標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:お菓子( 73 )

続々・何故にPEKEは行列に並びしか?

♪その女性の優しさが花に勝るならば・・・♪
或いは
♪その女性の美しさが星に勝るならば・・・♪
君は手を広げて守らねばならない?

♪その女性の柔らかさが餅に勝るならば・・・♪
君は手を広げて・・・
何すんねん!?(爆)

♪その餅の柔らかさが***に勝るならば・・・♪
君は???

意味不明の書き出しである(笑)

しかしこれには訳がある!
数日後にアップする予定の「読書図鑑・4」・・・
現在、何故か人目を忍んで頁をめくっている・・・
♪誰もが物語、その一頁には、胸弾ませて、入っていく・・・♪
その本の・・・
最初の一頁に・・・
♪僕の部屋のドアに、書かれていたはずさ!
 とても悲しい物語だと・・・♪
もとい
とても官能的な物語だと・・・

その書き出しが・・・
」和菓子は、男を悦ばす女の身体ににている」

とてもやないが・・・
女子高生やら、若いOLが臨席に座る
通勤電車の中では・・・
開けにくい本である!!!(笑)

だからやおませんが・・・
吉田神社まで来たら・・・
出町柳はすぐそこで・・・
そしたらやっぱり・・・
行列に並びたくなりますわなあ~(笑)
c0062511_22362582.jpg

「餅や求肥、寒天に餡に団子、
 どれも舌触りや感触が柔らかで、
 香りは淡く。品がある。
 こんな官能的な食べ物はない・・・」
c0062511_22453950.jpg

c0062511_22461885.jpg

で・・・
♪手に入れてしまったよ!憧れのあの娘を!♪
c0062511_22475315.jpg

うーん・・
早く脱がして・・・
食べたくなっちゃいますねぇ~(爆)
c0062511_22502964.jpg


これ以上書くと・・・
あらぬ疑いを招くおそれがあるので・・・
今夜はここまで!!!(爆)

「雪兎」が売り切れだったのは残念でした・・・




by pekeyama | 2018-02-08 22:56 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

解説(続・何故にPEKEは行列に並びしか? )

PEKEが小学6年生の時・・・
大阪で万国博覧会(通称:万博)が盛大に開催された!!!
テーマは「人類の進歩と調和」であった!!!
「米ソ」或いは「東西」の対立が激しい時代であった・・・
であるからにしてからに
アメリカ館とソ連館は・・・
特にアメリカ館は「月の石」が展示されており・・・
夏休みの時期などは
炎天下の下・・・
長蛇の列ができた!!!
だから・・・
大阪万博のテーマは・・・
「人類の辛抱と長蛇」であると・・・
シニカルな新聞記事の見出しも目にした・・・

はて?
さて?
またまた・・・
「何が言いたいの?PEKE君!」

脱線ついでに言うと・・・
せこい性格のPEKEは・・・
入館記念のスタンプを集めるがために・・・
あまり人気のないパビリオンを集中的にめぐり・・・
数を稼いだのであった!!!(笑)

しかし・・・
たまたまタンザニア館で購入した「蝶切手」は・・・
非常に質が高くて・・・
当時切手だかシールだか
小学生がみても「???」と思うような切手を・・・
外貨稼ぎに乱発していた・・・
聞いたこともない国の切手とは・・・
一線を画した存在感があった!!!
それは今もPEKEの手元にあるので・・・
そのうち気が向いたらアップするつもりです(笑)

そうそう・・・
話は長蛇の列に並んだお話の・・・
その解説をするつもりだったのであった・・・(笑)

並んだのは・・・
「菓祖神社」というお菓子の神様をお祀りする神社であった!!!
並んだ先のお社の両側に・・・
ミカンの一種が植えられていた!!!
c0062511_22245204.jpg
何故か?

