カテゴリ:本( 152 )

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑‣5

c0062511_23344141.jpg
引き続き、花房観音ワールドにはまっています。
本作は彼女のデビュー作
第一回団鬼六賞の大賞受賞作です。
ちなみに
団鬼六は病をおして授与式に出た後に
間を置かずにこの世を去ったので
この世で唯一の受賞作です。
300頁ほどの
そう厚くもない文庫本ですが
読むのに二週間もかかったのは・・・
女子学生やOLの多い通勤電車の中では・・・
やはり・・・
あけっぴろげに読めなかったから・・・(笑)

はまった大きな理由は・・・
物語のエロさよりも・・・
物語の舞台が京都やからです!!!
きっと!!!

例えばこの作品は・・・
京都の老舗和菓子店で修業する
うら若き女性が主人公です・・・

さて・・・
明日からは・・・
どの作品を読もうかな???(笑)


by pekeyama | 2018-02-23 00:02 | | Trackback | Comments(0)

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑‣4


c0062511_22442380.jpg


今週の通勤の友はこの本です!
赤い帯に記された中身はこんな感じです!
c0062511_22505155.jpg

京都は怖い街らしいです・・・

で・・・
赤い帯を解いてみました・・・(笑)
そこに現れたのは・・・
白い桃の様な**でもなく・・・
若草の様な**でもなく・・・
c0062511_23004067.jpg

2頭の蝶でした・・・
どうやらアサギマダラのようですね!
c0062511_23030368.jpg

だからどうした?
いえ・・・
どうもいたしませんが・・・
なかなかユニークな観光ガイドでもあるし・・・
それより
なにより
花房ワールドを楽しむ為の解説本ですなぁ~








by pekeyama | 2018-01-29 23:09 | | Trackback | Comments(0)

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑・3

先日、久しぶりに覗いた神戸は元町の
古本屋で古い昆虫図鑑をGETした!
c0062511_21183799.jpg

小学館の学習百科図鑑の第2巻
「昆虫の図鑑」である!
しかし・・・
PEKEが愛読していたものとは表紙が異なる・・・
PEKEのはたしか・・・
表がアザミで吸蜜するスジグロシロチョウで・・・
裏が樹液を吸十するオオスズメバチであった・・・
裏書を確かめると
本書は
初版が昭和46年で
手に入れたのは昭和61年発行の第13刷である・・・
昭和46年はPEKEが中学校に入学し
生物部に入部し、蝶班に入り
ふしみや君と出会ったとしである・・・
図鑑は親にねだって・・・
梅田の紀伊国屋書店で・・・
保育者の、いわゆる「横山図鑑」を買ってもらい
小学館の学習百科図鑑から乗り換えた年である!
そして・・・
昭和61年は大学を卒業して6年目・・・
蝶の世界からは足が遠のいていた時期である・・・
そんな事を思い乍らページをくっていたら・・・
やはりPEKEが愛読していた頃には載っていなかった虫がいた!
まずはチョウでは・・・
c0062511_21381617.jpg

c0062511_21385182.jpg

ベニモンアゲハである!
南からの迷チョウが八重山諸島に土着したのは・・・
たしか昭和50年前後ではなかったか?
子供の図鑑に載っている!

それからこいつ!
c0062511_21422819.jpg

c0062511_21433155.jpg

サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲである!
PEKEが手にした横山図鑑でも
まだキマダラヒカゲとして扱われていた様な記憶がある・・・
中学二年生の時に出版された保育社の生態図鑑では
はっきりと2種に分けられていた。
そしてとどめはコガネムシから・・・
c0062511_21522237.jpg

c0062511_21524745.jpg

ヤンバルテナガコガネである!
昭和59年に発見というか・・・
新種発見!って発表された!
当時PEKEは新人営業マンとして
きわめてキツい日々を
昆虫とは無縁で送っていたが
新聞記事でこの世紀の大発見を知り
あわてて「月刊むし」を買いに本屋へ走ったのであった(笑)

まぁこれを読書としてカウントするのは
ちょっとインチキかもしれぬが
「本」には違いないからええんちゃう?(笑)

