標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ミッションG・8th:十

人は何故に
人は何を求めて
人は何のために

珍しく高尚な書き出しではないか!
やればできるんだ!
やらないからできないんだ!

おぉっ~!
今日のPEKEは・・・
すごいぞ!すごいぞ!(爆)

しかし・・・
インモーかいかい!セッシてモラサズ!
やなかった
テンモーかいかい!ソにしてモラサズ!

適当と思われる漢字に変換し、
それぞれの意味と
作者が述べんとするその意図を
100文字以内で延べよ!(爆)

さて?
はて?
三歩下がって師の影踏まず・・・
もとい
三歩歩めば鳴き声忘れる・・・

「何が言いたかったの?PEKE君!」
十六歳の六月の
金曜日に投函した恋文が届いたであろう
月曜日の教室の昼休みの・・・
トラウマである!
それ以来・・・
PEKEは以前い増して「無口」になったのであるが
大学に進学すると
そこには・・・
何かにつけ・・・
「早く言わんかい!」
「何が言いたいんや!」
情け容赦ないK君が・・・
現れたのであった!(笑)

話が逸れた・・・

人は
それも子供を連れた人は
恐竜博物館では
恐竜を見て盛り上がるのが
多分
ノーマルな行動であろう!
この際「ノーマル」の定義について
深く論じるつもりは毛頭ないが
多くの人が評価する「偏差値」とは
自分がどれだけ平均的な集団から離れているかを示すものであり
ある意味「アブノーマル」度を測っているのではないか?

またまた話が大きく逸れた!
今日の投球は
沢村投手ばりの
「懸下のドロップ」の如く
平松投手ばりの
「剃刀シュート」の如く
杉下投手ばりの
「魔球」の如く
キレが良い・・・
と思うのは・・・
筆者の自惚れがなせるわざか?(爆)

話が長くなった!
言いたかったのは
「恐竜博物館」で
「昆虫」の展示に夢中になる人間は
「きわめて稀」なのではないか?
しかし
それは
「非常に誇らしい」のではないか?

だから・・・
どんな昆虫がいたのか?
「早く出さんかい!」
c0062511_22185498.jpg
c0062511_22200798.jpg
c0062511_22203872.jpg
c0062511_22211489.jpg
c0062511_22215238.jpg
何となく「完全変態」はいなかった・・・
原始Gとかを少し期待はしたりしたのであるが・・・

その辺りの議論は
そうやなぁ~
ミッション9thの課題にしておきましょうかねぇ~(笑)

画像採集地:2017-04-08 福井県勝山市



# by pekeyama | 2017-04-18 22:26 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:九

♪線路は続くよ!どこまでも!
 野を越え、山越え、谷越えて・・・♪
そして・・・
♪楽しい旅の夢、つないでる・・・♪

話が見えない!(笑)

そう・・・
♪傘の花が咲く、土曜の昼下がり♪
努力はできるが
我慢はできない
そう・・・
♪じっと耐えるのが、務めと信じてる♪
なんて決してできない
♪恋をするほど子供じゃない!♪
オッサン二人(それもコブ付き)である!
酸いも甘いも嚙分けてはいたが
カタクリの根の甘さは初体験で
天にも昇る心地ではあったが・・・

話が見えない!(笑)

この日前線は福井県嶺南地方にあり
寄せては引く渚の波の様に
北上と南下を繰り返していたようである。
♪古い男とはお思いでしょうが・・・♪
ガラケー二人組である。
生きた化石の如き二人組である!

だから・・・
トンネルを抜け(たかな?)
インターを降り
田園地帯を抜けると・・・
そこは・・・
恐竜天国であった!(笑)
c0062511_21475872.jpg
何ザウルスであろうか?
「君の名は?」とは
きっと聞けないであろう巨大な「古い時代」の生き物が
ミッションG・関西部隊を迎えてくれたのである!
c0062511_21514072.jpg
エックス線で見たら・・・
こんな感じかな?
c0062511_21534534.jpg
館内には骨だけではなく
生体も展示されていたのである!
c0062511_21592629.jpg
まるでお正月の獅子舞である!

