標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:お菓子( 88 )

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣14

「蛍狩り」再び・・・
VOL11で掲載済みではあるが・・・
土曜日は嫁ハンと二人して行ったので
お抹茶セットも二人前、オーダーしたのである
「一杯の掛け蕎麦」なんてお話が流行した時代もあったが
まぁそれはさておいて・・・

さすがに毎週通うとお題も尽きて来るでしょう・・・
嫁ハンに供されたのは
先々週に頂いた「蛍狩り」でした(笑)
c0062511_20361336.jpg
c0062511_20372182.jpg
ここまで撮った時に
嫁ハンが見つけました
蛍のお尻に光るモノを・・・
c0062511_20395174.jpg
金箔が貼ってあったんですなぁ~

和菓子職人の技
恐るべし!!!(笑)

画像採集地:2018-06-23 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘

で・・・
(冷えた日本酒)飲みたい器!!!
c0062511_20433785.jpg
カワラナデシコが可愛らしい!!!

ナデシコの如き佳人を横に
水面に映る蛍を見ながら
こんな器で・・・
酒飲みたいねぇ~



by pekeyama | 2018-06-24 20:47 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣13

雨のお庭を眺めながらの
今日のお題は・・・
「水牡丹」でした
c0062511_19454411.jpg
さて・・・
水牡丹って・・・
何???
そんな花・・・・
図鑑に載っていたっけか???
ミズヒマワリならば・・・
アサギマダラの好きな外来種で・・・
手元の古い図鑑には載ってなかったけれど・・・
学習しておりますですが・・・(笑)

単品画像です
c0062511_19561243.jpg
アップ画像です
c0062511_19572425.jpg
頭の中が痒くなってしまったので
帰宅して検索してみました(笑)
どうやら
PEKEが和菓子図鑑として採集しているアイテムは
上和菓子の世界においては
季節毎の定番があるらしく
水牡丹は
春に咲き誇った牡丹の花を
白餡を吉野葛で包んで
涼し気に表現した
六月の和菓子だそうです

六月は
器もガラス製になり
PEKEはこんな器で
良く冷えた日本酒か白ワインを
ぐいぐいと飲み干しレ見たいです
c0062511_20100916.jpg
画像採集地:2018-06-23 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘

おまけ
この日のお庭
c0062511_20144046.jpg

by pekeyama | 2018-06-24 20:14 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣12

さて・・・
この日のお題は???
判るかなぁ~
判んねぇだろぉなぁ~
c0062511_21271833.jpg
少しアップにしてみよう!!!
c0062511_21405051.jpg
判った???
判んない???
だったら、もうちょいアップ
c0062511_21434113.jpg
c0062511_21441963.jpg
さぁて・・・
何なんでしょうねぇ~(笑)

お菓子も素敵だったけれども
硝子のお茶碗も素敵でしたよん!
c0062511_22061107.jpg
こちらのお題は「クレマチス」
「テッセン」ですなぁ~

画像採集地:2018-06-10 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘


気になるお題は「オトシブミ」です!
c0062511_22153574.jpg
何オトシブミかなぁ~?


by pekeyama | 2018-06-15 22:20 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣11

季節にちなむお題が楽しみな
北山山荘のお抹茶セットである
先週の日曜日は・・・
c0062511_21244811.jpg
はて?
さて?
お題は何かな?
c0062511_21260988.jpg
翠の分けて流れる清流の辺に止まる黒い虫・・・
そうです
この日のお題は「蛍狩り」でした!!!
おりしもゲンジボタルの最盛期です!!

