月光が好きである。
学校はあまり好きではない。
と・・・
サブイ親父ギャグで始まるのが最近の特徴である。

何故か・・・
ミッションGまで残すところ僅か90日。
その間に「K」と互角にディベートできるように
表現力を鍛えておかなければならぬからである。

いきなり話が見えなくなった。
「K」とは丁半の同級生である。
よく一緒にサイコロを振った仲である。
もとい
「K」とは蝶班の同級生である。
よく一緒にネットを振った仲である。
彼の趣味はPEKEをからかって遊ぶことである。
まことにケシカラヌ奴であるが
昔、彼の下宿でさんざマグロをご馳走になったので
何も言えないのである。
彼は網元の末っ子だったのである。

今日は「月光」をテーマに高尚な話を書くつもりであった。
「月光」
魅力的な言葉である。
♪月の光を背に受けて、仮面に隠した我が心♪
月光仮面のエンディングテーマである。
好きな歌であるが、うろ覚えなのが悲しいぞ。
誰か全部の歌詞を知らないか?

先週の金曜日、
会社の帰り道
煌々と輝くビル街の空に
少し太めの三日月が引っかかっているのを見つけた。
信号や、街灯に負けずに
クールに、静かに、
青く、冷たく光っていた。
c0062511_0233913.jpg
c0062511_0241152.jpg
c0062511_0242053.jpg
c0062511_024315.jpg

満月の夜が楽しみである。
そのときは少しばかりのお酒を飲んで
酔眼朦朧で眺めてみたいと考えている。
そしてそのときに呑むべき酒は
ビールか、焼酎か
ワインか 日本酒か
ホッピーってのも乙でよいかも
悩み多き日々がしばらく続きそうである。
そのときは
誰か隣で一緒に夜空を見上げてくれる女性がいれば言う事なしであるが
贅沢は言うまい・・・

さて今夜も零時を回ってしまった。
書きかけではあるが、寝ることにする。
トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/19163443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pekeyama | 2013-01-21 00:31 | Trackback | Comments(0)