カテゴリ:花( 1364 )

長い旅であった・・・
たった七つの花・・・
その画像を・・・
一夜ずつ・・・

そんな長い旅も今夜で終わる・・・

1→3→7→5→6
だったかな?

だったら最後は・・・
2!!!
きなふくは?
すすきである!
c0062511_23374378.jpg
c0062511_23381156.jpg
画像採集地:2018-10-07 北山緑花植物園

だから・・・
何を言いたかったの?PEKE君!

ラブレターにも「オチ」を要求する関西のJKには・・・
思わず・・・
♪学生だった僕に 上手く愛は語れなかった・・・♪
って・・・
あの甲斐バンドだって・・・
デビュー曲では・・・
そう歌っていたではないか!

あかん!!
話題を変えよう!

ススキと言えば・・・
♪浴衣の君はススキの簪
 熱燗徳利の首つまんで
 もう一杯如何なんて
 妙に・・・
 色っぽいね・・・♪

うーん・・・
オチを求めて三千里!!!(爆)



by pekeyama | 2018-10-07 23:40 | | Trackback | Comments(0)
今日は10月6日である・・・
だから・・・
七草図鑑も・・・
第六巻目・・・
とても美しい展開ではないか!(笑)
なによりも
かによりも
一日だから1
二日だから2
Y=X
シンプルで美しい数式ではないか!
しかし・・・
Y=aX
ときて・・・
aについて・・・
あれこれ悩むのは止めときなはれ!!!(爆)

50年前・・・
♪X+Y=LOVE♪
もとい
英語の教科書はまだ無かったから
♪エックス+ワイ=ラブ♪
なんて方程式が巷にあふれていましたなぁ~

まぁ
♪学生だった僕に、うまく愛は語れなかった・・・♪
いや
♪あの頃は愛だとは知らないで、さよならも言わないで別れたよ・・・・♪
それ以前の
神話の時代でしたからねぇ~

だから7今夜は6である!
おすきなふは?

クズである!!!
c0062511_18553240.jpg
c0062511_18564678.jpg
ゲスではない・・・(笑)

さて・・・
オチのない話を綴るのは
それを意識すると
案外に辛いものである・・・

まぁ
この駄文に終わりなき如く
我が愛に終わりなし!
と・・・
シューベルトを気取りたいが・・・
それはやはり一種の「オチ」になるそうで・・・

うーん・・・
「6」と言えば・・・
「世界で一番美しいクーペ」と呼ばれたあの車・・・
BMWの6シリーズ・・・





by pekeyama | 2018-10-06 19:13 | | Trackback(1) | Comments(4)

ハはハイビスカスのハ


さて・・・
晩飯も食い終わり
お気に入りのブログのチェックも終え
何やかやで缶ビールもn本が空き
(nは任意の整数)
改めてパソコンの画面に向き合っている

ふと・・・
チャーの歌声が・・・
聞こえて来た・・・
♪鏡の中で 唇をちょっと舐め 
 今日はどんな嘘を吐いてやろうかと
 考える貴女は
 気絶するほど 悩ましい!!!♪

♪パソコンの画面に 目ん玉をひん剥いて
 今日はどんな馬鹿を書いてやろうかと
 考える貴男は
 気絶するほど 気色悪い!!!♪

酒を飲むと
心地良い風が吹いてきて
思わず
部屋の片隅で膝を抱えし我が魂が
窓の外に
吹き飛ばされたのか
彷徨い出たのか
はたまた
足りなくなったエーテルを買いに行ったのか

いや・・・
運命の出会いは・・・
ちゃうちゃう・・・
なにかは・・・
突然・・・
降って来る・・・(笑)

ほら・・・
耳をすませば・・・
♪恋の呪文はトキメキメトキス!♪

いや・・・
♪本棚に目をやればあの頃読んだ小説!♪

それは・・・
「ウは宇宙船のウ」
ではなくて・・・
「おすきなふく
でもなくて・・・

いや・・・
いつか・・・
抒情的な
SFには限らないが
なんか・・・
抒情的な
何かを書いてみたいPEKEとしては・・・

まずは
「ハはハイビスカスのハ」ってタイトルを・・・
c0062511_21353499.jpg
c0062511_21363066.jpg
画像採集地:2018-10-05 宝塚市


by pekeyama | 2018-10-05 21:37 | | Trackback | Comments(0)
静かな秋の夜である・・・
何故かいつもより強い酒を飲んでいる・・・

STRONG ZERO
アルコール濃度9%である・・・

が・・・
しかし・・・
この濃度は・・・
その%表示は・・・
ふと・・・
17歳の頃に帰って・・・
まぁ・・・
あの娘もおとした!
この娘もおとした!
次はどの娘だ???
次の週末・・・
待ってろよ!!!
そして・・・
好きな食べ物・・・
好きな場所・・・
好きな色・・・
好きな散歩道・・・
好きな花・・・
全てをリサーチしてアタックしても・・・

話がどんどん逸れている・・・

何が言いたい!

