標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

今夜は少し強めの酒を・・・

今朝・・・
パソコンを起動したら・・・
訃報が・・・

若い頃のPEKEは・・・
その女性が歌う・・・
こんな歌が好きでした・・・
♪君が好きな強い酒
 浴びるほどに飲み明かした
 長い夜があった
 寂しく二人眠った始発の電車
 陽射だけが眩しくて
 話す言葉も無かった
 優しく色褪せてゆく
 青春たち・・・♪
だから今夜は・・・
いつもより強い酒・・・
「角ハイボール濃いめ」(笑)を飲んでます・・・

就職して
東京支店で営業に配属されたのが
思い返せばちょうど今の季節でした・・・
そして半年もたたずに
冬が来る前に
見事に
関西に居た彼女にフラれて
そんな時・・・
残業終えて
終電降りて
こんな歌を口ずさみ
独りアパートへ・・・
♪古いコートの襟立てて
 二十四の春 生きるすべなく・・・♪
或いは
♪美しい明日についても語れず・・・
せめて最後にラストワルツ・・・
アン・ドォ・トロゥ!
アン・ドォ・トロゥ!
アン・ドォ・トロゥ!
アン・ドォ・トロゥ!♪

強い酒は良く回る!!(爆)

強がるのは止めて・・・

合掌・・・



by pekeyama | 2018-06-12 21:43 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/29552020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2018年・PEKEYAMA氏... 「花の色」或いは「花の命」 >>