人気ブログランキング |

夢か?現か?幻か?

♪踏切の傍に咲く コスモスの花揺らして・・・♪
いえいえ、この日は・・・
池の傍に咲く コスモスの花見つめて・・・(笑)

水面と空面・・・
さて・・・
撮った本人にも・・・
区別がつかない!!!
夢か?現か?幻か?_c0062511_22152303.jpg

夢か?現か?幻か?_c0062511_22160566.jpg
画像採集地:2020-10-18 豊中市 服部都市緑化植物園


# by pekeyama | 2020-10-21 22:17 | | Trackback | Comments(0)  

先週の金曜日は誕生日パーティーだったのぢゃ

先週の金曜日は
なじみのお店の常連さんのマドンナの
何回目かは知らないけれど
お誕生日のパーティーだったのぢゃ
先週の金曜日は誕生日パーティーだったのぢゃ_c0062511_21521997.jpg
美女と野獣軍団ぢゃ(笑)
先週の金曜日は誕生日パーティーだったのぢゃ_c0062511_21532891.jpg
画像採集地:2020-10-16 大阪市北区某所



# by pekeyama | 2020-10-20 21:55 | 美女 | Trackback | Comments(0)  

タイトルと表紙だけで買っちゃいました(笑)

会社からの帰り道
久しぶりに本屋さんへ寄りました
何となく
新たな出会いの予感がしたんですよね
でもって見事に予感は当たり
こんな新書に出会ってしまいました!!!
タイトルと表紙だけで買っちゃいました(笑)_c0062511_21340712.jpg
何のためらいもなく
気が付けばレジに並んでました
まだページは開いていませんが
カバーや帯に書かれた文章だけでも
なんか血沸き肉躍り
♪胸が弾むわ!!!♪

タイトルと表紙だけで買っちゃいました(笑)_c0062511_21400720.jpg
タイトルと表紙だけで買っちゃいました(笑)_c0062511_21403834.jpg
タイトルと表紙だけで買っちゃいました(笑)_c0062511_21410359.jpg
光文社新書
以前にも蝶の標本商が書いた本を出していた

なかなかやるなぁ~

# by pekeyama | 2020-10-20 21:44 | | Trackback | Comments(0)  

続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・

あれは・・・
今を去ること41年前の秋・・・
南の島の青く澄んだ空の下の話である・・・
その島の名は山猫で有名な西表島・・・
白浜小学校の裏に・・・
シュクシャと言うショウガ科の花が自生する湿地があった・・・
ちょうど花盛りの頃で・・・
辺り一面にシュクシャの花の得も言えぬ甘い香りが漂っていた・・・

このシュクシャの花を食べて育つ蝶がいた・・・
その名をシロウラナミシジミと言い・・・
当時は迷蝶と言って・・・
時たま台風に飛ばされて南方からやって来る蝶であった・・・
そのシロウラナミシジミが・・・
当時・・・
風の噂で・・・
西表島で採れているらしい・・・
と、小耳には挟んでいた・・・

で・・・
シュクシャの花咲く湿地の奥に・・・
一頭の見慣れぬ蝶が一頭・・・
ヨタヨタと飛んでいた・・・
思わず脛までつかる湿地に足を踏み入れ・・・
背丈ほどあるシュクシャの葉を描き分け・・・
湿地の奥へ突入した!!!
首尾よくネットインしたその蝶は・・・
ボロボロではあったが・・・
シロウラナミシジミの♀であった!!!

これは絶対に産卵している!!!
幼虫がこの辺り一面の花の中に潜んでいる!!!
そう確信したPEKEは・・・
必死で花を・・・
ちぎっては投げ!
ちぎっては投げ!!!

そしてようやく一頭の中令幼虫をGETしたのであった!!!

話が長くなった・・・・

で・・・
何が言いたい?PEKE!!!(笑)

その懐かしいシュクシャの花と・・・
再会したのである!!!
続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_22013107.jpg
続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_22021785.jpg

続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_22025287.jpg

続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_22031884.jpg

続・紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_22034845.jpg
画像採集地:2020-10-18  大阪府豊中市 服部都市緑化植物園



# by pekeyama | 2020-10-19 22:05 | | Trackback(2) | Comments(2)  

紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・

パリの空の下を流れるのは・・・
セーヌの流れではあるが・・・
グルマンにとっては・・・
オムレツの匂いでもあった・・・

大阪の空の下を流れるのは・・・
淀の流れではあるが・・・
食いしん坊にとっては・・・
ソースの焦げる匂いでもあった・・・

しかし・・・
この秋の・・・
澄み切った青い空の下・・・
流れてくるのは・・・
甘い香り・・・
紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_20553848.jpg

紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_20560901.jpg
紺碧の空の下、甘い香りが流れる・・・_c0062511_20564592.jpg
金木犀の香りであった・・・

高校の学園祭は・・・
いつも10月10日頃でした・・・
我生物部の展示はいつも決まって部員の標本箱でしたから・・・
大した準備は無かったのですが・・・
看板だけは毎年・・・
張り切って作ってました・・・
ある年などは・・・
月刊むし誌のイラストにインスパイアあれ・・
もといパクり・・・
「バタフライ!!!」と叫ぶ半裸の女性のイラストを・・・
模造紙いっぱいに描いたもんだから・・・
(あれは誰が筆を執ったのだろう???)
教員室に呼び出されて注意を受けたような記憶が・・・(笑)
しかし大らかな学風ゆえに・・
看板は学祭中、無事に立っていたような記憶が・・・(笑)

またある年は・・・
生物室の前の庭に植わっていた金木犀の・・・
その満開の花に目を付け・・・
模造紙に木工ボンドで大きく「生物部」と揮毫して・・・
それを満開の金木犀の樹の下に置き・・・
採集網を外した竹竿でシバきまくって花を落として・・・
花文字の看板を仕上げたような記憶が・・・(笑)

画像採集地:2020-10-18 大阪府豊中市

採集データーから判断すると・・・
今年の金木犀の開花は・・・
ちょっと遅いのかな???

で・・・
何が言いたかったの???
PEKE君!!!

嗚呼、いつものオチぢゃ!!!




# by pekeyama | 2020-10-19 21:17 | | Trackback | Comments(4)