標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2016年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

PEKEYAMA氏の「冬の木の実」図鑑・1(2016年度版)

また風呂敷を拡げてしまったのである・・・
ひょっとしたら・・・
いきなり最終回やも知れぬ・・・
思い付きで行動するのは・・・
もうエエ歳なんやから・・・
止めといた方が賢明かも知れぬ・・・
が・・・
止められないのである!
止まらないのである!
カルビーのカッパエビセン状態である!
で・・・
カルビーと言えば@100のポテトチップスである!
’70年代終わりの事である!
PEKEが二十歳前だった頃の話である!
100円でカルビーのポテトチップスは買えたのであるが・・・
カルビーのポテトチップスで100円は変えなかったのである!
悪しからず・・・なのである!
あの頃PEKEは・・・
藤谷美和子ちゃんが大好きであったのである!

いつもの事ではあるが
話は大きく逸れたのである!!!
何故なんだろうか?
いつも考えるのであるが・・・
まぁ・・・
何も考えずに文章を書くからこうなるのである!
当たり前の話であるが
止められないのである!
止まらないのである!

ん???
話が・・・・廻っている・・・
♪飛んで、飛んで、飛んで、飛んで、飛んで・・・
 廻って、廻って、廻って、廻って、廻って・・・♪
そんな歌も流行った事もあったよなぁ~

あの・・・
ゴメンナサイ!
PEKEがアップしたかったのは
この紅い実でした!
c0062511_21105192.jpg
c0062511_21172154.jpg
c0062511_21184397.jpg
とある神社の境内で見つけました!
c0062511_21143234.jpg
マンリョウの実です。
漢字で書くと「万両」だそうで
お正月の縁起物として珍重されています。


ま・・・
だから?
どうしたの?

16歳のあの時と同じ展開だ!(泣)


by pekeyama | 2016-11-30 21:28 | 植物 | Comments(0)

PEKEYAMA氏の「冬の花」図鑑・1(2016年度版)

最近、少し更新をサボり気味である・・・
まぁ別に・・・
メンタルが悪くて更新できなかった訳ではないのである・・・
よくある様に・・・
ネタを切らしていて更新できなかった訳でのないのである・・・
長い人生である・・・
そんな時もある・・・

何は「ともあれ、更新である!
今日のお題は「冬の花」である!
が、しかし・・・である!
タイトルをキーボードで打ち込みながら・・・自問自答していたのである!
Q1)「冬」とは具体的に何時から何時迄を指して言うのか?
Q2)「冬」とは単に暦による分類なのか?
Q3)例えばオーストラリアの今は「夏」ではないのか?
Q4)例えば北極や南極は一年中、氷の世界で、それは冬ではないのか?

ゴチャゴチャと鬱陶しい事を言う男である・・・
決して女性にモテるタイプではない!
だから・・・
「きゃはは!PKEYAMAさん面白ーい!」
そう明るく笑って酒席を共にしてくれるGFは希少である!

話が大きく逸れた!
ゴルフで言うところの「OB」である!
で、Qである!
「OB」って何の略?

うざい!(爆)

今夜は
古都の小さなお寺の境内で採集した
ヤツデの花を
そっとアップしたかっただけなのであるが・・・

c0062511_20504276.jpg
c0062511_20511393.jpg
c0062511_20514400.jpg
c0062511_20522079.jpg
画像採集地:2016-11-29 京都市上京区


画像採集地データーをインプットしていて気が付いた!
今日は11月29日
いい-にく
すなわち
「良い肉」のひであrった!
うーん!
ステーキに齧り付きたい!
そんでもって
ワインを飲み干したい!




by pekeyama | 2016-11-29 21:03 | | Comments(0)

一周忌が無事に終わりました。

昨日、親父の一周忌の法要を
無事に終えることができました。

穏やかな晴天に恵まれました。
実家の玄関先のタイサンボクです。
c0062511_16374617.jpg
同じくセンリョウです。
c0062511_16431609.jpg
縁側で冬越し中のハイビスカスが
この日に合わせるかのように
3輪もの花を咲かせました。
c0062511_16461938.jpg

お坊様にお経をあげてもらいました。
c0062511_16495562.jpg
この写真は別にブログのネタとして撮ったわけではありません。
建築業界の片隅でサラリーを得ている身としては
「施工中」の写真を撮影して記録する事は日常茶飯事なので
まあ一種の職業病ですなぁ~(笑)
「読経中」なんて書いた工事看板が手前に置かれていないだけマシ・・・
ってな感じですなぁ~(爆)

