標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑‣6

こんなコミックを手にしています(笑)
c0062511_21263606.jpg

c0062511_21272777.jpg

イニシャルDの続編になるのかな?
藤原拓海の弟子が
(新しい)86を駆って
(新しい)公道最速伝説を作るお話みたいです。
なんかドキドキしちゃうなぁ~(笑)

トミカ・・・
買っちゃった・・・(爆)
c0062511_21533144.jpg

おまけに・・・
BRZまで!!!
c0062511_21541919.jpg


アホやねん!(爆)
c0062511_21564025.jpg

この2台は・・・
どっちが速いんだろう???


by pekeyama | 2018-03-01 22:00 | コミック | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/29343914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kirishimamidori1 at 2018-03-02 08:34
BRZがいいなぁ~♫
今回の86はサイズがデカいから重いよね・・・
4AGの86ほどコンパクトで軽量では無いから
取り回しがイマイチだと思う
Commented by pekeyama at 2018-03-02 21:12
聞く話によると
86はスバルの工場で生産されているとかで・・・
2台は同じ車とか・・・
でも・・・
ボディはともかく
エンジンまで同じなのかなぁ~
トミカの裏側を見た感じでは・・・
同じに思える・・・
86が直4積んでて・・・
BRZがフラット4積んでて・・・
兄弟対決したら・・・
って・・・
現実はスバルの工場で作られているならば・・・
エンジンはどっちもフラット4なんでしょうねぇ~
だとしたら・・・
なんだかチョット・・・
つまんない・・・

Commented by kirishimamidori1 at 2018-03-02 23:52
フラット4でも2000ccはデカいよね
4気筒で1600か1800までがライトウェィトスポーツだと思う 
2000になれば その分馬力が上がるが それに伴い
剛力性だの制動力だの 全てが大きくなり重くなる
そうなると 本来のAE-86から全く違うイメージの車種となり「86」のネーミングに意味が無い
以前、ニッサンでも12シルビアから14シルビアに変った時、2000にして重くなってでかくなって・・・消えた
86も これと同じ道を辿ると思うね
アメ車じゃないんだから・・・大きくてパワーを求めてる訳では無い筈・・・・
コンパクトなライトウェイト/スポーツを望んでると思う
コペンとか・・S660とかが面白いと思う

Commented by pekeyama at 2018-03-04 09:27
「AE86」と今の「TOYOTA86」は
たしかに全く別の車でしょうね。
スバル製のFRのスポーツカーに
自社の昔のヒット車の名前
それもマニアが使う型式名をつけて
昔のファン層を狙って売り出す・・・
商売上手やなぁ~と思います。(笑)

このコミックでは
86が闘う相手は国産車はスカイラインGT-R(R35)だけで
後は「AMG GTS」とか「ランボルギーニ ウラカンLP610-4」とか
「フェラーリ488GTB」とか「アウディR8クーペV10」とか「ポルシェ991カレラGT3」とか
昔で言うところのスーパーカーばっかりですわ(笑)
だから86は非力なんですわ、このコミックの中では・・・(笑)
もうじき発売される第2巻では
藤原拓海直伝のドリフトをNEW86が炸裂させるそうなんで
今からその発売日を楽しみにしているPEKEです(爆)
<< お内裏様とお雛様を探せ! 2018年:PEKEYAMA氏... >>