人気ブログランキング |

カテゴリ:蝶( 1313 )

一網打尽

ネットの時代・・・
よく夢に見ていたのは・・・
一網打尽!!!(笑)

保育社の生態図鑑で見たミヤマカラスアゲハの集団吸水シーン
海野和男の写真集で見たアカエリトリバネアゲハの集団吸水シーン
ミッションUNKMSで見たレーズン大サービスの大盛りカレーの如きトラップ
独り旅した真夏の北上川のイギリス海岸の胡桃林の下草で大発生していたゴイシシジミ
バイブル・新しい昆虫採集地案内に記されていた飯盛山のブッシュを叩くと無数に飛び出るミドリシジミとミヤマカラスシジミの話

で・・・
何が言いたかったの?PEKE君!

♪巡り合う時が、二人遅すぎた・・・♪
♪貴女と会うのが遅すぎたために・・・♪
---
c0062511_22071916.jpg
c0062511_22075596.jpg
ネット時代に出会いたかった風景です(爆)

画像採集地:2019-01-03 伊丹昆虫館



by pekeyama | 2019-01-05 22:11 | | Trackback | Comments(0)

斜め上45度逆光開翅

長かった正月休暇も明日で終わりである・・・
で・・・
正月休暇の次のお楽しみが・・・
京都で開催される
秘密結社「斜め上45度逆光開翅友の会」の
もう10回は超えたであろう総会である!!!

一年の計は元旦にあり!!!

今年のPEKEのテーマは・・・
やはり・・・
相も変わらず・・・
「斜め上45度逆光開翅」であろうか???
ネットをカメラに持ち替えた頃・・・
ヤマトシジミですら
このテーマで追い求めていたが・・・
まぁあの頃の熱い気持ちを忘れずに・・・
って・・・
ブログには書いておこう!!!(爆)

早速・・・
硝子の城で・・・
自主トレを開始したのであるが・・・
こんな逆光開翅もありかなぁ~
c0062511_21221627.jpg
c0062511_21233696.jpg
本当は・・・
九州でも
屋久島でも
奄美でも
沖縄でも
八重山でも
何処でも良いけれども
南の島の
真っ青な空を背景に
撮ってみたいものですなぁ~

画像採集地:2019-01-03 伊丹昆虫館

因みに
独逸ではJAZZの事をCLASSICに比して
「斜めの音楽」って言うらしいです・・・
ニュアンス的には
「外した」「変わった」「正統ではない」
そんな意味が感じられて
なかなk興味深いのですが・・・

そう言う意味で・・・
「斜めの会」・・・
絶妙なるネーミングやと思います(爆)


by pekeyama | 2019-01-05 21:34 | | Trackback | Comments(0)

硝子の城の大広間では盛大なパーティーが・・・

新年である!
彼方此方でパーティーが催されているはずである!
パーティーと言えば
♪束ねた髪にカトレア!
 小粋に飾ってにっこり!
 背中の開いたドレス!
 グラスを片手にスイング!♪

そして・・・
貴女の髪に飾られたカトレアに誘引された
漂うオオゴマダラが一匹・・・
c0062511_21334783.jpg
c0062511_21362150.jpg
c0062511_21364940.jpg
ちゃんとベロチューしているぞ!(笑)
でも・・・
カトレア以外は・・・
お好きでない???
c0062511_21412733.jpg
カトレアの蜜の味って・・・

味わってみたいような、みたくないような・・・

画像採集地:2019-01-03 伊丹昆虫館



by pekeyama | 2019-01-04 21:46 | | Trackback | Comments(0)

とりあえずオオゴマダラ

何故か懐かしいタイトルである
デジャヴ感を感じるタイトルである(笑)
トリビア感たっぷりのネタである(爆)

一年の計は元旦にあり!
そう学校で教わってきた・・・

そして・・・
元旦の朝
おせちを肴に冷酒を飲みながら
蝶仲間達からの年賀状にプリントされた
昨年一番と思しき画像を眺めていると
60回目の今年こそは!!!
ちょっと奮い立ってしまった(笑)

だから・・・
とりあえずお手軽に・・・
伊丹昆虫館の蝶温室へ出かけた(爆)

で・・・
蝶温室と言えば・・・
まずは
もとい
とりあえずは
オオゴマダラである!!!(笑)
c0062511_19073188.jpg
c0062511_19080917.jpg
いつか近いうちに
青い空と海を背景にした
オオゴマダラ画像を採集してみたいものである
そうそう
1年の計は元旦にあるのぢゃ!(爆)
きっと半年位禁酒したら
旅行代だって余裕だぜ!!!
って・・・
いかん、いかん
無理な企てはいかんがに!!!