読経が終わり
お坊様をお送りしたので
何となく門柱前で記念撮影・・・
c0062511_17031686.jpg
そして・・・
お袋と娘・・・
c0062511_17071423.jpg
嫁ハンと娘
c0062511_17093044.jpg
記念撮影の後は昼食会
お袋が奮発した松花堂弁当を食しながら
親父の思い出話に花を咲かせました
c0062511_17142832.jpg
弟いわく
秋のお彼岸の後
親父の夢を見たとのことで
何でも弟が実家の縁側でぼんやりしていたら
庭先から親父がやってきて
「コーヒー飲ましてもらってええかな?」
そう言ったそうです。
弟は
親父、自分の家なのに妙な事を言うなぁ~
そう思ったところで目が覚めたそうです。
そう言えば
お彼岸のお墓参りの時は
コーヒーをお供えするつもりで準備していたのを
家に忘れて行ったのでした。
しかし
夢の中で喋ったという事は
実は「生まれ変わった証」とも言うし・・・
という事は
この広い世界のどこかに
将来、大いなる愛煙家になるであろう赤ん坊が産まれたと言う事なのか???
今日はお墓へコーヒーを忘れずに持って行かなくちゃ!

お墓はクヌギとカシに覆われた丘を切り拓いた斜面にあります。
お墓のある一帯はこの日は秋祭りだったようです。
笛・太鼓の代わりに演歌が流れてきて
その合間に
「今から振る舞い餅を撒きます!」なんてアナウンスも流れていました。
c0062511_17362555.jpg
この丘は
WWⅡの時は
マンガンが産出するとかで
採掘が行われていたと
小学生の頃に親父から聞いた記憶があります。
お墓の入り口の
鹿除けのゲートを閉めながら
そんな事もふと思い出しました。



by pekeyama | 2016-11-27 17:41 | Comments(0)

樋掃除

今日は11月24日・・・
親父がくも膜下出血で倒れた日である・・・
一年前の事である・・・
ちょうど今頃の時間・・・
搬送先の病院でお袋と二人・・・
先生から回復の見込みがない事を告げられてたはずである・・・
呆然とした思いで病室に戻り
太いチューブで酸素を送り込まれながら
目を瞑ったままの親父の傍に立ち
人って必ず朝を迎えられるもんではないんやなぁ~
そんな思いにとらわれていた事を思い出した・・・

明後日は一周忌法要とお墓参りを
家族だけでささやかに行う予定である・・・

話が拙ブログには見合わず湿っぽくなってしまった・・・

さて・・・
今日のタイトルは「樋掃除」であった!
実家の庭に枝垂桜が1本植えられている。
PEKEの中学校の入学を記念して
親父が会社帰りにどこかで買って来て植えた・・・
お袋からはそう聞いている。
電車で持って帰れるくらいの小さな木が
今や二階の屋根まで届こうかという位
大きく育っている。
お祝いされた方の人間は
背丈も器も、決して大きく育ったとは言い難いのであるが
枝垂桜の樹は大きく育ち
春になれば小さな庭にピンク色の傘が差しかけられたかの様に
枝いっぱいに花を咲かせ
PEKE家を明るく照らしてくれるのである。
そして・・・
夏には濃い緑の蔭と涼しい風を
毛虫のおまけ付で提供してくれ
秋には黄金色に輝く紅葉で目を楽しませてくれるのであるが
落ち葉が大変である・・・
昨年までは親父が独りで黙々と落ち葉掃きをしていたそうであるが
今年はそれがお袋の仕事になったのである。
毎日、毎日、45Lのごみ袋一杯の落ち葉を掃き集める日が
1週間以上続いたそうである。
来年はPEKEも手伝いに行かなければならないと
痛切に思うのである・・・
さて・・・
地面に落ちた葉っぱはお袋が何とかしたが
屋根の樋に溜まる落ち葉は
はしごに昇らなければならず男手がいる!
一周忌の当日は朝からバタバタするので暇がない!
という事で
昨日、PEKEは実家ではしごに昇ってきたのであrった(笑)
作業前の樋である!
c0062511_19510107.jpg
竪樋に落ち葉が入らぬ様に
金網で作られたフィルターが設置されているが
これは親父の自家製である。

話が長くなった・・・

まあ、この歳になって
自分が知らなかった親父の見ていた景色を見るって
上手く言えないけれど
なかなか良いものかもしれない(笑)

画像採集地:2016-11-23 京都市

by pekeyama | 2016-11-24 19:57 | 建築 | Comments(0)

師走

来月は12月・・・
師走である・・・
「師」とはお坊さんの事らしく
「師」が忙しく走り回る時期だから「師走」
そう学校で教わった記憶があるが・・・
だったら・・・
八月のお盆・・・
三月と九月のお彼岸・・・
そっちの方が忙しいのんとちゃうのん!!!
おかしいんとちゃうのん!!!