それから裏表紙を忘れていました!
c0062511_22120464.jpg

ウマノオバチの産卵シーンですねぇ~
ん?
元の持ち主の名前が・・・
書体から見るに、多分親御さんが書かれたんでしょうねぇ~
新品と同じ状態ですから
彼は多分・・・
昆虫少年bンではなかったんだろうなぁ~

by pekeyama | 2018-01-28 22:19 | | Trackback | Comments(2)

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑・2

本屋さんのカバーを・・・
外すと・・・
剥くと・・・
脱がすと・・・
剥がすと・・・
「あぁん!」
c0062511_23025329.jpg

解説しよう!
この本の中身は・・・
女の修羅と華を京の四季とともに抒情豊かに描く・・・
性愛小説の傑作!!!
たしかに・・・
書き出しの数行目・・・
一月末の京都大原・・・
宝泉院の蹲に張った氷に触れるシーン・・・
その描写が・・・
「珠子は人差し指で、氷にふれる。
 薄く紅色の唇から吐く息が白い。」
これだけで見事に引きずりこまれました!
花房観音ワールド!

通勤電車の中で・・・
ついつい昨夜の続きを・・・
そうでなくても寝不足の目をこすりつつ・・・
開く頁を・・・
隣の席のOLさんとか
ましてや女子高生に・・・
のぞき見されていたらばメチャクチャ恥ずかし・・・
性愛小説と呼ぶにふさわしいページが沢山ありますからねぇ~

そやけど・・・
マジで・・・
この冷え込む季節の中・・・
大原へ行ってみたくなりました・・・(笑)

疎やけど・・・
中国人の団体さん・・・
ひょっとしてようけ来たはる?
だったら止めとこ!(笑)


by pekeyama | 2018-01-25 23:33 | | Trackback | Comments(2)

2018年:PEKEYAMA氏の読書図鑑・1


告白しよう!
君が好きだ!
もとい
黄身が好きだ!
ただし半熟の・・・
やなかった
読書が好きだ!
死ぬほど好きだ!
だから・・・
老眼は辛い・・・

で・・・
今年は何冊の本を読むのか・・・
ちょっと真面目にカウントしてみたいと・・・・(笑)

別に読後の感想を独語で記そうなどと・・・
そんな大それた事はドッコにもありません(笑)
でも・・・
大昔・・・
大好きだった女の子を自室に招いて・・・
本棚を見てもらった時の・・・

話が逸れた!
何時もの事だ!

第一弾はこれ!
c0062511_20572607.jpg
紹介文によると・・・
「女の修羅と華を京の四季とともに抒情的に描く性愛小説の傑作」
だそうです・・・
加えて言うと・・・
平家物語の世界が・・・
物語の根底に流れていて・・・
大人の小説って感じでしたなぁ~

嫁ハン以外の女性に読んでもらって・・・
その読後感を・・・
熱燗徳利の首をつまみながら・・・
尋ねてみたいなぁ~なんて・・・
妄想の世界に・・・(爆)


by pekeyama | 2018-01-22 21:08 | | Trackback | Comments(0)

リゾートへ持って行くもの・4

c0062511_21573980.jpg

2週間…
時間だけは…
「男おいどん」こと大山昇太の如く…
明日の為に今日も寝る!
今日の為に明日も寝る!
有り余っているはずである(--;)
ならば…
書を捨てて街に出れれば文句は無いのであるが…
街へ出られぬ幽閉の身故に…
書を読んでやろうではないか!!(^^ゞ
とりあえず…
本棚の片隅から…
昔懐かしい愛読書を引っ張り出してみました(^^ゞ
でも一冊足りない!!
たしか「愛の無情について」っていうのがアッタはずであるが…
まさか「これ読め!」って…
当時の彼女に上から目線で突き付ける様に渡したとか?
天地神明に誓ってそれは無いのです!!
今も昔も、本とお金だけは絶対に人には貸さない私です(^^)v
by pekeyama | 2017-01-24 21:57 | | Trackback | Comments(2)