ところで
硝子の城の住人達であるが
ここ数年
種類が大きく減っていて面白くないのである!!!
多分・・・
お城から逃げ出したとしても
周囲の生態系に影響が出ない種類しかいないようである
リュウキュウムラサキはサツマイモを食べるから
シロオビアゲハはミカン類を食べるから
かな???
PEKEはリュウキュウムラサキに会えなくなったのが
とても寂しい・・・(泣)

画像採集地:2019-01-03 伊丹昆虫館



by pekeyama | 2019-01-04 19:38 | | Trackback | Comments(2)

硝子の城では誰も振り向かないけれど、青春時代に憧れた蝶なんだぞ!

硝子の城の人気者は
やはり
オオゴマダラである・・・
PEKEはその事については・・・
異議は全くない!!!
しかし・・・
足元を舞うこの可憐なタテハチョウの存在に
人は何故気が付かないのか!!!
c0062511_19373446.jpg
c0062511_19381471.jpg
カバタテハ・・・
1970年代の終わり・・・
ヤイマでこの蝶採った人は・・・
ヒーローだったのになぁ~

画像採集地:2019-01-03 伊丹昆虫館

by pekeyama | 2019-01-03 19:41 | | Trackback(2) | Comments(2)

レストラン「ツワブキ亭」

とてもお洒落なレストラン街なのですが・・・
c0062511_17285013.jpg
閑古鳥が鳴いていました・・・

お客様は・・・
一人きり・・・
c0062511_17310160.jpg
まぁ・・・
近所に洋風の明るいお店が沢山ある地区ですからねぇ~
なんせ・・・
植物園ですよってに・・・(爆)

画像採集地:2018-11-03 西宮市立北山緑化植物園 

by pekeyama | 2018-11-04 17:36 | | Trackback | Comments(0)

平成30年版・洛中アサギマダラ・第十一章


軽い機敏な子猫何匹居るか
いきなり何?
何が言いたいの?
PEKE君!!!

1976年6月中旬の
とある月曜日の朝・・・
渾身の思いを込めて記した文の
その結果がこれでした・・・
まぁ
一行に要約すれば・・・
「君が好き!」

今宵も「アンデスの風」で
魂を風に解き放っている!!!
お供は
「ホヤの刺身」である!!!
相手は
我が灰色の脳髄は
もとい
画像エンジンは
東北美女の佐々木希を
チョイスしたようであるが

話が逸れた!!!
まぁいつもの事であるから
心配はない・・・かな???(笑)

「軽い機敏な子猫何匹居るか」
平仮名表記だと
「かるいきびんなこねこなんびきいるか」
要は
上から読んでも「山本山」
下から読んでも「山本山」
っやなかった・・・
右から読んでも「トマト」
左から読んでも「トマト」
これは初級編!!!
中級編は「新聞紙」
上級編は「竹藪焼けた」
だから(@_@)されても不思議はない!
プロ級編の書き出しだから・・・(爆)

43年前に言いたかったのは
「君が好き」

今夜言いたかったのは
「この日、境内には何匹の
 もとい
 何頭の
 アサギマダラが舞っていたのか?」

結論から言おう!(キリッ!)
一目三頭であった!

