俺は待ってるぜ

c0062511_22494369.jpg

さてさて君は何を待つのかな?
♪チャラララララ、ララーン!♪
♪君は何を今、待ち続けるの?街の片隅で、膝を抱えて・・・♪
♪届かないあの手紙・・・それとも愛?♪
いーや。違うぞ!

その昔・・・
俺は待ち続けたものさ・・・
梅雨明け間際の山中で
古い峠道の傍らに
そびえる大きな杉の樹の
梢を見上げて
ひたすら君が
やって来るのを・・・
君の名は・・・
クリソゼフィルス・ヒサマツサニウス
そして今
もうすぐ春がやって来る・・・
僕はひたすら待ち続けるだろう・・・
やわらかき春の光のその下で
古い峠道の傍らに
微笑む小さなお地蔵様の
足元見つめて
ひたすら君が
やって来るのを・・・
君の名は・・・
リュードルフィア・ジャポニカ

でもこんな歌が懐かしい・・・
♪雨に濡れながらたたずむ女性がいる
傘の花が咲く土曜の昼下がり・・・♪

素直じゃないなぁ~
チョコレートが欲しいって・・・
何故言えないんだ!

言えるわけねえじゃん!
俺は美人で優しい先生に誓ったんだ!
もうしません!って???
トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/19233566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by itsuki at 2013-02-05 23:49 x
pekeさん 「何をしません!」って誓ったの?

・・・・・・・・・・
先生のスカートまくりを・・・・とか・・・・・・(笑)
Commented by pekeyama at 2013-02-06 00:04
な・なにをおっしゃるitsukiさま!
もう大人なんですからね!
だから危ない???

酒池肉林な場所には
決して近づきません!

鯨飲馬食?
そんな不経済なことは致しません!

酸いも甘いも噛み分けた苦みばしった良い男に
なってみせると誓ったのぢゃ!

でも先生は
PEKEの血から
甘味と苦味を除去して
粘度と圧力を下げることに
夢中なのです・・・

すなわち・・・
目指すは純水、蒸留水
無味無臭
人畜無害なるも
無ければ誰もが困る
そんなオトコになれと・・・
by pekeyama | 2013-02-05 23:21 | お菓子 | Trackback | Comments(2)