いや・・・
あの頃・・・
たしか・・・
保健体育の授業で・・・
雄蕊と雌蕊が・・・・

もとい!!
濃度に三つの・・・
重量%
容量%
モル%

今飲んでる
いや・・・
今空になった
このチューハイのアルコール濃度
具体的には
9%は

ややこしい男やなぁ~

今夜は「4」が主題だったはずなんだけど???

おすきふくは
でしこ
c0062511_21231345.jpg
c0062511_21233692.jpg
ナデシコは
漢字で書くと
撫子

思わず頭をなでなでしてあげたくなるような
可愛い娘・・・

さて・・・
どないな風に落とし前を・・・(爆)

本当は・・・
無理やりにでも
四式戦「疾風」について
熱く語ったりしたかったのであるが・・・

帝国陸軍の最新鋭局地戦闘機は
帝都防空の為にも
落されたらアカンやろ!!!(笑)



by pekeyama | 2018-10-04 21:26 | | Trackback(17) | Comments(4)

5と言えば
3の次にくる素数ではあるが
WWⅡの時代の
飛行機マニアの
PEKEにとっては
陸軍三式戦闘機「飛燕」
その機首に装着されるはずの
独逸はダイムラーベンツ製の
水冷倒立V型12気筒エンジンの
ライセンス生産が
機体共々
神戸の川崎重工業が請け負っていましたが
長いクランクシャフトを作る為の
鍛造機が不足していたりした為に
機体は続々と出来上がっても
搭載するエンジンがなくて
首無し飛燕が滞留したので
思い切って「中島」製の空冷エンジン「誉」に換装・・・
五式戦として正式採用・・・
かなりの高性能を7はっきしたものの
いかんせん
生産台数が少なく

だから「5」である!

おすきなくは
ジバカマ
c0062511_22141385.jpg
c0062511_22221278.jpg
c0062511_22242304.jpg
アサギマダラが居ないのが
ちょっと寂しいかな???

画像採集地:2018-09-23 京都市西京区大原野


by pekeyama | 2018-10-03 22:27 | | Trackback | Comments(0)

七草図鑑の第7巻・・・
いきなり採集会
もとい
いきなり最終回???

いえいえ
こわーい先輩の声が
いきなり
南西の空から聞こえてきたもんで・・・
思わず・・・
結論から???

でも・・・
もう一人・・・
こわーい友人が・・・
きっと・・・
3の次は5やろ!
ついに証明されたリーマン予想によれば!!!
そう突っ込んできそうであるが

大丈夫!
NEW(関西弁でサラ)リーマン予想である!!!

おすきなふく
である
c0062511_21083493.jpg
ルリシジミ!
キタキチョウ!
君たちに逢いたかったなぁ~

しかし・・・
萩の花なら・・・

ちゃんと国語のお勉強をした女性と・・・
(お話が通じるって意味)
奈良の百毫寺とか
京都の梨木神社とか
で・・・
逢引をしたいものです(笑)

で・・・
どちらも・・・
いきなり目の前に・・・
ムラサキツバメが舞い降りてきて・・・
せっかくの逢引は・・・
台無しになるんだろうなぁ~

うーん・・・
この妄想は・・・
判る人には判る???

でも女性には・・・
ちんぷんかんぷん???

-⁻ k尊しでも・・・
梨木神社は・・・
学生時代に・・・
女の子と
(PEKEもまだ男の子だった)
デートした記憶がある・・・

二人して・・・
境内の階段に腰掛けて
桃色遊戯に耽っていたら
もとい
乳繰り合っていたら
ちゃうちゃう
お喋りに興じていたら
神主さんから
神様にお尻を向けるんじゃない!!
一喝された・・・
甘酸っぱいんだか
ほろ苦いんだか
辛さ迸るんだか

今夜もオチが・・・(笑)

画像採集地:京都市西京区大原野

by pekeyama | 2018-10-03 21:33 | | Trackback | Comments(2)
七草シリーズ
連載2回目にして
いきなり・・・
タイトル末尾のナンバーは「3」である・・・
まさか・・・
1.2.3も数えられぬほどの
大風に魂を吹き飛ばされているのでは???
時刻はまだ8時30分であるぞ・・・(笑)

缶ビール2本で正体を失くすほど
軟なPEKEではない!!!(笑)
話は逸れるが
オリオンビールのドラフト・エクストラは美味い!
エーテル濃度は5.5%で
ちょっと濃いめ?

オリオンビールと言えば
名護の工場裏の茶畑が
フタオチョウの有名なポイントであったが
しかしそれはもう40年も昔の話である・・・・
たしか目白を採りに来てるオッサンもいて・・・・
犯罪の匂いがそこはかとなく漂っていたよなぁ~

うーん・・・
やっぱ今夜も酔っ払い運転???
ドリフト運転ではなく
蛇行運転である(爆)

話を元に戻そうではないか!
秋の七草である!
おすきなふくは?

