが良い場所に並べ
夜は分厚いカーテンを閉めて
気持ち、保温を心がけています。
昨年はこの方法で
赤いハイビスカスは無事に冬を越しました。
冬越しを優先して考えたなら
蕾はカットした方が良いのかもしれませんが
PEKEは
やっぱり小さくても良いから
咲いてほしいとそう思ってしまいます。
甘いんだろうなぁ~
考え方が・・・

おっと!
画像を貼り忘れるとこだった!(笑)
とりあえず3個写っています。
c0062511_2182531.jpg

画像採集地:2015-11-15 兵庫県宝塚市
by pekeyama | 2015-11-15 21:09 | | Trackback | Comments(0)

行きたいなぁ~

何処へ?
昔はねぇ~
北の大地か?南の島か?
森林か?草原か?
高山か?低地か?
照葉か?落葉か?
湿性か?乾性か?
A子ちゃんか?B美ちゃんか?C江ちゃんか?
毎年、毎月、毎日、毎晩、
青年は大いに悩んで大きく成長したのですが・・・(笑)

今宵、行ってみたいのは此処!
c0062511_2153039.jpg

c0062511_21531865.jpg

そう「怪獣酒場」なのです!
チーフは「ケムール人」
バイトの店員が「ダダ星人」「宇宙恐竜ゼットン」
常連さんが
「(背広姿の)レッドキング」
「(着流しの)ジェロニモン」
「(綿入れの)ゴモラ」
もちろんキャピャピの地球人の若い女の子も
入れ替わり立ち代わり飲みに来ます!
PEKEはこっそり通勤電車の中で読んだのですが
かなり危険な状態に陥りました(笑)
これは
10代後半の時の「Drスランプ」
20代後半の「ちびまる子」
30、40がなくて
50代半ばの「怪獣酒場」でした(爆)

しかし・・・
大阪には・・・
ミナミには・・・
「元祖・怪獣酒場」が実在するそうです。
N先輩、次回の大阪呑み班OB会は
怪獣酒場を予約いたしましょうか?
by pekeyama | 2015-11-12 22:13 | コミック | Trackback | Comments(2)

文句なしにおもろい!

昆虫本の新刊コーナーで見つけた!
題して「恋する昆虫図鑑」
これである!
c0062511_22383244.jpg

c0062511_2239404.jpg

著者は昆虫が大好きな二十歳の女子大生、かをりちゃんです!
前書きの一節を、少し長くなりますがコピーしてみます。
なかなかエエ感じです。
「地球は何十億の恋する人と、
 それより遥かにたくさんの恋する虫をのせて回っています。
 本書は、恋する人の不思議な行動を、
 恋する虫の驚異的な恋愛戦略になぞらえて解説した本です。」
「昆虫採集と恋愛はよく似ています。
 昆虫採集は、どうしても手に入れたい虫を、
 罠を仕掛けたり、正面から飛びついたりと
 その虫に適した方法で捕まえます
 ・・・中略・・・
 昆虫採集へ向かう時の高揚感と
 告白する前のドキドキも非常によく似ていると思います。」

表表紙のベニシジミの翅を付けた女子は
「リアジュウ目ニンキモノ科」に分類される
「守られ上手なシジミチョウ系女子」で
そのモテ度は五段階評価で「五つ星」
その生息地は「かわいい雑貨屋・カフェ」
その特徴は「小さい・童顔・人懐っこい・声がかわいい」に加えて
「仕草があざとい・自分がかわいいことを自覚している」とあります。

裏表紙の酒瓶を抱えて泣く男子は
「モテナイ目オヒトリサマ科」に分類される
「傷心アル中ショウジョウバエ系男子」で
その非モテ度は五段階評価で「三ツ星」
その生息地は「安い居酒屋」
その特徴は「あまりモテない・愚痴っぽい・努力はしない」に加えて
「おおげさに考えがち・切り替えが遅い」とあります。

どのタイプもモデルとされている虫の
アッと驚く生態が解説されていて
「うんうん、あるある、いるいる」って
とっても面白くて為になる本です!

最後に「あなたは何ムシ系? 昆虫チャート」がついていて
見事にPEKEは
「いい人止まりだった回数は数知れず・・・」って結果が・・・(笑)

まぁ騙されたと思って
一度読んでみて下さいなせ!
by pekeyama | 2015-11-10 23:30 | | Trackback | Comments(0)

別れたら次のヒト?

赤いハイビスカスが散った・・・
悲しみに暮れていたら・・・
隣のピンクのハイビスカスの鉢に
二つも蕾がついているのを見つけた・・・
c0062511_21483883.jpg

はたして無事に開花してくれるだろうか?
新たな楽しみを見つけたPEKEである(笑)
by pekeyama | 2015-11-09 21:50 | | Trackback | Comments(4)