標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2017年、春を探して独り彷徨う・3

今夜の画像は・・・
♪赤いスイトピー!♪
もとい
♪赤いサルビア!♪
は季節も時代も・・・(笑)
ならば
♪赤いハイヒール!♪
いやいや・・・
若いのPEKEならば・・・
♪(青い空と、白い雲と、赤いヤッケのあの娘と・・・♪
でも本当は
青い空!赤いハイビスカス!そして白いオオゴマダラ!
しかしオオゴマダラはハイビスカスには・・・
♪きっと君は来ない・・・♪
話をもとに戻そうではないか!
今日の画像は・・・
赤井秀和
ちゃうちゃう
赤井万作
ん・
赤いマンサクである(笑)
c0062511_19553074.jpg
c0062511_19561613.jpg
c0062511_19570731.jpg
c0062511_19580486.jpg
↑の黄色い、ノーマル?なマンサクを撮影していたら
通りがかりのじいちゃんが
「にいちゃん!マンサク好きか?
 あっち行ったら赤いマンサク咲いてるで!
 行ってみ!」
そう教えてくれたのであった!
そのじいっやんは親切にも
本日の園内における見頃の花の数々を
PEKEに教えてくれたのであった!
感謝!の念、あるのみである!

赤いマンサクは栽培種なのであろうか?
それともどこか遠くて近いお国に分布する野生種なのであろうか?
もしも異国の野生種ならば・・・
やはり異国のウラクロシジミが・・・
中腰で、顔に当たる小枝を気にしながら
レンズを花に触れんばかりに向けながら
頭の中では浮世のゴタゴタを忘れて
妄想の世界に浸るのは
非常に心地よいものがあり
うーん!
これぞリハビリ!って感じかなぁ~(爆)


# by pekeyama | 2017-02-25 20:35 | | Comments(0)

ツマベニチョウの好きな花

リハビリ目的で訪問した伊丹昆虫館は2月10日の画像である。
あいにくの曇り空で、気温も低かった所為であろうか
硝子の城中に舞う蝶の数は少なかったのであるが
何故かツマベニチョウが集まる花があったのである。
ツマベニチョウと言えば即座に思い浮かぶのは真っ赤なハイビスカスであるが
硝子の城中のそれはアジサイのような
でもアジサイとは違う花であった。
♂も
c0062511_20385895.jpg
♀も
c0062511_20410224.jpg
陽が射さぬ間はこのように静止していた。
閉館間際になって西日が射したとたんに活性が上がり
何処からともなく多くのツマベニチョウが現れ、旧蜜に訪れたのであった。
おかげで至福の一時を味わうことができ、良いリハビリになったのであった。
c0062511_20481625.jpg
c0062511_20490364.jpg
c0062511_20494891.jpg
c0062511_20502702.jpg
c0062511_20510633.jpg
で・・・
この花が何と言う名前の花なのか?
結局は知らずに帰って来たのであった・・・
ツマベニチョウが自生する地域にお住いの方は
この花を自宅の庭に植えておけば
きっと沢山のツマベニチョウたちが集まって来るに違いない!
そばにギョボクを植えておけば鬼に金棒であろう!

画像採集地:2017-02-10 伊丹昆虫館



# by pekeyama | 2017-02-21 20:57 | | Comments(2)

2017年、春を探して独り彷徨う・2

早春の花・・
たくさんある・・・・
樹木に限ってみても
ウメ、ロウバイ、サンシュユ、ミズキ、マンサク、ツバキ・・・
片手では足りない!
ということは・・・
早春の花画像だけで一週間分のネタには困らぬという事になる・・・
って、話はそこかい!(怒?)
まぁマイブログであるから
公序良俗に反さぬ限りは
何を書こうが、何を載せようが、構うものか!
カラスの勝手ぢゃ!
という事で・・・
何が出るかと思いきや・・・

マンサクの花である・・・
c0062511_20521081.jpg
c0062511_20530253.jpg
マンサクはウラクロシジミの食樹であり
ウラクロシジミを手に入れたくて仕方がなかった十代の頃のPEKEは
早くにこの樹を知ったのであった。
因みにウラクロシジミの成虫採集はかなったが
卵と幼虫はいくら探しても縁が、もとい実力がなく
飼育の夢はかなっていない・・・
この樹は英語では「魔女の何とかナッツ」というらしいが
それは↑の魁偉とも言える花の形状からみたものなのか?
あるいは↓の奇怪なる実の外観からきたものなのか?
c0062511_21210036.jpg

ここ服部緑地都市緑化公園のマンサクは珍しく大木であった。
通常は灌木である。
よって逆光画像は貴重であると・・・思う・・・
c0062511_21253715.jpg
散りきらぬ葉が、また風情があって、
PEKEはこの時期のマンサクが大好きである!
c0062511_21264896.jpg
そう言えば「まんさくの花」と言う銘酒がなじみの立ち飲み屋に並べてあったような気がする・・・