証拠画像は
一押し40ショット!!!
もとい
一押し2頭・・・(笑)
c0062511_21023018.jpg
c0062511_21042059.jpg
c0062511_21050210.jpg
何だかデジャブ・・・
c0062511_21081843.jpg
嫁ハンよりも付き合いの長いN先輩の予言通りに・・・(爆)

さすがです!
N先輩!!(爆)





by pekeyama | 2018-10-26 21:12 | | Trackback | Comments(0)

平成30年版・洛中アサギマダラ・第十章

色々なテーマを掲げては・・・
アサギマダラを撮って遊んだ!!!
そしてそれをアップロードしては・・・
ブログを更新してストレス解消した!!!
あと一日で週末である!!!
あと一日・・・
大丈夫!!!
アサギマダラ画像なら・・・
まだある!!!(笑)

今夜はちょっと訳ありで
とても上機嫌なPEKEである(笑)

酒は・・・
「アンデスの風「」なる・・・
アルゼンチン産の白ワイン・・・
シャルドネ・・・
肴は・・・
「海のパイナップル」なる・・・
青森県産のホヤ・・・

本当は・・・
風を解き放つべきは・・・
東北の地酒であるべきだが・・・
これは・・・
納得がゆくまで・・・
交配実験・・・
もとい・・・
マリアージュの組み合わせを・・・
試すべきであろう!!!(爆)
実験の助手(お酒のみの美人に限る!!)を・・・
募集したいものである・・・
何故か???
うちのカミさんは下戸であり・・・
ホヤは・・・
ご飯のトッピングとして消費されたのであった・・・
それはそれで・・・
美味しい!!!っていう共通の感想があり・・・
全然問題は無いのであるが・・・
色気がないと思いませんか???(笑)
まぁ・・・
「(古)女房酔わしてどうするの?」
(古)は余分か・・・
それに・・・
あれは大原麗子やから・・・
だから???
どうした???

んんん???
アサギマダラ・・・
いずこへ???(笑)

二週間・・・
引っ張りに引っ張ってきた「洛中アサギマダラ」シリーズであるが・・・
何故か誰も突っ込んでくれない・・・
「PEKE!
 美女とのコラボはどうした!!!
 早く出さんかい!!!」

まぁ・・・
全て・・・
「後ろボケ」と言うゲージツ的手法を採用した故に・・・
「美女は何処や!」と・・・
ツッコむ
もとい
スゴむ
真面目な御仁も現れそうである・・・(笑)

かと言って・・・
前ボケにしたら・・・
PEKEのセンス
或いは
PEKEの好みが疑われかねず・・・

さらに言えば・・・
生態図鑑風に撮れば・・・
万が一PEKEの好みが良かった場合・・・
主題は「アサギ?」「美女?」と
激しい議論が闘わされ
世の平和を乱しかねない!!!

これだけ前置きが長ければ・・・
さしものK君も
「早く出さんかい!」と言うう前に
飲み過ぎで寝落ちしているだろう!!!


誰を舞っているのだろうか?
Gパンに帽子に鞄・・・
ひょっとして・・・
駆け落ち???
でも・・・
腰に両手を当てて・・・
そこはかとなく・・・
「早く来んかい!!!」
お怒りモードを感じませんか???(笑)
c0062511_21505066.jpg
いやぁ~
アサギマダラを撮影する者同士・・・
眼が会っちゃいましたねぇ~
お互いもう少し若ければ・・・
恋に落ちてしまったかも???(爆)
そう・・・
僕が18・・・
君が17・・・
いや・・・
僕が18・・・
貴女が20・・・
って・・・
何年前の話や!!!
c0062511_21582611.jpg
でも・・・
後ボケながら・・・
笑顔がとてもチャーミングですよね・・・


これは後ろ姿が・・・
♪ついて行きたい!
 貴女の後を!
 振り向かないで!
 京都のひと♪
とても可愛らしい女の子と
とても美しいお母さんでしたよ!
気が弱いPEKEは・・・
♪うまく愛は語れなかった・・・♪
もとい
上手くツーショットは撮れなかった・・・(泣)
c0062511_22044910.jpg
美女3人による素敵な演奏会・・・
気付くのに遅れて
撮影ポジションが確保できず・・・
(早くからスマホを構えたオッサン数人・・・・)
c0062511_22114523.jpg
右端のヴォーカルの女性・・・
マヂキレイだったっす!!!
最高っす!!!
もとい
再掲っす!!!(爆)
c0062511_22164415.jpg
画像採集地:--2018-10-13 京都市中京区 革堂行願寺

by pekeyama | 2018-10-25 22:21 | | Trackback | Comments(0)