今夜は
おすなふくは?
桔梗である!
c0062511_20581502.jpg
c0062511_21001020.jpg
c0062511_21011379.jpg
c0062511_21015544.jpg
うーん・・・
また「オチ」を考えんとアカンなぁ~(笑)

by pekeyama | 2018-10-02 21:06 | | Trackback | Comments(4)
今日から・・・
神無月である・・・
って・・・
「(この世には)神も仏もあるものかっ!」
って・・・
髪無頭期である・・・
って・・・
年甲斐もなくグレようとした訳ではない(笑)

自虐ネタはこれくらいにしておこう(爆)

10月である
秋である
なんである?あいである!
古いCMであるが・・・
話を元に戻そうではないか!(爆)

10月である
酒が美味い季節である
人が恋しい季節である
出会いの条件が揃ったのである
明日は酒場に出かけて
カウンターでジタンでもふかしながら
洒落たグラスを隣の女性に滑らせてみようではないか!
話を元に戻そうではないか!(爆)

何故にPEKEは
今宵こんなにも浮足立っているのか?

それは・・・
クールな誰かから
「花図鑑と七草図鑑の違い」について
鋭く突っ込まれる予感がしたからである

営業マンが嘘を吐くとき・・・
異常に饒舌になるのは・・・

話を元に戻そうではないか!
お題は「秋の七草」ある!
然るに
日本は四季の国であるはずなのに
「夏の七草」とか
「冬の七草」とか
聞いたことがないのは何故か?

話を元に戻そうではないか!
秋の七草を
PEKEは餃子屋のカウンターで
不良婆様からこう教わった
「おすきなふくは?」
柔道部の猛者を兄に持ち
磁心は高校時代、
ソフトボール部のエースで4番だった彼女は
私は「おおきなふくは?」
って覚えてるんだけどね!
がっしりした肩を恥ずかしそうにすぼめながら
PEKEに教えてくれたのでした

話を元に戻そうではないか!
秋の七草である!
お:女郎花
す:薄(お:尾花)
き:桔梗
な:撫子
ふ:藤袴
く:葛
は:萩

今夜は「お」
女郎花である!
c0062511_21491562.jpg
c0062511_21502743.jpg
画像採集地:2018-09-23 京都市西京区大原野

いつか
「秋の七草と蝶「」と言うタイトルで
ブログを更新したいものである
コンテは出来上がりつつあるが
ミューズが降臨しない・・・


by pekeyama | 2018-10-01 21:54 | | Trackback | Comments(0)

続・田園にて

普通ならば・・・
カメラを首から下げた人が・・・
秋の田園風景に求めるのは・・・・
黄金色に眩く輝く稲穂の海と・・・
燃えるような深紅の彼岸花の列と・・・
きっと・・・

心象風景って言う言の葉がありますが・・・

こんな彼岸花画像を
好んで採集するPEKEは・・・
どこか病んでいるのか???

盛りを過ぎた彼岸花・・・
c0062511_22054421.jpg
刈られて捨て置かれた彼岸花
c0062511_22071329.jpg
休耕田で苦しげに咲く彼岸花
c0062511_22121503.jpg
そう言えば・・・
娘が二十歳位の時だったかなぁ~
大風が吹いた後のとある秋の日曜日
コスモス畑でデートをしたことがありました
その時・・・
PEKEは風でなぎ倒されたコスモスの画像採集に夢中になってしまい
心理学を専攻していた娘から
「心が荒れた人みたいだよ!パパ!」と
やんわり言われたのでした・・・

うーん・・・
深く考えるのは止めておいた方が良いのかも・・・(笑)

画像採集地:2018-09-23 京都市西京区大原野

by pekeyama | 2018-09-28 22:22 | | Trackback | Comments(0)

田園にて

今日は実家の近所でピクニックを楽しんだ。
小学生の頃
(裏の)通学路として慣れ親しんでいた
当時は「ダンプ道」と呼んでいた道を歩いた

田んぼの縁には
ヒガンバナが咲いていた

毒がある所為か?
或いはお彼岸に咲く所為か?
飢饉の救荒食として植えられたと言う話の所為か?
その鮮やかで
艶やかで
華やかな
佇まいに反して
忌み嫌われいて
何だか哀しい花です・・・
c0062511_20164401.jpg
c0062511_20290211.jpg
PEKEは男の子だったから経験ないけど
小学校からの帰り道
道草の途中で見つけた真っ赤な花を
摘んで帰って怒られた経験のある女性は
きっと多いのでは???

でも・・・
この時期・・・
黄金色に色づく田んぼの畔に
咲く真っ赤な花は・・・
c0062511_20245657.jpg
やっぱり・・・
♪美しすぎて君が怖い♪

c0062511_20313530.jpg
c0062511_20325947.jpg
画像採集地:2018-09-23 京都市西京区大原野






by pekeyama | 2018-09-23 20:34 | | Trackback | Comments(0)

蝶・鳥・花・・・子供の頃に還って切り抜いた風景を放り込みました


by pekeyama