画像採集地:2017-02-18 服部緑地都市緑化公園



# by pekeyama | 2017-02-20 21:33 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・1

娑婆の風に吹かれて一週間が過ぎた。
何事もなく、平穏無事に過ぎた。
体調は格段に良くもないが、格別に悪くもない。
中国語でいうところの「馬馬虎虎」
マーマーフーフーである。
馬にも見えるし、虎にも見える・・・
まぁ
大阪弁でいうところの「ぼちぼち」でんな!(笑)
体調管理のバロメーターとして
この一週間、
一日六回、欠かさずに血糖値の測定を行い、記録してきた。
空腹時(食前)と、食後(二時間)を毎食毎である。
リゾートでは食前と就眠前の四回であったから
それよりも緻密に計測したわけである。
結果は良好である。
すべて正常値の範囲に納まっていた。
朝食後には、バナナやリンゴの細片を乗せたヨーグルトを楽しんでいた。
夕食後には、チョコレートの欠片を、コーヒーで楽しんでいた。
しかし・・・
感覚的にはエネルギー不足を覚える・・・・
何となく「血潮が踊らない」のである・・・
肉体的にもそうであるが
精神的にもそうである・・・
「焼肉食べ放題&ビール飲み放題」
すなわち「酒池肉林」こそが
この窮地を救いそうではあるが
その善悪については判断が付きかねるのであるが
それよりもまだ
「キャベツ食べ放題」の串カツ屋の方がましであろう事くらいの判断力はある。
何はともあれ
人体実験はこれからも
(勝利の)方程式を発見するまで続けねばならぬのである(笑)
血糖値計測のために
毎回毎回、血の一滴を指先から採取するのであるが
これは血判状作成行為と何ら変わるものではないのである。
指先を針で突いて血を絞るのである。
まるで食事の度に
禁酒の誓いを・・・(笑)
まぁ、人体実験はこれからが・・・(爆)

今日は「服部緑地都市緑化公園」を
春を探して独り彷徨った。
ここは椿のコレクションが有名で
園内の「椿山」と「温室のカメリアコーナー」は有名である。
PEKEは何度もここで採集した椿画像を
「PEKEYAMA氏の椿図鑑」としてアップしている。
今日は
温室は改修工事中で入れず
椿山は少し時期が早かったが
春の花は何も椿ばかりではないのである。
まずは水仙でもアップしてみよう!

一重の水仙
c0062511_22381884.jpg
八重の水仙
c0062511_22390175.jpg
園内のあちこちで群生していた。
新婚時代の嫁ハンと行った伊豆半島・・・
学生時代の娘と行った淡路島・・・
甘酸っぱく思い出した・・・

さて・・・
就眠前、夕食後に時間の
我が赤き血潮は酸いか?甘いか?ショッパイか?
測定結果は134であった・・・
120は超えたが、140は超えていないので
一応は合格である。

画像採集地;2017-02-18 大阪府豊中市 服部緑地都市緑化公園




# by pekeyama | 2017-02-18 22:53 | | Comments(0)

リハビリ開始・2

ウォーキングは無事に終わりました。
しかし・・・
寒い!
普通、身体を動かした後って
身体中の隅々にまで血液がいきわたり
熱く、軽く、爽快な気持ちになるものでしょうけれど
やはり基本的には調子が良くないのでしょうねぇ~
冷たく、重く、気分は晴れません。
一応は「動ける!」って言う安堵感は感じましたけれど
冷たくて思い身体は
毛屋へ帰ってお風呂に入っても癒えませんでした(泣)

そこで・・・
午後は伊丹昆虫館の温室へ出かける事にしました。
「暖かい場所で、好きなものと・・・」
って言う下心も大きい事は否みませんが
主たる目的は
「長時間の立仕事に耐えられるか否か?」の検証です!(笑)
まずは徒歩+電車+バスによる1時間の移動
そして連続12時間、立ったままの撮影
その後再び1時間の移動
果たして普段は何でもない事に
今の身体が着いてこれるのか否か?
「温室でチョウ」は自らぶら下げたニンジンにすぎません(疑)

平日の温室は訪れる人も少なく閑散としていました。
雪もチラつこうかという天候ゆえ陽も射さず
温室と言えども気温は低く、薄暗かったです。
c0062511_19171193.jpg
当然、チョウの数も少なく・・・
再び暗鬱な気持ちに陥ったのでした・・・
それでも「焦らない」と誓って帰還したPEKEですから
「こんな日もある」と
とりあえずはオオゴマダラにレンズを向けたのでした(笑)

静止
c0062511_19242787.jpg
訪花
c0062511_19265755.jpg
逆光
c0062511_19275935.jpg
c0062511_19283225.jpg
交尾
c0062511_19231493.jpg
画像採集地:2017-02-10 伊丹昆虫館


# by pekeyama | 2017-02-11 19:29 | | Comments(0)