標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ミッションG・8th:returns VOLⅠ

ミッションGは二週間前に終了したが
実ぃ葉ぁ氏が愛情を込めて育てている虫屋の卵達は
三週間まえから
柴漬け食べたい!
もとい
ギフチョウ採りたい!
サウンド・オブ・ミュージックもトラップ大尉一家もたじたじの
一家挙げての大合唱が響いていたと聞く。
しかし・・・
天は我を見放したか!
って言うか
神様って本当は
ムッチヤ性格悪いんでないの?
PEKEはもう大人であるから
水滴が光るカタクリの花を撮らせてくれた
天の神様に深く感謝を捧げたのであるが・・・(笑)
(営業マンはどんな理不尽な仕打ちを受けても、いつも前向き!ポジティブシンキン!)

だから・・・
リベンジではなく
リターンズなのである!(笑)

作戦地域の選定には
再び竹馬の友、ふしみや君の知恵を借りた。
北陸方面、標高800mが適期との判断であったが
ひょっとして1000m
もう遅いかも500m
この二つを攻めることにした!

で・・・
どちらから攻めるか?
撮るのも、採るのも
新鮮で綺麗な方が良い!
そう・・・
先人に教わった
畳と女房の法則である(笑)
それに・・・
ふしみやマップでは
1000mポイントは「車横付け」ポイントでもあった!
体力の衰えを切に感じた大学4回生のシーズン以降
爾来30数年余り
「ポイント横付け」は
どんな美女の甘い誘いの言葉より
魅力的である!(爆)

今日はまだ月曜日である
一週間は長い!
ネタは小出しにして引っ張らねばならぬ!

早く出さんかい!
とか
早く言わんかい!
とか
そのようなセリフは
「大人の粋」を知らぬ奴が吐くものであり
PEKEの美学からは大いに距離を置くものである!
世阿弥の教えにあったではないか!
「秘すれば花」と・・・

期待が膨らむポイントへの道!
c0062511_23263396.jpg
しかし・・
ちょっと
もとい
かなり不安な
ポイント手前の風景・・・
c0062511_23292548.jpg
幸いにも
卵たちは
G姫を忘れ
雪遊びに夢中でした(笑)
大人はその間に
作戦の練り直しで大わらわでした(爆)

画像採集地;2017-04-23 福井県



# by pekeyama | 2017-04-24 23:34 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:番外編

ミッションGで
実は
PEKEは
ボルネオ先輩から
沢山のお土産を頂いたのであった。
話せば長い長い
キサントパン・スズメガの口吻の如き話になるし
それに
キサントパン・スズメガは
アフリカはマダカスカル島の特産種であって
東南アジアはボルネオ島の特産種ではない故に
適切な表現とは言えず・・・

話が長い!(怒)
早く言わんかい!(怒)
何が言いたい!爆怒)

干し魚に加えて
「タバコの葉&ニッパ椰子の葉」
「香辛料」(肉桂・レモングラス・チリ)
「調味料」(ベラチャン・東南アジアの料理の素)
「お茶」(ウバ・ティー)
の数々である。
頂いたというより
強奪したというべきか?(笑)
いやいや
真相はちょっと違うんだなぁ~

先輩!
頂いた品々
ちゃんとYちゃんに渡しましたよぉ~
(ボルネオのお土産を口実に飲み会を・・・???)
c0062511_21215529.jpg
c0062511_21225251.jpg
ここで
ミッションGの参加者の方に質問何ですけれども
メガネをかけたオッサンなんですが
「はよ言わんかい」の
昔は強面
今は好好爺(KKYって表記すれば良いのか?)
もといGGKに似てませんか?
PEKEは彼と知り合った時から
ずーっとそう思っていたのですが・・・
因みに美女二人のうち
瑞正なVサインの美少女は
彼の娘さんです。

そして
ボルネオ先輩のお土産は
三枚目を気取っって写っているYちゃんの手によって
翌日・・・
c0062511_21454426.jpg
あの
言っときますけど
PEKEは
残念ながら
このテーブルに居たかったけれど、居るはずもなく
写メを頂いただけですからね!(笑)
でも・・・
美味しそうだよなぁ~

ボルネオ先輩!
そう言う事でしたぁ~


# by pekeyama | 2017-04-24 21:51 | 笑顔 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:十九

ミッションG・8th
それはMt.DOG Cityで展開されたのである
作戦地域は
雑木林に覆われた丘陵地帯で
丘陵の尾根筋を縫うハイキング道で展開されたのである。
G姫は
谷筋のやや湿った場所に生えるカンアオイを食べて育ち
羽化すると尾根筋に登り
頂上に集まる習性がある。
そこでG姫を射止めんとする勇者たちは
良く晴れた春の青空の下
尾根道をプラプラ歩いたり
頂上でのんびりとタバコをふかしながら
憧れのG姫が
「散りゆく花びらの様に」ひらひらと飛んで来るのを
ただひたすら待つのである!(笑)

さて・・・
昨夜に引き続き・・・
何を書こうとしていたのであろう?