ここで実ぃ葉ぁ氏のスイッチが切り替わったようである!
お父さんはカメラマンになるから!
「ちびまる子」の親友であるところの「タマちゃん」のパパである!(笑)
まずは手始めに
「アケロン」なる巨大ウミガメ
c0062511_22032822.jpg
その前で記念撮影である!
c0062511_22061891.jpg
c0062511_22073032.jpg
はたから見ていてなかなか微笑ましい風景であったのである!
PEKE家も15年前はこんな感じだったのであるが・・・
娘の式場では
お色直しの間
この手の画像が・・・(笑)

話はまだまだ続きそうである!

画像採集地:2017-04-08 福井県勝山市


# by pekeyama | 2017-04-17 22:13 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:八

ミッションGから早くも一週間が過ぎようとしている。
満開だった桜も散り果てようとしている。
しかし・・・
話はまだまだ終わりそうにない。
そう・・・
果てない物語
すなわち・・・
NEVER ENDING STORY
いや・・・
未完成交響曲
そう・・・
この曲が終わらざるがごとく、わが愛に終わりなし!
ってやつである(笑)
決して小学生の夏休みの絵日記の如く・・・ではないのである(爆)
そして・・・
人は言うのである
母親にロマンス映画へ連れていかれた子供の様に・・・
「おかあちゃん!いつ仮面ライダー出てくるの?」
だが・・・
大人の世界はもっとシビアなのである
「早く出さんかい!」
怒号が飛ぶのである!
ここで・・・
PEKEは勇気をもって
冷静かつ沈着に
過去のミッションGレポートにおけるG画像の出現率を
本来若者は過去を振り返らず
未来だけを信じて突き進むのであるが
PEKEはすでに
♪夢を見るほど馬鹿ではないし♪
この場では関係ないが
♪恋をするほど子供じゃない♪
のである

「早く言わんかい!」

ミッションGレポートにおけるG画像は
あの憧れの枕詞である「きわめて稀である」が付くくらい・・・(爆)

話が長くなった。
結論を
いや
先を急ごう!

この日、Gをあきらめた
ミッションG・関西連隊は
かねてからの計画通り
北陸道を北上し
勝山市にある「福井県立恐竜博物館」へ向かったのであった
最寄りのSAからすでに・・・
気分はジェラシック・パークである!
c0062511_19382962.jpg

画像採集地:2017-04-08 福井県





# by pekeyama | 2017-04-16 19:31 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:七

若い頃
良く山に登った
バスを降り
川を渡り
林を抜け
岩にしがみつき
頂上を目指した
同じ道を
色々な人が
同じように
重い荷を背負い
息を切らし
歩いていた
しかし
求めていたもの
見ていたもの
それは各々
みな違っていた
大袈裟にいえば
SFで言うところの
パラレルワールドが
そこに
身近に
存在したのである

何が言いたい?PEKE!
早よう言わんかい!PEKE!

いえ、その、あの・・・
フキノトウが・・・
まるで夜空に輝く星座の様に見えたもので・・・
c0062511_22523865.jpg
って・・・
加工前はこんなんだけど・・・
c0062511_22541782.jpg
うーん・・・
だから?
そして?

♪わかって下さい!♪(爆)

画像採集地:2017-04-08 福井県

# by pekeyama | 2017-04-14 22:57 | | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:六

♪あなたは通り過ぎたの 私の前を・・・♪
古いラブソングが・・・

その歌は・・・・
たしかこう続いたはずである・・・
♪このまま誰も知らない 野の花になりたい・・・♪
そして・・・
野の花に変身した彼女の上には
♪そよ風♪が
わたったはずである・・・

こういう唄をカラオケでPEKEが熱唱すると
人はみな
何故に(ドン)引きするのであろうか?
PEKEは森山良子の歌が大好きなのであるが・・・

話が逸れた!

古い峠道の傍らに
寄り添うように咲いていた
小さな野の花の画像である
c0062511_22295757.jpg
c0062511_22305200.jpg
何か物語の始まりを感じないか?
思い切りロマンチックな恋物語を
語れはしないか?

画像採集地:2017-04-08 福井県


# by pekeyama | 2017-04-14 22:37 | | Trackback | Comments(0)