話は「古事記」の時代までワープする!!!
第十一代天皇である垂仁天皇が
仕えていた田道間守に
常世の国にある「非時香菓」という
一口食べたら不老不死!という木の実を
「海だか何だか判らんけれども・・・
渡って探して持って帰って来い!!!
そう命じたんですな・・・
で・・・
彼は10年間探して
そいつを見つけて帰国したら・・・
命じた本人はとっくに死んでいて・・・
彼は嘆き悲しみ殉死しはったそうですわ(涙)
言い伝えによると
そん時彼が持ち帰ったのが「橘」の実・・・
つまり「お蜜柑」ですな(笑)
そして・・・
それが本邦初の「お菓子」であると・・・

でもでも・・・
蝶屋的にもなんか心が騒ぐお話やおまへんか?
垂仁天皇の御陵は奈良にあっるそうですが
当時(多分西暦二桁代)・・・
今から約二千年前の・・・
近畿地方の蝶相って・・・
めっちゃ!興味深い!!!
照葉樹林が多くて・・・
ルーミスシジミが普通種で・・
ギフチョウは里では見られなかったかも・・・
モンシロチョウはいなかったやろうし・・・
ミカンが貴重品・・・
気候は今より多分、寒冷やったろうし・・・
パピリオは???

ちょっとタイムスリップしてみたいですね(笑)

で・・・
やっぱり・・・
何が言いたかったの?PEKE君!

画像採集地:2018-02-03 京都市左京区吉田神社



by pekeyama | 2018-02-06 22:55 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

コイトタイ


意味不明のタイトル!
酔ってるだろ!
職質を受けそうだ!
だったら・・・
いえ・・・
なんか気分が良いだけです・・・
そう答えたくなりますが・・・・
ガチの職質だったら・・・
ちょっと署へ来てもらおうか?
って展開になるのかな?
経験がないので判りませんが・・・(笑)

球が逸れた!
もう一球、打ち直さねばなるまい・・・(爆)

昔はこれっぽちの量で酔っぱらう事なんてなかった・・・
今日のお題は「オイトヨイ」か?
モトイ
コイトタイ!
タイノタイの続編かな?

ええい!
はよ言わんかい!(爆)

コイぢゃ!
c0062511_21013521.jpg
タイぢゃ!
c0062511_21024415.jpg
そうさ!
型にはめるのさ!

しかし・・・
この型の精密精緻な加工には・・・
目を見張るというか・・・
頭が下がるというか・・・

カンチョーした!
もとい
カンドーした!
(このギャグって昔々・・・流行ってましたよね・・・・)

何が言いたい?

やっぱオチはここしかない!(爆)

画像採集地:2018-01-20 神戸元町






by pekeyama | 2018-01-23 21:13 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・6

久しぶりの「和菓子図鑑」である!
夏眠から目覚めたのである!(笑)
今日のお題は・・・
図鑑では「食用」「極めて美味」と記載されているにも関わらず
「食べられない」キノコ・・・
君の名は・・・
「まったけ」
c0062511_21004337.jpg
c0062511_21050122.jpg
うーん・・・
ほんもん食いてぇ~
いや
古人曰く
「匂まったけ、味しめじ」
それに
見つけたら嬉しさのあまりに踊ってしまう「舞茸」
食べたら何故か踊ってしまったら・・・
それは毒キノコやろ!(笑)
「食べられる」美味しいキノコは沢山或るのぢゃ!
PEKEは最近、キノコ鍋にはまっているのであるが
そのラインアップは
「エノキダケ」
「ブナシメジ」
「マイタケ」
「シモフリヒラタケ」
「ヤナギマツタケ」
「カキノキダケ」
「エリンギ」
などなどである!
最近はそれに
青森県産の「せんべい」を投入している!
「せんっべい汁」最強である!
しかし・・・
PEKEは・・・
青森のソウルフードと噂されている
「味噌カレーミルク」鍋が恋しいのである!

脱線、上等!(爆)

画像採集地:2017-10-08 西宮市立北山緑花植物園

by pekeyama | 2017-10-08 21:35 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・5

今日のお題は「五月雨」であった!
五月晴の日曜日ではあったが五月雨である!
c0062511_23243316.jpg

雨滴の中を燕が飛ぶ図・・・である。
c0062511_23314847.jpg

c0062511_23334034.jpg

画像採集地
c0062511_23345607.jpg


by pekeyama | 2017-05-14 23:35 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・4

まずは訪問者の皆様に投げかけてみよう!
「君の名は?」
c0062511_17503768.jpg

c0062511_17512160.jpg

c0062511_17520761.jpg

画像採集地:2017-04-30 北山山荘

ならば答えよう!
♪大空に聞け!俺の名は!アマゾンライダー!ここにあり!♪

ANSは
「花籠」でござんした。

因みに籠の弦は昆布製でした。




by pekeyama | 2017-05-06 17:53 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・3

いつもの小さな植物園
園内に咲く
丹精込めて育てられた植物達の
花をはじめとした季節ごとの姿を撮るのが
それが一番のお楽しみなのですが
もう一つの
甘い血の持ち主にとっては
ひょっとしたら禁断の
その楽しみは
よく手入れされたお庭を眺めながらいただく
抹茶と和菓子のセットです
片道1時間かけて
峠を三つ越えtなければたどり着けない庭園ゆえに
美人ドクターの柳眉を上げる事には
決してなりませんのでご安心下さいませ(笑)

今日は嫁ハンと行ったので
お菓子は二つ!
このネタで2回、アップができます!

