標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2018年 04月 01日 ( 1 )

実家の枝垂れ桜

3月実最後の日
実家でお花見をした。
お袋自慢の
庭の枝垂れ桜が
満開であった。
昨年の剪定が効をなしたか
今年は例年になく花を沢山付けた
そして
今年は例年になく花が早く咲いた。
c0062511_09192912.jpg
PEKEの中学入学祝いに植えられた桜である。
当時はPEKEの背丈にも満たぬ小さな桜であったが
今や2階の屋根も越そうかと言う位の大木である。
2階の窓からの眺めが
これがお袋自慢の眺めである。
c0062511_09305951.jpg
もちろんダイニングから
縁側のガラス窓越しの眺めも
これまたお袋自慢の眺めである。
c0062511_09403570.jpg
お袋曰く
この枝垂れ桜は
満開よりも咲き始めの方が
風情があって「いとおかし」だそうである。
なぜならば
蕾は薄紅色で
咲くと白くなって「いとわろし」だそうである。

画像採集地:2018-03-31 京都市西京区


by pekeyama | 2018-04-01 09:46 | | Trackback | Comments(0)