大人の絵本朗読会

話は先月の23日の事である。
GFのYUKIちゃんのお誘いを受け
YUKIちゃんのお友達の
ちあきさん開催の
大人の絵本朗読会に参加したのである。
プロジェクターに投影された絵本を観ながら
プロのアナウンサーによる朗読に聞き入ったのである。

一番気に入った作品を紹介する。
「LIFE」と言う作品である。
c0062511_20172194.jpeg
とある町にLIFEと言うお店がある。
何を売ってるお店なのか?看板はない。
そして店員さんもいない。
でも、次々と町の人たちがやって来る・・・
不思議なお店なのである。
一人のおばあさんがお店にやって来るところから話は始まる。
彼女は亡くなったおじいさんが蒔いて育てるはずだった花の種を手にしている。
そしてそれを棚に並べる。
「春にはきれいな花が咲きます」とメモを添えて・・・
それからテーブルの上に置いてあった写真立を手に取る。
そこには「想い出は永遠に・・・」と書いたメモが添えてある。
おばあさんはその写真立を持ってかえる。
・・・中略・・・
最後は・・・
かなり涙腺が緩んでしまったのである・・・
しかし・・・
YUKIちゃんの手前・・・
背中で泣いていたのである・・・
気分はまるでルパン三世である!(爆)

おばあさんの心境がお袋とダブったのである。


by pekeyama | 2016-12-01 20:40 | | Trackback | Comments(0)

ミッションPレポート・7

白い浴衣の
楚々たる佳人と
出会ったのは太地という町の
海が見渡せる岬であった・・・
地名を記そう・・・
燈明崎という・・・
ここである・・・
c0062511_19523747.jpg

太地は古くからの捕鯨の町である・・・
c0062511_1923919.jpg

ここ燈明崎は鯨を見張る場所でもあったそうである・・・
岬からの眺めは絶景である!!!
c0062511_19573748.jpg


何事にも流されやすいPEKEである・・・
今日はこの晴天にも関わらず・・・
本屋で本を・・・
スーパーでビールを・・・
そして・・・
部屋にこもり・・・
飲酒・・・
もとい
読書!である!!!

伊東潤著「鯨分限」である!
c0062511_201058.jpg

c0062511_19333024.jpg

9ページ目に早くも「燈明崎」登場である!
酒など飲んでる場合ではないが・・・
休日はまだ四日ものこっている!
焦ることはない!
ゆっくり楽しもう!
早く次のページに進みたいが
読み終えてしまうのが惜しまれる
久々に「二律背反」を楽しめる本に出合ったようである

画像(風景)採集地4:2016-04-30 和歌山県太地町
by pekeyama | 2016-05-05 19:40 | | Trackback | Comments(0)

文句なしにおもろい!

昆虫本の新刊コーナーで見つけた!
題して「恋する昆虫図鑑」
これである!
c0062511_22383244.jpg

c0062511_2239404.jpg

著者は昆虫が大好きな二十歳の女子大生、かをりちゃんです!
前書きの一節を、少し長くなりますがコピーしてみます。
なかなかエエ感じです。
「地球は何十億の恋する人と、
 それより遥かにたくさんの恋する虫をのせて回っています。
 本書は、恋する人の不思議な行動を、
 恋する虫の驚異的な恋愛戦略になぞらえて解説した本です。」
「昆虫採集と恋愛はよく似ています。
 昆虫採集は、どうしても手に入れたい虫を、
 罠を仕掛けたり、正面から飛びついたりと
 その虫に適した方法で捕まえます
 ・・・中略・・・
 昆虫採集へ向かう時の高揚感と
 告白する前のドキドキも非常によく似ていると思います。」

表表紙のベニシジミの翅を付けた女子は
「リアジュウ目ニンキモノ科」に分類される
「守られ上手なシジミチョウ系女子」で
そのモテ度は五段階評価で「五つ星」
その生息地は「かわいい雑貨屋・カフェ」
その特徴は「小さい・童顔・人懐っこい・声がかわいい」に加えて
「仕草があざとい・自分がかわいいことを自覚している」とあります。

