標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

チョコレート色の魔力

昨日の朝、通勤途中の大阪駅前で貰ったチラシです。
c0062511_1454516.jpg

かみさんや長女に見せたら「大喜び・・・」というより「早く連れて行け!」と尻を叩かれそうな気もするチラシです。(事実、そうなりました・・・トホホ)

さて、チョコレート色といえば当然、若い頃からのジャノメチョウ科ファンの私としては当然ヒカゲチョウ属を連想してしまいます。

雪もよいの空、ベランダから差し込むやはらかな冬の光は標本撮影にはちょうどいい塩梅に思え、外へ出かけるのも億劫なので、ちょっと標本箱をいじりました。
c0062511_1503564.jpg


上段から、クロヒカゲ・ナミヒカゲ・クロヒカゲモドキ。
いずれの段も、左列が♂、中央・右列は♀で、全て裏展翅です。
(実物は当然もっと美しいのですが、ちょい撮りの標本写真ではちょっとその魅力は伝えられないね・・・、残念!)
# by pekeyama | 2005-02-26 15:11 | | Trackback | Comments(1)

水面コレクション事始

週末毎に訪れている北山植物園。
ここには池があって、鯉がいます。(この世に男がいて、女がいるように???)
ここでは夏の終わり、ショウジョウトンボを追いかけるのを、お約束にしてました。
水面を飛ぶトンボを追いかけるうちに、何となく「水面」の持つ魔力に惹かれていたようです。

知らぬ間に秋がやってきて、彼岸花の赤い花が咲いていました。
色んな色の鯉がいるのですが、ちょうどいい塩梅の奴がくるまで、結構粘りました・・・
思えばこれが、私の「水面」コレクションの始まりのような気がします。

2004年9月23日
c0062511_20363365.jpg


その後、こんな心霊写真モドキも採集しました。
池のある一点で、かなりの頻度で鯉が跳ねるのは以前から薄々気が付いていました。
この日は冬にもかかわらず、珍しく鯉達が遊泳を楽しんでいたので、そちらへレンズを向けて粘ってみました。
でも実はそんな私のすぐそばで、ルリビタキの♂が遊んでいたのです・・・
「鯉」を採集して大きく振り返ったとたんに、すぐ横から飛び出した空色の小さな塊・・・
この手の悔しさ、解る人には解ってもらえると思うのですが・・・

2005年1月29日
c0062511_20584968.jpg

# by pekeyama | 2005-02-25 21:03 | 水面 | Trackback | Comments(0)

昨夜の夢見

久しぶりに蝶の夢を見ました。
ミヤマセセリでした。
何故?
自分なりに深層心理を分析しましたが・・・謎です。
昨シーズン、蝶界を騒がせたヒイロシジミとか、あと一月で会えるギフチョウとかの夢だったら解り易くて良いのだけれど・・・
何故か、たしかにギフチョウと同じスプリングエフェメラルの一種には違いないのだけれど・・・

で、今日はセセリチョウの写真です!

まずは私のイチバンのお気に入りから・・・
「スクランブル!緊急発進!F15イーグル?」
2004.10.16 マンションのそばにある「ゆずりは緑地」にて採集。
c0062511_23503944.jpg


チャバネセセリは渋くていいなあ・・・
「迫るー!ショッカー!」アリグモに跡を付けられている?
2004.10.09 いつもの北山植物園にて
c0062511_2354711.jpg


茶色だけでなく、黄色も綺麗・・・
「夏のお嬢さん」
2004.08.22 北山植物園
c0062511_2359224.jpg


最後は昨年私に幸運をもたらしてくれた作品です。
T研F誌のコンテストに入賞しました。
「捕まっちゃった・・・」
2004.08.20 自宅マンション前のバス停
c0062511_06723.jpg

# by pekeyama | 2005-02-25 00:07 | | Trackback | Comments(0)

一日の終わりだから・・・

昨日の画像は硬くて、冷たくて、暗かった・・・
ちょっと反省してます。
だから今日の画像は、柔かくて、暖かくて、明るい奴を・・・
採集場所は全て昨日と同じく武庫川河畔です。

最初は、暖かな朝日を浴びたヒドリガモ達に、カラス・・・
1月22日朝
c0062511_21503661.jpg

c0062511_21511197.jpg


それからカモメと戯れる姉妹とその父親。(私には珍しい人間の写真です。)
1月16日朝
c0062511_21515956.jpg


再び鳥に戻って、仲のよいマガモのカップル
1月15日朝
c0062511_21484140.jpg


最後は仲の良すぎるコガモのカップル
1月15日朝
c0062511_21523826.jpg

# by pekeyama | 2005-02-23 22:14 | | Trackback | Comments(0)

孤高

糊口ではありません。(いやあ、給料日前やもんなあ・・・)
虎口でもありません。(いやあ、怖いもんなあ、危ないもんなあ・・・)

いえ、孤高です。
高校生の頃の愛読書は、新田次郎の名作「孤高の人」で知った言葉、「孤高」です。
小説は、不世出の天才登山家「単独行の文太郎」こと加藤文太郎の伝記でした。
どちらかといえば人間嫌いの気があった昆虫少年の身に染む小説でした。
今でも時々(2年に1回くらい)は通勤電車の中で読み返しています。

でもこんな風景を思わず採集してしまうのは、やはり何処かに、何か、うーん・・・


1月22日朝 武庫川右岸 コサギ
c0062511_22193493.jpg


1月29日朝 武庫川右岸 月とカラス
c0062511_22212893.jpg


1月29日朝 武庫川右岸 コガモ
c0062511_2223811.jpg


2月3日 鴨川左岸 アオサギ
c0062511_22243326.jpg

# by pekeyama | 2005-02-22 22:25 | | Trackback | Comments(0)