うーん・・・
若干・・・
なんしてん荒れてるのん???

んー・・・
別段荒れてる訳ではおまへん!!!
別になんかに腹立ててる訳でもおまへん!!!

さて・・・
「師」ではなく
「馬」走っていたのである!
c0062511_18283647.jpg
c0062511_18292315.jpg
c0062511_18315417.jpg
c0062511_18331246.jpg
ありゃ?
お馬さんだけやのうて・・・
豚さんも走ってるやん!
c0062511_18360569.jpg
鳥さんも走ってるぞ!
(なんで飛ばへん?)
c0062511_18382185.jpg

メリーゴーランドって・・・
なんか・・・
いいよなぁ~

12月になったら・・・
日が暮れてから・・・
誰か誘って・・・
改めて・・・
行ってみたいなぁ~(笑)

画像採集地:2016-11-19 大阪市 新梅田シティ





by pekeyama | 2016-11-20 18:56 | クリスマス | Comments(0)

昼行燈

国語辞典によると
昼行燈とは
読みは・・・
「ひるあんどん」
意味は・・・
「ぼんやりした人、居ても役に立たない人を例えて言う言葉」
だそうですが
「行燈」は昔の
そう・・・
電気がない時代の照明器具で
光源は油を燃やす炎でしたから
照度と言うか、明るさは知れたものだったでしょう。
ですから
明るい真昼には
灯が点いているのか?いないのか?
よくわからない!
仮に灯が点いていても、全然役には立っていない!
そんなところから由来する例えなんでしょうなぁ~

「で・・・何が言いたいの?PEKE君!」
16歳の初夏に受けたトラウマは
40年以上の年月が過ぎた今でも・・・(アホ!)

今日は嫁ハンとデートを楽しんだのであるが
「この世界の片隅に」というアニメ映画を観に行ったのであるが
これがまたなかなか泣かせるストーリーであったのであるが

いや、それは又別のお話で
(でもなかなかエエ作品でしたから、是非とも鑑賞される事をお勧めしときます)
映画館のある大きなビルの広場では
早くもクリスマス・フェスタが開催されていて
大きなツリーが立っていたのであったが・・・

c0062511_19581046.jpg
c0062511_19590485.jpg
何やらスクランブル待機中の
サンダーバード1号の様であるが
真昼間の屋外のクリスマスツリーは
何となく
昼行燈である・・・
と・・・
思ったのである・・・(笑)

画像採集地:2016-11-19 大阪市 新梅田シティ

あれは何年前のクリスマスかなぁ~
PEKEはとある佳人と
ここで逢引を楽しんでいたら
アツアツのソーセージでビールを飲みながら
目前に煌めく巨大なツリーを楽しんでいたら
突風が吹いて
真っ赤なケチャップとまっ黄のマスタードを
たっぷりと塗ったソーセージを
乗せたお皿が
彼女の真っ白なコートに向かって吹き飛ばされて
あわや!
そんな事件がありましたなぁ~(笑)
皆様
「他山の石」として
今年のクリスマスに役立てて下さいませ!(爆)


by pekeyama | 2016-11-19 20:15 | クリスマス | Comments(0)

君と出会えた!(第拾編)

嗚呼!やっと金曜日の夜である!
この一週間は長かった!
けど・・・
短かった!
ずっと作業服に安全靴、そして頭にヘルメット!
現場に」詰めていたのであった!
一週間で
PEKEが成人式を迎えた頃に設置されたエレベーターを
最新式のものに入れ替える工事である!
PEKEは営業担当として
施主の抜打ち検査対応に備えての立会であったので
まずは何もするお仕事はなく
「見てるだけ」なので
そういう意味では長かったのであるが
目の前でてきぱきと作業が進められ
古いマシンが撤去されていき
新しいマシンが組みあがっていく
それが滅茶苦茶面白かったのであった!
そういう意味では短かったのである!