蛍は小豆粒で作られているのかな???
c0062511_21301730.jpg

そして・・・
夏仕様の硝子の茶碗・・・
c0062511_21314390.jpg
♪菫色の夕暮れが 二人を包んでゆく・・♪

うーん・・・
森山良子の「二つの手の想い出」が
頭の中をリフレイン・・・

画像採集地:2018-06-03 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘


by pekeyama | 2018-06-10 21:37 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣10 [ 2018-05 -28 21:00 ]

お代は500円です・・・
ちゃうちゃう
お題は「よひらのはな」でした・・・
c0062511_21585714.jpg
「今日は****でございます」って
そう言って供されるのですが・・・
山田太郎の打率と同じくらいの率で
「あの・・・漢字でどう書くんですか?
そう尋ねている・・・

今は昔・・・
バブル華やかなりし時代・・・
南や北のバーで・・・
夜の蝶の
「君の名は?」ゲームを楽しんだものである・・・
つまり・・・
「ケイコです」って名乗られれば
漢字で何と書くか・・・
紙ナプキンに
クロスの14金のボールペンなんかで
スラスラと書いて当てて遊んだのであった・・・
「恵子?」「啓子?」「圭子?」「慶子?」
スマホはおろか、ガラケーさえ無い時代である・・・
かなりの漢字を知らないと苦しい・・・
しかしピタリと当てると・・・
「きゃあ!うれしい!」って・・・
初めて行ったお店でも
手くらいは握ってもらえて・・・(笑)
源氏名とは言え、キラキラネームはあまり無かった様に記憶する・・・(爆)

話が逸れた・・・

「よひらのはな」は
「四弁の花」と書くのであるが・・・
人に説明するのは難しい・・・
「ヒラはお弁当の弁と書きます」って説明するのが一番ではあるが
それでは「場」の雰囲気が台無しである・・・
知性と教養は大切である!!!
(って・・・酒場で痴性を強要するスケベ親父がどの口で言う!)

「弁」は花弁の事であろう
c0062511_22281792.jpg
c0062511_22285278.jpg
さらに尋ねると
「よひらのはな」
すなわち
「四弁の花」
それは
「紫陽花」の花
確かに咲き始めの紫陽花の花を見たら・・・
c0062511_22370044.jpg
花弁は四枚であるが・・・
植物学的には・・・・
花弁に見えるのは「萼」で・・・

ショーモナイお話はドーデヨイ!

この日・・・
インパクトを受けたのは
硝子の茶碗で供されるお抹茶・・・
c0062511_22443596.jpg
正直言うと・・・
こんな茶碗で・・・
新緑の下で・・・
茶碗酒飲んでみたいと・・・(笑)

あきまへんか?(爆)

画像採集地:2018-05-26 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘

by pekeyama | 2018-06-06 22:48 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣9

お題は「青翠」である・・・
「せいすい」と読むのである・・・
「あおみどり」色の事である・・・
アオミドロでは断じてないのである!!!
一字違いで大違いである!!!
「翠」は「翡翠」の「翠」である!!!
「翡翠」の「翠」である!!!
が・・・
しかし・・・
拙ブログは「漢字ドリル」では断じてないのである!!!
ましてや接頭語で「うんこ」なぞ決して付かないのである!!!
ん~
判んねえ展開である(爆)

早よ出さんかい!!!

うりゃ!(笑)
c0062511_20222054.jpg
c0062511_20425888.jpg
前々回の「青嵐」の流れを汲む造形である・・・
すなわち
清流に散りし紅葉の青き葉は 翡翠の如く 水底で光り

紅い毛氈の敷かれた台に座り
黒塗りの卓の上に置かれた「青翠」を眺めると
山型に固められた寒天の
天辺に置かれた青いモミジと
底に封入された青いモミジが
見事にPEKEを
貴船辺りへトリップさせてくれる
見事である!!!