今回のミッションには
将来を嘱望された蝶屋の卵が三人参加していたのであるが
大人たちがG姫を待ちながら
下らぬおしゃべりにうつつを抜かしていると
突然・・・
「見つけた!」

発見されたのは蛾界のスプリング・エフェメラル
イボタガの翅である!
c0062511_22332232.jpg
しばらくすると・・・
こっちにも!
もう一枚追加である!
c0062511_22354382.jpg
それからしばらく
早春の主役はG姫からイボタガに移り・・・
何枚もの翅が
街灯一つない雑木林の
丘の上の空き地の地面に
散乱していたのである!
c0062511_22401286.jpg
日が暮れたのち
この山頂で
一体何があったのか?
ワルプルギュスの夜か?
はたまた
妖怪たちの運動会か?

もしもここで
生暖かい風が吹く
月も出ない春の一夜に
灯火採集を試みたならば

イボタガ
沢山採れるのかな?




# by pekeyama | 2017-04-23 22:45 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

ミッションG・8th:十八

ミッションG
呑んだ!食った!
喋った!歌った!
そして・・・
少し寝た・・・起きた!
ヘップバーンに挨拶した!
飲んだ!食った!
それから・・・
出撃した!

温帯の落葉広葉樹林において
林床に陽射が射し
気温も上がる春先の一時
まるで学生時代の如き
まさに青い春を選んで羽化し、開花する
そんな虫や花を
専門家は「スプリング・エフェメラル」と呼び
一般の人t¥に比べて三倍は
首を長くして春を待つのである!
♪春よ来い!早く来い!青い網持つおっちゃんが、山野に出たいと待っている!♪
なのである!

ん?
話が見えない!

そう!
話はスプリング。エフェメラル」でだった!
蝶界では
それは
「ギフチョウ」「ミヤマセセリ」「コツバメ」かな?
蛾界では
それは
「イボタガ」「エゾヨツメ」「オオシモフリスズメ」かな?
他にも
蝶なら「ツマキチョウ」がいるし
蛾なら「トビモンエダシャク」とか「フチグロなんちゃら」もいるが
まぁ
「三種の神器」から始まり
「三匹の子豚」「三銃士」「三羽烏」「三馬鹿トリオ」と続き
人は「三」と言う数字を大層好むようであるが
これは
小さな子供を相手に確かめると良いと思うのであるが
元来、人間の持つ数の概念は
「1」「2」「3」と「沢山」の
四つしかなかったのではないか?
トレーニングの末に
両手の指の10までは何とかなって・・・
それが証拠に
ポイントで出会った蝶屋に何頭採れましたか?って尋ねたら
もしも10頭以上採った奴は
よほど性格が悪くない限り
「ようけ」「二桁」と返答するであろう!
性格の悪い奴は
「あきまへん」「ボチボチでおま」
って・・・
別に関西人を腐してるわけではありません!
むしろ
「駄目だよ!」「まぁまぁかな?」
って・・・
多分お互い様のお話で・・・
ダイミョウセセリみたいに研究しなくちゃ!

で・・・
何が言いたかったの?

三歩歩んで鳴き声忘れる!(爆)

# by pekeyama | 2017-04-22 22:14 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:十七

宴は終わり
夜は静かに更け(笑)
そしてあけた・・・
しかし春の陽は射さず・・・
ショパンの調べが・・・
優しく心に染む朝であった・・・
朝が早い爺さんが二人
それはBとPであり
ほんまもんの爺さんであるKは含まれない
Kは大方、孫の夢でも見ていたはずである(笑)
何となくしんみりと語り合っていた。
何故だかそれを
実ぃ葉ぁ氏の上の女の子が頬杖を突きながら聞いていた・・・
貴女は将来きっと良い女になるポテンシャルを十分に秘めている・・・(笑)

あの(男の)後輩に対してはとても厳しいN先輩が
二日酔いの朝には絶対に見せた事がない
もとい
見せるはずがない
はずの笑顔で
樹特製の
ミッションGスペシャル仕様のモーニングを食されておられた(笑)
今年は「フレンチ・トースト」に加え
名古屋名物「小倉サンド」が供された
画像撮影をする前に
胃の腑に
思わず胃の腑に納めてしまったのは
痛恨!
後悔の極みである!(泣)

よって・・・
今回は画像は・・・
「早く出さんかい!」と
いくらK君がL様ばりの大きな声で咆哮しても
「無いもんは無い!」と
営業会議で一度は切ってみたい啖呵の如く・・・(笑)






# by pekeyama | 2017-04-22 21:16 | Trackback | Comments(0)