馬酔木の新芽がお気に入り!

馬酔木の花は
昔から
多分
蝶を始めた中学生の頃から
そして
確実なのは
堀辰雄の小説に出会って
「浄瑠璃寺の春」という短編を読んでから
好きになった

実家の庭先に何本かの馬酔木が植わっていて
その花が咲き出すと
向こうに見える西山まで行けば
コツバメが!
ミヤマセセリが!
ツマキチョウが!
ひょっとしたらギフチョウが!
十三歳のPEKEの心は
大いに騒いだものでした!
あんな心のときめきは
いくら酒を飲んでも取り戻せない・・・
寂しい話です・・・

しかし・・・
先週の日曜日・・・
馬酔木の新芽を見て・・・
ちょっとだけ元気になりました(笑)

きっかけは
真っ赤な新芽!!!
c0062511_23010733.jpg
そして・・・
早緑の新芽・・・
c0062511_23022077.jpg
橙色の新芽・・・
c0062511_23033079.jpg
なんか無性にコツバメに会いたくなってきた!

画像採集地:2018-04-15 西宮市立北山緑花植物園


トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/29446113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pekeyama | 2018-04-20 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)

蝶・鳥・花・・・子供の頃に還って切り抜いた風景を放り込みました


by pekeyama