今夜は
PEKEがチョイスした「花菖蒲」です!
c0062511_20121857.jpg
c0062511_20125190.jpg
画像採取地:西宮市立北山緑花植物園 北山山荘

by pekeyama | 2017-04-30 20:15 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・2

画像採集ポイントの
「超マル秘」画像を
今夜は特別にアップしよう!(爆)
c0062511_21460275.jpg
そして・・・
今日の採集品は・・・
「桜じょうよう」であるが
画像をアップする前に
絶亭に
解決しておかねばならぬ問題が
そう
一つだけある!
それは・・・
「じょうよう」は漢字でどう書くのか?
それなのである!
PEKEはエレベーターメーカーの営業マン故に
「じょうよう」と聞けば
それは
「荷物用」でもなく
「自動車用」でもなく
「寝台用」でもなく
「非常用」でもなく
まずは
「乗用」でしかありえないのであるが
お饅頭の場合はいかに?
甘いもの好きな嫁ハンによると
「じょうよう」は「上用」と表記されるのが一般的だそうであるが
本当は「薯蕷」と表記するそうである・・・
老眼には優しくない文字使いである(笑)
ここは「漢和辞典」でも引っ張り出して
筋力・・・
もとい
知力を鍛えたいところであるが
身体が付いていかぬのである(泣)
悲しい話ではある・・・

さて・・・
気を取り直して「画像」である!
c0062511_22190267.jpg
c0062511_22194922.jpg
天辺に載せられた桜の塩味と
中の餡子の甘味のハーモニーが絶妙ではあるのだが
それを楽しむには・・・
お饅頭を手づかみにしてかぶりかかなければならないのである!
作法には反するやもしれぬが
お饅頭とは本来はそういう食べ方をするものであろう!
とは言え・・・
お抹茶と対にされた時の気品は・・・
やはりなかなかのものがある!
c0062511_22284929.jpg
庭園はなくても我慢するから
どこか会社帰りに寄って
毎回異なるデザインの和菓子を
ワンコインで食せるお茶屋ってないものか?

画像採集地:2017-03-19 西宮市立北山緑花植物園



by pekeyama | 2017-03-19 22:34 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑・1

久方ぶりの和菓子図鑑である。
お題は「春の花」である。
今年の新作だそうである。
c0062511_19392129.jpg
c0062511_19395095.jpg
春らしい、そして上品な色遣いが素敵である。
c0062511_19420253.jpg
c0062511_19424383.jpg
気になる血糖値であるが
さすがに片道1時間のウォーキングは効果抜群である。
食したのが15:30で
食後2時間経過した17;30の測定値は118である。
食後血糖値としても
夕食前の空腹時血糖値としても
どちらで判断しようとも正常な値である。
今年は「和菓子図鑑」を続けられそうである。

画像採集地:2017-03-12 西宮市立北山緑化植物園 北山山荘


by pekeyama | 2017-03-12 19:49 | お菓子 | Trackback | Comments(4)

PEKE」はこれにした!

本来ならば
「PEKEYAMA氏の和菓子図鑑」
2016年度版としてアップしたであろう記事である。

ま、どうでも良い話ではある!

PEKEがチョイスしたのは
これである!
c0062511_22004549.jpg
その名は・・・
「むらさきしきぶ」である!
c0062511_22023302.jpg
確かに一粒
小さくて、丸くて、綺麗な紫色の実が
ポツンと乗っている!
c0062511_22055248.jpg
抹茶茶碗には鮮やかな柿の実

こういう感じ
好きである!

季節を凝縮した画像
ひいては
一つの世界観(みたいなもの)を凝縮した画像
そういうものを
追い求めて行きたいと
そう願うPEKEであるが・・・

まあ、芸術の夜の「世迷言」である!(爆)



by pekeyama | 2016-10-06 22:14 | お菓子 | Trackback | Comments(0)