しかし・・・
寒天だけでは・・・
和菓子とは言えない!!!
だって・・・
ゼリーやないんやから!!!
何処かに餡子を・・・

マクロモードで接写ぢゃ!
c0062511_20480415.jpg
ん???
何やら透明な寒天の中に黒い塊が・・・
(腹の中)真っ黒モードの拙者ぢゃ(爆)

普段はこんなお行儀の悪い事は決してしないPEKEなのであるが・・・
c0062511_20540720.jpg
和菓子職人さんの
その材料の使い方って・・・
改めて・・・
凄いなぁ~って思いました!!!
c0062511_20551492.jpg
画像採集地:2018-05-19 北山山荘








by pekeyama | 2018-05-28 21:00 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣8

お題は「水芭蕉」です!
c0062511_21402847.jpg
水清き高原の湿地の雰囲気・・・
c0062511_21441776.jpg
渓の水コッヘルに入れフォエブスで沸かして立てたし抹茶かな
c0062511_21543513.jpg
水芭蕉って英語では
「スカンクキャベツ」って
そう呼ばれてるそうですね
で・・・
思い出したのが・・・
「エルマーと竜」
色鮮やかなボーダー柄がおしゃれな竜たちの
主食がたしか「スカンクキャベツ」やなかったかしら?

うーん・・・
時は五月・・・
飛騨山中の高層湿原では・・・
水芭蕉の白い花が咲き乱れ・・・
ギフチョウが乱れ舞っているのかな???

画像採集地:2018-05-12 西宮市立北山緑花植物園


by pekeyama | 2018-05-21 22:06 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣7

嫁ハンに供されたのは・・・
「青嵐」であった・・・
海底空母「伊400」に搭載された「晴嵐」ではない・・・(笑)
c0062511_22352323.jpg
c0062511_22360557.jpg
c0062511_22362940.jpg
モミジの若葉が
春の嵐に吹き散らかされ
渓の流される様を表現したものと思われる・・・
表現方法における材料論・・・
やっぱり何か文法があるんやろうなぁ~

画像採取地:2018-04-29 西宮市立北山緑花植物園

ちなみに・・・
お抹茶茶碗の柄も・・・
季節毎に違っていて・・・
それもなかなか楽しいですよん!

by pekeyama | 2018-05-08 22:48 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣6

連休二日目は・・・
いつもの小さな植物園から始まった・・・
この日は嫁ハンと二人で行った・・・
午前中は植物園で過ごた・・
そして・・・
午後は梅田で映画を観に行った・・・

だから・・・
お抹茶セットは二つ頼んだ・・・
まずはPEKEの分からアップしてみる・・・

お題は「こいのぼり」であった・・・
c0062511_22173480.jpg
c0062511_22181766.jpg
c0062511_22190825.jpg
デフォルメされたデザインがなかなか秀逸であった・・・
和菓子デザイン論って・・・
標本を集めたら面白そうであるが・・・
でも・・・
何か教科書みたいなもんがあるんとちゃうやろか?
ひょっとしたら○○流とか、××派とか
色んな流派があったりとか?
興味は尽きず・・・
深みにはまりそうで怖い・・・(笑)

画像採集地:2018-04-29 西宮市立北山緑化植物園


by pekeyama | 2018-05-08 22:29 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣5

今日のお題は「富貴草」である。
「ふうきぐさ」と読む。
聞きなれぬ名である。
富んでいて、貴い・・・
PEKEとは全く無縁の言の葉である。
さて・・・
その正体は・・・
c0062511_19552158.jpg

判りにくい?
もうちょいアップ!
c0062511_19562324.jpg

まだアカン?
ならばもっとアップ!
c0062511_19573576.jpg

その正体は

本物画像おば・・・
c0062511_20054787.jpg

そう
牡丹の花でした!

しかし和菓子の世界
フィギュア(スケートじゃない方)の世界に似ているかも
なんか
何でも和菓子にしちゃう!って感じが・・・

季節の上生菓子図鑑
或いは
上生菓子で表す日本の四季
そんな本ってあらへんかなぁ~(笑)

画像採集地:2018-04-22 西宮市立北山緑花植物園

PS
抹茶と和菓子をいただきながら楽しんだ風景
c0062511_20295732.jpg



by pekeyama | 2018-04-22 20:31 | お菓子 | Trackback | Comments(0)