七福神とツマグロヒョウモン

アサギマダラを追いかけた
洛中の革堂行願寺には
七福神の石像が並んでいて
七福神の名前を染め抜いた七色の幟が立っており
その前にフジバカマの鉢が並べてあった
c0062511_21144909.jpg
c0062511_21171985.jpg
本当は
七福神とアサギマダラってテーマで迫りたかったのであるが
何故か・・・
七福神の前のこの一角は
ツマグロヒョウモン♂ばかりが占有していて
アサギマダラに関しては
思い通りの画像が採集できなかったのである・・・
まぁ来シーズンの課題やね!(笑)

で・・・
アサギマダラが出て来ない時は・・・
ツマグロ君に遊んでもらってました・・・(笑)
c0062511_21255694.jpg
c0062511_21265978.jpg
c0062511_21274577.jpg
画像採集地:2018-10-13 京都市中京区 革堂行願寺

平安時代には
ツマグロヒョウモンは・・・
いなかっただろうなぁ~
でもでも・・・
ミドリヒョウモンとか
メスグロヒョウモンとか
ウラギンヒョウモンとか
フジバカマに群がっていたんやないやろか?
ひょっとしたら・・・・
オオウラギンヒョウモンだって・・・

PEKEは10年程前の秋に
鴨川べりに咲く
セイタカアワダチソウで吸蜜する
ミドリヒョウモンの♀を観察した事があります!!!



by pekeyama | 2018-10-23 21:38 | | Trackback | Comments(0)

平成30年版・洛中アサギマダラ・第九章

今宵も又・・・
飽きもせず・・・
アサギマダラ画像である・・・
それも・・・
昨夜に引き続き・・・
ポイント画像である・・・(笑)
今夜のポイントは・・・
上御霊神社である・・・

神社と言えば・・・
まずは朱塗りの鳥居さんである!!!
c0062511_20140247.jpg
そして・・・
本殿の前にある舞台・・・
c0062511_20163836.jpg
後は・・・
境内のあちらこちら・・・
c0062511_20180955.jpg
c0062511_20194057.jpg
PEKEの密かな企みは・・・
京都御所・・・
紫宸殿の「右近の橘」に・・・
吸蜜或いは産卵に訪れるナガサキアゲハ画像の採集である!!!
鳴くよ鶯、平安京・・・
右近の橘にナガサキアゲハは来なかったであろうが・・・
クロアゲハはどうだったであろう???
ひょっとしたら・・・
左近の桜に・・・
ギフチョウが・・・・

そう言えば・・・
昭和30年代には・・・
相国寺と同志社大学の境界辺りには・・・・
ジャコウアゲハが舞っていた・・・
そんな話を中学校の生物部顧問であったK先生から聞いた記憶がある・・・

或いはあれは月刊ムシのギフチョウ特集の記事であったか・・・
京都市内のギフチョウの古い記録の話の中に・・・
市電の窓から道沿いを飛ぶギフチョウを目撃する話があった様に記憶するが・・・

二週間前・・・
GFのKちゃんから徳島産のカボスを沢山もらった・・・
だから・・・
「いいちこ」を「南アルプスSPARKLING」で割った酎ハイに
カボスを絞り入れて・・・
風に魂を解き放っている!!!

フジバカマは秋の七草にラインナップされている。
今は絶滅危惧種だそうであるが
紫式部に縁のある花として
藤袴祭が開催される位であるから
平安の昔には
都のあちこちに咲き乱れていたものと思われる・・・
だとすれば・・・
沢山のアサギマダラが・・・
秋になれば都中で見られたのではないか???
しかし・・・
これだけ優雅な蝶が・・・
和歌に詠まれていないのは何故なんだろう???
恋する想いを託するには
ちょうど良い存在ではないか???

空想の
或いは妄想の世界で遊ぶのは楽しいものである(笑)


by pekeyama | 2018-10-23 21:00 | | Trackback | Comments(0)