いや、
男は家庭に仕事とS*Xは持ち込まないのである!
嫁ハンが歌う鼻歌が
お風呂場から聞こえてくるリビングで
嫁ハン手作りのおつまみで
(ゆで卵ではあるが、ハードボイルドでも半熟でもない絶妙な茹で加減と
 横に添えられたマヨネーズに黒胡椒を振って来るあたりが、まぁね!)
ハイボールをやりながら向かうPCであるから
お仕事のお話は・・・
NGネタであった!
ゴメンナサイ(笑)

で・・・
「何が言いたかったの?PEKE君?」

うーん・・・
えーっとね・・・
あのね・・・
そのね・・・
ほら!この一週間ってさ!
寒かったり、暖かかったりでさ!
風邪引きそうな感じだったじゃん?
だからさ!
めっちゃ気になってさ!
ほら!
♪翅の青いシジミチョウだって?ここには沢山居るからねぇ~♪

話が見えない!

古人曰く・・・
論より証拠!

PEKEは枯葉のお布団の下で眠っていた
彼女たちがこの一週間をどう過ごしているかが
それが気になって仕方がなかったんです(笑)
c0062511_20574940.jpg
c0062511_20582445.jpg

こっちも・・・
c0062511_21004058.jpg
c0062511_21011317.jpg
画像採集地:2016-11-12 神戸市

蛹を探し出した実ぃ葉ぁ氏の根性に
脱帽し、深く頭を下げるPEKEです!(笑)




by pekeyama | 2016-11-18 21:04 | | Comments(10)

君の名は・壱拾参

物語は
「起承転結」が基本である!と
そう教わったのは
はて?
小学校だったか?
中学校だったか?

まずは「起」である!
いわゆる「つかみ」である!
今夜はこれ!
c0062511_20502747.jpg
何やら何かの花のようであるが
はて?
さて?
だからって言って
タイトルが「君の名は?」って・・・
瞬殺かい!
秒の殺し屋・帯刀省吾かい!

花が咲いたら、実がなるのである!
それが自然の摂理というものである!
(営業マンの世界は別らしいが・・・)
「承」である!
多分であるが
四段階の中で一番難しいぶぶんである!
と言いつつ
極めて安直な展開である・・・
c0062511_21025618.jpg
とは言いつつも
「君の名は?」そう問いかけたい雰囲気は残存している
それも極めて濃厚である

そして「転」である!
テクニックの見せ所である!
風吹裕矢の「幻の多角形コーナリング」を披露したいところである!
いや
藤原拓海の「溝落とし」を披露したいところである!
つまり・・・
アッという間に
信じられない速度で
コーナーを抜けていくのである!
だから・・・
いきなり・・・
c0062511_21145568.jpg
実が弾けたのである!

さて・・・
いよいよ「結」である!
ここでしくじると
「羊頭狗肉」やら
「竜頭蛇尾」やら
良くない風評が流れるのである
PEKEは小学生の頃
お正月明けの
三学期の始業式の朝礼で
校長先生が
一年間を「お魚」に例えって
一学期は「頭」
二学期は「胴体」
そして
三学期は「尻尾」です!
どんなに大きなお魚でも
尻尾が無ければ泳げません!
皆さん!
最後まで気を抜かずに頑張りましょう!
と・・・
演説していたのがなぜか今でも忘れられないのである!

何となく
自分で自分の首を絞めているような展開である
c0062511_21301491.jpg
何か白いのがなくなっている!
c0062511_21325999.jpg
そして誰もいなくなった???

何処が「結」やねん!
「責任者出て来い!」ですなぁ~

だから
だれか「ケツ」拭いて!?

ちゃうちゃう
君の正体は・・・
ケツを覆うパンツの材料であるコットンでした!
ってことで・・・

画像採集地
c0062511_21383534.jpg







by pekeyama | 2016-11-15 21:38 | 植物 | Comments(0)

ウィーリー走行だぜ!

