標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

缶詰からの脱出!

月曜日の朝
PEKEは自らが担当する
4年越しの現場の
竣工検査に立ち会うべく
阪急京都線の車中で
ぐっすりと眠っていました・・・
まるで森田童子の歌う「早春賦」のように・・・
すると・・・
電車の振動に包まれた心地良い眠りが・・・
ドカン!
嫌な振動があって・・・
次の瞬間・・・
車内は携帯電話のアラーム音で満たされ・・・
電車は急停止して・・・
上ずった声の女性車掌の・・・
たどたどしいアナウンスが・・・

結局・・・
2時間ばかりの缶詰を経験しました(笑)

電車乗る前におしっこ行っといてよかったぁ~
普段はそんな事ないんやけれど・・・
これって・・・
やっぱり・・・
虫の知らせ???(笑)

地震発生による運転見合わせ・・・

で・・・
脱出風景です!
c0062511_20261015.jpg
車両の最後尾から
救出専用と思しきアルミ製の階段で
線路に降りました

最後尾は車掌室のはずですが
緊張した声でアナウンスをしてるはずの女性車掌は
声はすれども姿は見えず
ちょっと謎が深まりました(笑)

線路に降りた後は踏切まで歩いて
脱出完了なのですが
c0062511_20363414.jpg
いきなり見知らぬ住宅地に案内されても
ガラケー愛用者のpekeは
「ここは何処?」

結局・・・
スマホを見ながら歩きだした女性の後ろをつけて・・・
JR千里丘駅に辿り付きましたが・・・

貴重な体験をした一日だったと・・・
日記には書いておこう!(爆)

画像採集地:2018-06-18 大阪府茨木市丑寅




by pekeyama | 2018-06-19 20:39 | 鉄道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/29586062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ミーハー at 2018-06-20 08:49 x
エレベーターの仕事は特需にわくのかな?


Commented by itsuki at 2018-06-21 08:11 x
お疲れさまでしたね
でも 貴重な体験をされたと思いますよ
Commented by pekeyama at 2018-06-21 21:45
ミーハー様、こんばんわ!
エレベーター屋さんは大忙しです!
何故ならば
少なくとも築20年より新しい建物の
エレベーターには
地震管制運転装置というものが装備されており
地震が来ると
エレベーターは最寄りの階で停止して
運転を休止するようになっています。
地震の揺れを感知するセンサーが2個設置されています
つまり
弱い地震と
強い地震を
2段階に分けて感知する為です。
で・・・
弱い地震の時は
一定時間が過ぎたら
エレベーターは自動的に平常運転に復帰します。
強い地震の時は
エレベーターが壊れている事も予想されますので
エレベーター技術者による手動復帰しか出来ません。
今回の地震では
ほとんどのエレベーターが手動復帰が必要でした。
この作業は月々の保守点検料金の中に含まれていますから
忙しいけれど
新たにお金をもらえるお話ではないので
特需とは言えないです・・・
地震発生当日は
電話が繋がりにくかった事もあり
随分と混乱もしました・・・
PEKEも10年以上も前に
新築工事でお世話になったお客様から
「あんたに御世話になったエレベーター
 地震で停まってしもたんやけど
 どないしたらええんやろ・・・」
自らが
エレベーターならぬ電車の中に
缶詰となっている最中に数本かかって来ました・・・
週が明けたら早いうちに
ご挨拶に行かなきゃなぁ~



Commented by pekeyama at 2018-06-21 21:51
itsuki 様、こんばんわ!
ほんま疲れましたわぁ~
面白かったけどね・・・(笑)

いよいよガラケーを捨て
スマホに装備の更新を
真剣に考えないと・・・

<< 刑務所のアオスジアゲハ 2018年・PEKEYAMA氏... >>