標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:植物( 428 )

続・何故か心惹かれる・・・

京都府立植物園のクスノキの並木道である・・・
c0062511_21150786.jpg
c0062511_21190871.jpg
クスノキの大木に惹かれるのか?
並木道に牽かれるのか?
影に魅かれるのか?
自分でも良く判らぬが・・・
好きな樹が・・・
綺麗に並んでいる好きな風景で・・・
光と影の織り成す好きな雰囲気で・・・
喜びの三重奏だったんですね・・・

此処は五月初旬が一番美しい!!!
クスノキの赤い若葉が美しい!!
その美しさは・・・
川端康成が「古都」という作品に描かれていたはずであるが・・・
中学三年生の頃の記憶であるから・・・・
間違っているかもしれない・・・・
小説の中身は・・・
15歳の少年には・・・
訳は判らないけれど・・・
何となくエロかった様な記憶もある・・・
一度読み返してみる必要があるかも・・・(笑)
文章を美しいと感じた記憶もある・・・
やはり読み返してみる必要があるなぁ・・・(笑)
しかし・・・
今は・・・
花房観音の・・・
やはり京都を舞台にしたエロい小説に夢中で・・・
時間がない!!!(爆)

画像採集地:2018-02-04 京都府立植物園

しかし・・・
気のせいであろうか???
昔はもっと樹が鬱蒼としていて・・・
こんなに明るくなかったと思うが・・・



by pekeyama | 2018-02-15 21:45 | 植物 | Trackback | Comments(0)

何故か心惹かれる・・・

何故なんだろうか?
如何してなんだろうか?
心が・・・
惹かれる・・・
いや・・・
魅かれる・・・
何か見えない手に・・・
曳かれる・・・
そして・・・
心の琴線が・・・
弾かれる・・・
こんな事を呟いてると・・・
退かれる・・・
c0062511_22260066.jpg
c0062511_22264448.jpg

今夜は少しお疲れ気味である・・・

画像採集地:2018-02-04 京都府立植物園





by pekeyama | 2018-02-14 22:28 | 植物 | Trackback | Comments(0)

RE:2018年、春を探して独り彷徨う・3

PEKEは関西人である。
玄界灘で産湯を使ったが、
人生に必要な事を全て教わった砂場は
東京は大田区にあった小鳩幼稚園の園内にあった。
しかし・・・
その後はずっと・・・
就職して東京で働いていた一時期を除くと
ずっと関西住まいである・・・
だから・・・
雑種かもしれないが・・・
関西人だと言えるであろう(笑)
そやさかい・・・
人の話にはツッコミとうなるし・・・
ボケをかなされれば返しとうなるのである!!!

はよ言わんかい!
何が言いたいの?
うーん・・・トラウマぢゃ!(笑)

さて・・・
それでは・・・
♪飛ばせ!鉄拳!ロケットパンチ!
 今だ!出すんだ!ブレスト・ファイアー♪

うりゃ!
c0062511_18290530.jpg
セップンソウぢゃ!
れっきとした植物であるぞ!
c0062511_18315050.jpg
c0062511_18344515.jpg
エロチックな花が・・・
いや・・・
花は元来エロチックなものであるが・・・
だから・・・
あの・・・
その・・・
どのこの言わずに早う言わんかい!
えーん(泣)
ごめんなさい!(爆)

画像採集地:2018-02-04 京都府立植物園





by pekeyama | 2018-02-11 18:39 | 植物 | Trackback | Comments(1)

枯葉の海

気分の落ち着かぬ夜は
音楽を聴きながら
グラスを傾けるのが
多分・・・
一番良い処方であろう・・・

酒ならある!
チリ産のミディアムボディの赤ワインが
ボトル1/4残っている
(因みに飲み始めたたときは1/2)
しかし・・・
音楽がないのである!
音源ならある!
CDラックのどこかに
「枯葉の海」というタイトルの
ポルトガルのファドのアルバムがある(はずである)
が・・・
プレイヤーが無いのである!
PCはウィンドウズ10にアップデートされた途端に
CDが再生不能になり
面倒くさくて放置したままである・・・

「枯葉の海」
今夜みたいな中途半端な気分を落ち着かせるにふさわしい
ちょっと物悲しい調べの素朴な感じの曲ばかりだったと
そう記憶しているのであるが・・・

しかし・・・
事の発端はこんな画像を採集した所為きゃもしれない・・・
c0062511_22543284.jpg
黄金色の海である!
そして根元のこんな風景を見たならば・・・
c0062511_22545334.jpg
イチョウやなくて
エノキを思い出して
なにやらしたくなってきた!

ちょっと回復してきたのかな?

画像採集地:2017-12-05 京都市中京区


by pekeyama | 2017-12-05 23:00 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ビルの峪間にて・・・

峪間・・・
良い響きの言葉である!
PEKEは
響きの良い言葉が大好きである!