うりゃあああ!!!
ウィーリーじゃあああああ!!!
c0062511_21270834.jpg
男のドラテク勝負!というより・・・
クワガタムシの喧嘩!って漢字かな・・・
って言うか・・・
過積載の為せる技でしょ!
エンジンパワーの為せる技には見えない・・・(笑)

競技車両は・・・
昔懐かしダイハツ・ミゼット!
大阪が誇る自動車メーカー!
大阪発動機製造!
略して「大発」
すなわち「ダイハツ」である!
軽自動車専門メーカーのイメージが強く
「ミラ」なんて言う
若い女性に大人気の車種があった時代
駐車場の片隅に1台ポツンと停められていたミラに
コナを掛けたら・・・
中からいかついオッサンが出てきて
「895がミラ乗ったらあかんのかい!」
そんな都市伝説もありましたが

類似の伝説に
ベンツCシリーズ(いわゆる5ナンバーのベンツ)がデビューした頃
関西のとある高速道路(PEKEは近畿道と聞きましたが)で
「小ベンツなんて抜いてまえ!」
直後・・・
件の小ベンツは、実は覆面パトカーで・・・
「警察がベンツ乗ってるとは思わへんかったやろ!」

何が言いたい!PEKE!

車は「ダイハツ・ミゼット」であった!
c0062511_21571022.jpg
ダイハツは「大阪発動機製造」の略称であった!
この由緒ある社名は
独逸であれば
「バイエルン発動機製造」
すなわち
「Bayerische Motoren Werke」
頭文字を並べて「BMW」と同じである!

母校の応援歌の一節にこうある!
♪高らかに叫べ!誇りの歴史!♪

話が逸れた!
逸れすぎて先が見えない!
制御不能である!
気分はまるで・・・
突然錐もみ状態に陥った試作機のコクピットに座るテストパイロットである!!!

本当は
「青いお嬢さん」がらみで
そして閲覧履歴では
「ルリゴキブリ」に次ぐ人気を誇る「木の実図鑑」
その再刊がらみで
c0062511_22172103.jpg
この鮮やかなオレンジ色の実をアップしたかったのである!

正体は蘇鉄の実である!
銀杏と二人して
高らかに誇りの歴史を叫ぶ資格は十分にあると思う!

話がなかなか収束しない・・・

カテゴリーを「植物」と設定した場合の続編として
「白い実」画像を押さえていたのだが・・・

あかん!
今夜は落ちない!落とせない!
(って・・・女の子口説いた夜の回数と同じか???)

画像採集地:2016-11-13 自宅
      ※蘇鉄の実:2016-11-03 神戸市
      ※ミニカー:2016-11-04 神戸市


by pekeyama | 2016-11-14 22:27 | ガチャポン | Comments(2)

君と出会えた!(第九編)

「君と出会えた」シリーズ
一応「第拾編」をもって完結させたいと
願っている・・・
もとい
思っている!!!
であるからにしてからに
今夜は「リーチ」を宣言したのである!
目指すところはもちろん
「リーチ一発!自摸!」しかないのである!
が、しかし・・・
その内容が
「四暗刻!単騎待ち!」なのか?
「タンヤオ」なのか?
「平和」なのか?
だけどもそれに「ドラ」に「裏ドラ」何発も乗るのか?
まあ勝負は下駄を履くまで判らないのである!
答は明日のお楽しみなのである!

今夜は娘が前にくれた北海道土産の
焼酎4本セットの中の
「昆布焼酎」のストレートが
かなり効いているのである
因みに
残りの3本は「麦」「ジャガイモ」「芋」なのであるが
そしてすべて材料はj「北海道産」なのであるが
いくら「風に魂を解き放っている」状態とは言え
「芋」はサツマイモだろう!
でも・・・
北海道産サツマイモ???

まあ良いではないか!
毒蛇は急がないのである!
今夜は「昆布」を楽しむのである!

さて「かりゆし」
ではなかった
「リーチ」の夜である!
「君と出会えた」場所画像をアップして
来るべきさ「涙の最終回」へのプレリュードとしてみよう!

君は入口に飾ってある「懸崖菊」の
右から二番目の小さな花が大好きだったよね!
c0062511_19384289.jpg
左手に写った柱がうざいよなぁ~
撮り直さなきゃ!
c0062511_19382050.jpg
構図はOKだけど・・・
肝心のピントが・・・
やはり私は「詰めが甘い!」(泣)

君の揺り篭はは蘇鉄である
c0062511_19490165.jpg
大人になった君が好きなレストランは
「菊花亭」である
c0062511_19505576.jpg
そのレストランは
港町のビル街を見下ろす高台にある
c0062511_19543667.jpg
実家はレストランの対面にある
c0062511_19563788.jpg
レストランは23日で店仕舞いする

君はどうするの?


by pekeyama | 2016-11-13 19:59 | | Comments(0)