お前、こないだと全然態度がちゃうやんけ!

実は先週も
アサギマダラに逢うべく
今日と同じ場所に、同じ時間帯にいて
同じくツマグロヒョウモンの♂の
同じく藤袴の花での吸蜜画像を撮ったのですが・・・

先週はなかなか翅を開いてくれへんかったのに
今日は「開け!開け!もっと開け!」
出血大サービスのパチンコ屋(あるとは思えないが)の
チューリップも(@_@)の
開きようdやおまへんか!(笑)
c0062511_22572526.jpg
c0062511_22582522.jpg
逆光も綺麗だったなぁ~
c0062511_23004168.jpg
ヒョウモンチョウだけに
態度が豹変しても不思議はないのか?
いや
女心ならいざ知らず
何か理由があるに違いない!

先週と違うのは
違っていたのは
異なる条件は

気温と湿度と日照か・・・
先週は曇っていて蒸し暑く
今日は晴れていてからっとしていて涼しく

単純に考えると・・・
今日は気温が低いから
翅を拡げて太陽エネルギーで体温を上げようとしていた・・・
早い話が日光浴やね(笑)

でも・・・
開いた翅の表面の温度は
確かに太陽光線で上昇擦るであろうが
熱を要求しているのは
胸部の筋肉だったりするはずで
翅で得た熱はどうやって胴部へ伝えられるのか?
翅脈の中に血液が流れていて
熱い血がその役割をはたすのか?
でも・・・
血が流れていたら
アゲハチョウなんて
尾状突起が折れただけで
失血死しそうなものであるが・・・

うーん・・・
オチを求めて三千文字???

やっぱ本調子やないなぁ~(爆)

画像採集地:2018-10-13 京都市中京区


トラックバックURL : https://pekeyama.exblog.jp/tb/29794173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by pekeyama | 2018-10-13 23:22 | | Trackback | Comments(0)