峪間と言えば・・・
北杜夫の短編小説に「峪間にて」と言う作品がある!
舞台は台湾の山中である!
主人公は蝶屋の青年である!
お相手はあのフトオアゲハである!
まだ数頭しか採集例がなかった時代である!
青年は憧れの蝶の採集に成功したのであるが・・・
一夜が明けると・・・
それは無残にも・・・
蟻に食われてしまっていたのである・・・
蝶屋なら・・・・
大なり小なり・・・
似たような経験を持っているのである!
例えばPEKEなら・・・
十五歳の初夏に・・・
新緑眩しい峪間で採集した
ミスジチョウと子ミスジを並べて展翅していたら・・・・
憧れだったミスジチョウだけが・・・
ゴキブリにかじられたのである・・・
40年以上も昔の物語であるが・・・
今でも悲しい!!!

話が思わぬ方向に逸れてしまtrた!
翼端失速を起こし錐もみに陥った戦闘機の様である!
まずは勇気だ!

そうだ!
谷間で思い出すのは暗い思い出ばかりではないのである!
谷間と言えば・・・
谷間と言えば・・・
そうだ!
アグネス・ラムだ!
♪胸元の汗キラリ!目のやり場にも困る・・・♪
確かにあの谷間でなら
一度と言わず何度でも
遭難してみたいものである!!

また話が思わぬ方向に逸れてしまった!

今日は京の現場でお仕事したのであるが
その帰り道であるが
凝んな画像を採集したのである
c0062511_22173498.jpg
c0062511_22180105.jpg
まさしく「峪間」の風景
ビルの峪間の風景である!
そこで落ち込みつつある心に浮かぶその歌は
♪誰だ!誰だ!誰だ!
 ビルの峪間に忍ぶ影!
 赤い血潮のガッチャマン!♪
そう!
「空に彼方に踊る影」は「白い翼のガッチャマン」であり
「海の地獄に潜む影」は「強い力のガッチャマン」なのである!

話がますます逸れて行く!

しかし科学的には正しいのである!
いわく
エントロピー増大の法則である!

強制終了!

画像採集地:2017-12-05 京都市中京区

by pekeyama | 2017-12-05 22:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)

4月30日 今日のお題その壱は「逆光」です・3

楽しかった休暇が終わろうとしている・・・
休暇はまだ一日たっぷり残っているのに
こう言う物の言い方をするのは
やはり
どこか
病んでいるからであろうか?
新造人間キャシャーンの如く
額にたっぷりと太陽光線を浴び
エネルギーの九州に「はげ」んだはずなのであるが・・・(笑)
そう!
太陽エネルギー吸収中にカメラを取り出せば
そりゃあすべて・・・
逆光画像になるのは
理論的に正しい!
そして・・・
ずっと太陽を追いかけていたら
肩が凝ってしまった・・・
ウィークデイに上ばかり見て過ごす人間をヒラメと呼ぶと聞くが
晴天の休日に上ばかり見て、
石に躓くは。UNKOは踏みかけるは、肩は凝るは
泣きたくなっても
それでも
涙がこぼれないように
人は上を向いて歩まねばならぬのか?
ん?
話が違う・・・(笑)
話が逸れている・・・(爆)
そして・・・
話が見えない!
って・・・
逆光画像を何枚か添付して
話を終わらせるつもりであるのは間違いない!

白木蓮の若葉と花びらと
どちらが好き?と問われれば・・・
まるで三角関係ではないか?
c0062511_17381037.jpg

c0062511_17384749.jpg

白黒
もとい
赤緑
はっきりつけたらんかい!(笑)
c0062511_17402189.jpg

画像採集地:2017-04-30 西宮市立北山緑花植物園




by pekeyama | 2017-05-06 17:41 | 植物 | Trackback | Comments(0)

健全な精神は健全なる肉体にのみやどるのであろうか?

まずは現在の時刻をメモしておこう!
18時45分である。
タイトルと言い
書き出しと言い
全く意味が判らない
ただ一点だけ言えることは
すでに魂が風に解き放たれている
いや
風に吹き飛ばされている
要は
そう言う事である
時間を記録したのは
「バケツを持つ」
もとい
「墓穴を掘る」
行為であったと
いつもながら
「後悔先に立たず」と
いつも
「先立つ」ものには
そう
福沢諭吉のブロマイドやら
わが分身ジョニーやら
そう言った輩には困らされているはずなのであるが
曰く・・・
「不条理」「不可解」
そして
「意味不明」(爆)

常日頃
健康には人一倍、気を付けているPEKEである!
毎日毎日
ウィークデーの朝夕は
♪重い鞄を抱えて通うあの道♪
ウォーキングを欠かさないし
「百薬の長」も
適切なる量を服用している!
それに
ストレスが溜まらぬように
三歩で全て忘却の彼方へ押しやる様に心がけている!
それは休日も同様で
今日は
苦い「百薬の長」を美味しく服用すべく
90分かけて
沢庵石を
もとい
愛妻弁当で重たいザックを背負い
お気に入りの場所まで歩いたのである!
c0062511_19143252.jpg