裏表紙の酒瓶を抱えて泣く男子は
「モテナイ目オヒトリサマ科」に分類される
「傷心アル中ショウジョウバエ系男子」で
その非モテ度は五段階評価で「三ツ星」
その生息地は「安い居酒屋」
その特徴は「あまりモテない・愚痴っぽい・努力はしない」に加えて
「おおげさに考えがち・切り替えが遅い」とあります。

どのタイプもモデルとされている虫の
アッと驚く生態が解説されていて
「うんうん、あるある、いるいる」って
とっても面白くて為になる本です!

最後に「あなたは何ムシ系? 昆虫チャート」がついていて
見事にPEKEは
「いい人止まりだった回数は数知れず・・・」って結果が・・・(笑)

まぁ騙されたと思って
一度読んでみて下さいなせ!
by pekeyama | 2015-11-10 23:30 | | Trackback | Comments(0)

思い当たるフシがあり・・・

気が付けば知らぬ間に・・・
カバンの中に・・・
ちゃうちゃう
レジに並んでいました(笑)
c0062511_20575398.jpg


風水によると
西側に黄色いものを置くとお金がザクザクと入って来るそうで
(この間、GFのお引っ越し祝いにバラの花束を買った時に、花屋のお姉さんに教わった)
だから・・・
きっと・・・
表紙の色に誘引されたものと・・・(汗)

きっとタイトルに誘引されたのでしょうなぁ~
「悪夢障害」
そして帯にある「悪夢は、うつの前兆」

そう・・・
タイトルに惹かれて手に取って・・・
裏返してみて・・・
c0062511_2110643.jpg

帯に挙げられたチェックリストで・・・
①悪夢を頻繁に見て、内容をよく覚えている。
②悪夢のせいで日中眠い
③寝るとき、「悪夢をみるのではないか」と不安になる。
④悪夢にうなされ、朝起きたとき疲れがとれていない。
⑤連日の悪夢で情緒不安定になっている。
⑥悪夢のせいで集中力や記憶力の低下を感じる。
先月後半のPEKEは見事に・・・

幸いにも
三輪山登拝の助言を受けた辺りから
状態は好転しつつありますが

まぁ冷静に分析してみようと思いついた時点で・・・
セーフかな?(笑)
by pekeyama | 2015-10-11 21:25 | | Trackback | Comments(2)


蝶・鳥・花・・・子供の頃に還って切り抜いた風景を放り込みました


by pekeyama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
植物

昆虫
自動車
動物

建築

水面
切手
飛行機
フィギュア
戦車
マンホール
笑顔
映画
コミック
CD
グルメ
お菓子

入院・糖尿病
入院・網膜症
美術
ミュージック
クリスマス
美女
鉄道
影法師
自転車
お祭り
夢日記
ハロウィン




ガチャポン
バイク
おもちゃ
入院・糖尿病Ⅱ
入院・大腸ポリープ

未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

お気に入りブログ

呑むさん蝶日記
Botanic Jour...
四季彩散歩
むしとり日記2
花蝶ふうげつ
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
虫とり日記3
Zephyrusにのせて...
Close To You
撮影日記
White Pigeon...
TRAVEL FOX 蝶...
みなみかぜ通信
日常というキャンパス
Lycaenidaeの蝶...
saunterA散歩道
Close to you...

リンク

最新のコメント

mihadoctor様 ..
by pekeyama at 20:56
福井県某所では、雪を冠に..
by mihadoctor at 16:39
>私らの世代で・・・ ..
by pekeyama at 22:39
うーん・・・ 私らの世..
by nomu376 at 22:10
例のブツ いつも御贔屓..
by pekeyama at 21:38
うーん・・・ 今、..
by nomu376 at 21:07
>以外と根に持って気にす..
by pekeyama at 20:36
>うーん・・・ >..
by nomu376 at 22:32
>どこの部室の話しや(爆..
by pekeyama at 20:31
>その時の〇〇〇ちゃんに..
by pekeyama at 20:27

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