標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

自然界における左と右

って本、昔、流行しませんでしたっけ?
スミレを観察して思ったこと・・・
中学生の頃、何の授業かは忘れましたが、「英国紳士が背広をオーダーする時、必ずテーラーが『Right or Left?』と尋ねてくる」という話を、週刊誌の清原の写真と、先日撮影したスミレの写真を見て、急に思い出しました。
で、この写真です。
c0062511_226084.jpg

スミレの花の「茎」と「蜜ツボ」はその構造上、干渉せざるを得ない位置関係にあり、その納まりは大変気になるところ(気になりませんか?)です。
右か、左か・・・どちらかに、どっちかが逃げるしかないのですが・・・

酔っ払ってますねえ・・・
品が良いのか悪いのか・・・

2005.04.24 兵庫県三田市
# by pekeyama | 2005-04-25 22:10 | | Trackback | Comments(0)

Who are you ?

葉っぱの上にとまっているのは誰?
c0062511_21371690.jpg

葉っぱの向うから覗いているのは誰?
c0062511_21393776.jpg

葉っぱの上で寛いで入るのは誰?
c0062511_21403133.jpg

太陽に透ける美味しそうな葉っぱは誰?
c0062511_21423646.jpg


2005.04.24 兵庫県三田市
# by pekeyama | 2005-04-25 21:44 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

待望のミヤマセセリ

午前中に与えられた自由時間・・・
イメージトレーニングの甲斐なく、ギフチョウには出会えませんでした。(また来年??いや、また来週・・・やね。よろしく!)
けれど気の良いミヤマセセリ嬢に出会えて楽しい春の半日(ごめん!一日一緒に過ごしたかったんだけれど、私、こう見えても妻子のある身・・・午後は愛娘の為に・・・)を過ごしてきました。

出遭ったとき、君は春の陽射しを一身に浴び、光り輝いていました・・・
c0062511_1927435.jpg

「小さな背中の形通りに、朝陽が透けて産毛が光る」と歌っていたのは「郷ひろみ」、たしか「How many いい顔」ではなかったかと・・・
c0062511_19315198.jpg

露出が難しかったよ・・・
ちなみに私は数字が苦手の元・文学青年なので、f値がどうのこうのはちょっと・・・
けれども、逆境は大嫌いだけれど、逆光は大好きな困った性分・・・ときてはどうしたものか・・・
で、編み出した技は「マニュアルフォーカス+スポット測光」です。
何回かシャッターを切ると、そりゃ1・2枚位はこんな風に・・・ちゃんと・・・
c0062511_19445434.jpg

c0062511_19464434.jpg


全部、ノートリミングですが、よく考えたら適当にズームを効かせてアウトレンジからシャッター切った方が良いのかなあ・・・
撮れない事にはどうにもならんしなあ・・・
ちょっと悩みが出てきだしたぞ・・・


ミヤマセセリ、♀は前翅の白斑が綺麗です。セセリチョウファン、マニア、フリークの心のツボをキチンと押さえてくれてます。
c0062511_19505317.jpg

c0062511_19512546.jpg


でもここまで来ると、やんちゃでなかなか写真を撮らせてくれない♂の「あの茶色い前翅」の方がかっこよく思えてきたりするのが・・・不思議?いい加減?

2005.04.24 兵庫県三田市
# by pekeyama | 2005-04-24 19:54 | | Trackback | Comments(0)

イメージトレーニング

今日も朝から天気が良い!
しかし私は、この春中学校のテニス部に入部した長女から、神戸までシューズとラケットを一緒に買いに行くように申し付けられている・・・
カミさんからは「そんなん言うてもらえるのも今のうちだけやで。文句いわんとデートしといで!」と言われている。
しゃあない、午後から六甲山ドライブして三宮へでるか・・・
そやから午前中だけは三田へギフチョウ撮りにいかせてね・・・

という訳で今朝は早くから、昨日のスミレ画像を相手にイメージトレーニングに邁進、というか、妄想に耽っていると言った方が正しい?

まあ、頭の中はこんな感じ・・・
まずはスミレに飛んでくるシーンからって、どうやって撮る?
c0062511_733485.jpg

そして吸蜜シーン
c0062511_75798.jpg

贅沢にもギフチョウを背景にぼかしてスミレを主題に・・・
c0062511_76734.jpg


三田市のポイントまで車で約40分。
8時に出発で間に合うか・・・
# by pekeyama | 2005-04-24 07:09 | | Trackback | Comments(0)

それでもめげずにスミレ画像など・・・

この後は陽が翳ってしまい、結局2度とギフチョウ出てきませんでしたが、林床に咲くスミレの花を撮る事にしました。
悔しいくらい沢山咲いてました。
まずは「スミレ咲くポイントの風景」
c0062511_20411161.jpg

c0062511_2053317.jpg

大多数の方にはこの2枚の写真、何が主題なのかよく判らない「???」の風景でしょうね。
でも蝶屋(チョウを趣味とする人)にとっては大なり小なり、心にピクリとくる風景です。
私自身はこのスミレで吸蜜するギフチョウを、このアングルで、今度こそは撮ってやる!!!と萌えて、もとい!燃えてしまいます。

そしてアップ画像
スミレって真正面からみたら案外いかつい顔してる。角の沢山生えた鬼のような顔やなあ。
c0062511_20522448.jpg


スミレは花の形が「墨入れ」(大工さんが材木に加工線を引く道具)にそっくりなところから付いた名前と聞いておりましたが、このアングルから撮って納得!
c0062511_20551599.jpg

# by pekeyama | 2005-04-23 21:01 | | Trackback | Comments(0)