そこは甲山のふもとで
アカメヤナギの大木が美しい木陰を提供する場所である
c0062511_19165316.jpg

c0062511_19174295.jpg

c0062511_19183261.jpg

まるでワーズワーズの詩の世界のような風景の中で
そよ風に吹かれ
小鳥の声に耳を傾け
「牧神の午後」的微睡みに身を任せ
健全なる精神の再構築に励んでいたPEKEであったのであるが
いきなり
「ドスッ!ドスッ!」と言う音と振動で
その心地よい微睡みが破られたのである!
見れば
ジャージとTシャツ姿の巨体のオッサンが
東屋の柱に鉄砲かましているではないか!
その後
そのオッサンは
「ウーッ!ウーッ!」と
野獣の様な唸り声をあげて柔軟体操を始めたのである!
そしてそれが終わった後は
テーブルの上に土足で上がり
何やらクールダウンの運動をして
すっきりした顔をして立ち去ったのである!
もしも・・・
微睡みの中で「あの娘」の夢でも見ていたならば
あのオッサンは無事では済まなかっただろうな!
命拾いしたな!オッサン!

だから・・・
果たして・・・
健全な精神は、健全な肉体のみにしか宿らないものであろうか?
断じて「否」である(笑)

寝起きのガキは期限が悪いものと
昔から相場は決まっているもんだ!

画像採集地:2017-05-05 西宮市 甲山界隈

by pekeyama | 2017-05-05 19:36 | 植物 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の野菜図鑑・4

前回の答えです
c0062511_20530216.jpg
キク科とあります。
画像採集しているときは
てっきり「洋風ハクサイ」と思い込んでいたPEKEですが
キク科と知ったときは
てっきり「レタス」と思い込んだPEKEですが
どちらも間違いのようですなぁ~
なんか
イタリア人とフランス人は
いろんな野菜をサラダにして楽しむみたいですなぁ~
PEKEも
エーテルに燻蒸された一瞬だけ
ラテン気質になる故
彼らの食するサラダには興味津々です!
野菜図鑑の採集フィールドを
デパ地下やら
高級スーパーやらに
広げる必要性がありそうですなぁ(笑)

そんな事を考えていたら
昨日実家でお袋が出してきたサラダ!
c0062511_21151448.jpg
c0062511_21155559.jpg
京都の高島屋で
何となく買ったという
「プチ・ヴェール」とか言う
芽キャベツとケールのハイブリットだそうです。
レンジでチンして
フレンチドレッシングをかけて食しました。
キャベツの甘味が凝縮されていて
いかにも身体に良さそうな
メチャ気に入りましや!
来週は会社帰りに梅田のデパ地下で探してみよう!

by pekeyama | 2017-03-19 21:24 | 植物 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の野菜図鑑・3

まずは前回の
緑のもじゃもじゃの正体から・・・

いち!にい!さん!
あん!どぅ!とろぅ!
いー!ある!さん!
アイン!ツヴァイ!ドライ!
わん・とぅー・すりー!
はい!
c0062511_22162097.jpg
正解は「ラッキョウ」でしたが
普段食べているのは画像の葉ではないので
別にエエとは思うのですが
でも・・・
PEKEは・・・
食べてたのは球根とばかり思てたのですが・・・
鱗茎って・・・
まぁ
お猿さんはラッキョウを
♪剥いて!剥いて!剥いて!剥いて!剥いて・・・!♪
PEKEは女の子を
♪口説いて!口説いて!口説いて!口説いて・・・♪
ありゃ?
話がそれた・・・
夜も更けた・・・
瞼は重く、体は疲れた・・・
男が好きなのは・・・
胸が重く、目が疲れた女であると言うが・・
エントロピー増大という
物理の法則に則った正しい展開である・・・

とりあえずは
明日のお題である!
♪あれは誰だ?誰だ?誰だ?♪
c0062511_22390404.jpg
c0062511_22401112.jpg
c0062511_22405075.jpg
画像採集地:2017-03-12 西宮市立北山緑花植物園

by pekeyama | 2017-03-17 22:42 | 植物 | Trackback | Comments(0)

2017年・PEKEYAMA氏の野菜図鑑・2

これはなんだ?と問う前に
昨夜の答えを書くのが人の道と言うものであろう・・・
いや・・・
昨夜の答えを書く前に
これは何だと?と新たに問うのは
鬼畜すぎやしないか?(爆)
で・・・
まずは昨夜の答えである
c0062511_21091518.jpg
イタリアンケール・・・
要するに
イタリア・キャベツ・・・
しかし・・・
イタリアのキャベツはみんなこんなんなの?
レシピと味が
ぜひとも知りたいものである!
図鑑を謳うからには
キッチンを開設して
キチンと解説せんかい!
誰かが何処かで吠えそうである(爆)

前置きが長くなった!
今日の野菜はこれである!
c0062511_21174952.jpg
さて何であろうか?

画像採集地:2017-03-12 西宮市立北山緑化植物園



by pekeyama | 2017-03-14 21:20 | 植物 | Trackback | Comments(2)