標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2018年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2018年、斜め上45度逆光画像:花編・1

何やらまたまたヘンテコリンナたいとる掲げてる!
必殺技だね!
PEKEの!
大した威力はないけど!(爆)
まぁええやんか!
PEKEは
何故かは知らんが
斜め上45度の
逆光画像の採集が大好きなのである!
昔・・・
独逸人は・・・
JAZZを指して・・・
「斜めの音楽」と呼んだそうであるが・・・
それは・・・
所謂クラシックに対しての呼称であった・・・

だから・・・
PEKEの言う「斜め上45度」は
実際のアングルをも指し示してもいるが
本当の意味は「変わった」を意味する形容詞である

まぁ牡丹の花を
こんなアングルで撮って喜ぶ人間は・・・
多分・・・
あんまり居ないと思う・・・
c0062511_22114801.jpg
逆光画像なら
せいぜいこん位やろなぁ~
c0062511_22141669.jpg
c0062511_22152657.jpg

c0062511_22163948.jpg

何故にPEKEが逆光に魅かれるのか?
ちょっとだけ
心の片隅で
小さな棘みたいに
チックっと引っかかるのは
子供の頃に
何処の家庭でもあったであろう風景・・・

子供の頃って
カメラって
親父が苦労して手に入れた
家宝みたいなイメージがあって
例えそれが
時代が下がってバカチョンカメラであっても
子供はなかなか触らせてもらえず
ましてや家族の集合写真やら
夏休みの旅行先でのスナップ写真やら
おいそれとシャッターを押させては貰えませんでした
ましてやフィルムの時代ですから
現像にお金がかかるので
子供にシャッターを押させる家庭は
かなり少なかったと思われます
そんな中
親父に頼み込んで、頼み込んで
やっと家族の集合写真のカメラマンを任されて
めっちゃ張り切って
「じゃあそこに並んで!」
声かけたとたんに
親父が
「逆光になるからアカン!」
そう言ってPEKEが考えていたのとは真逆の方向へ
皆を誘導し直す・・・
そんな事が何度もありました・・・

うーん・・・
今夜は一体何を言いたかったのか?

おっと!!!
この展開こそが
PEKEの必殺技でございまするなぁ~(爆)

画像採集地:2018-04-22 西宮市立北山緑花植物園

by pekeyama | 2018-04-25 22:35 | | Trackback | Comments(0)

itsukiさまへ!

「あの車・・・何だらら?」
itsukiさまが
ひょっとしたら
眠れぬ夜を過ごしてはったら
困るから
ここら
で・・・

前からみたら
一目瞭然だら!
c0062511_21143472.jpg
ちょっと下品な感じがするけれど
それが8シリーズと言うものではなかったか?

後ろ姿は・・・
c0062511_21190586.jpg
めっちゃ怖い顔してる!

サイドビューは・・・
c0062511_21205013.jpg
ドアが跳ね上がってるんで良く判らん!
しかしこのドア
どうも回転しながら跳ね上がるみたいだ!
単純に油圧かスプリングで上へ跳ね上がるだけやないようだ!
閉める時はどうするんやろう?
ワンボックスカーの後部ドアのスライドドアみたく
電動式なのであろうか?
うーん
そういう意味では
この車
助手席に座ってみたい!

開閉のメカニズムが気になって
♪今夜は僕、眠れない!♪

しかしこのドアの開き方は
一種の演出・・・
或いは・・・
虚仮脅し???

スポーツカーは軽量化が命!
やないのん?(爆)

itsukiさま
今夜はぐっすりと眠れますかぁ~?


by pekeyama | 2018-04-25 21:33 | 自動車 | Trackback | Comments(0)

昨夜は呑んだ!呑んで!呑んで!呑みまくった!

昨夜は京都で飲んだ!
なじみのお店で飲んだ!
今週末で店じまいのお店で飲んだ!
顔見知りの人とも
今日初めて出会った常連さんとも
別れの盃を交わした!
そして
心の底で
もう会えない人とも・・・
c0062511_21563483.jpg
c0062511_21572319.jpg
c0062511_21582324.jpg
お酒をサーブしてくれた美しき腕・・・
c0062511_21574699.jpg
c0062511_22012929.jpg
ホントは全部飲み干したかった・・・・
c0062511_22031773.jpg

♪この寂しさが やがていつか 私を大人に 変えるという事を・・・♪

幾つになったら大人になれるのか???

我ながら馬鹿な事を書いている・・・
もう子供やないんやから!!!
こないだ赤い猿股
もらう年(数えやけど)なんやから!!!

画像採集地:2018-04-23 京都市 河原町三条 




by pekeyama | 2018-04-24 22:15 | | Trackback | Comments(2)

4月22日 ランチを楽しんだ場所

♪大きな栗の樹の下で・・・♪
♪貴女と私! 仲良く遊びましょ!♪

もとい・・・

♪大きな紅葉の樹の下で・・・♪
♪ビールとサンドイッチ! 美味しく食べましょう!♪
c0062511_21102469.jpg
c0062511_21121790.jpg
画像採集地:2018-04-22 西宮市立北山緑花植物園


by pekeyama | 2018-04-24 21:15 | | Trackback | Comments(0)

4月21日 ランチを楽しんだ場所

昨日のセンタルジャーニー
途中でデジカメの電池が切れた・・・
よくある話ではあるが
高揚していた気分が
急速に萎えてしまった・・・
心が折れたとは言わないが
かなりめげてしまった・・・
が・・・
♪誰のせいでもありゃしない!
 みんなオイラが悪いのさ!♪

3時間かけて来た場所である
帰るのにも3時間かかる
それに
リュックに入れた缶ビールが重い・・・
それにお腹も空いてきた・・・
とりあえずは奥社までは行かなくちゃ!(笑)
c0062511_21144383.jpg
そう!
あの門を潜れば
この季節ならば
水に濡れた地面に
スギタニルリシジミが
ちらちらと舞っているはずだ!
門の向こうは
あんなに明るく輝いている!
c0062511_21195573.jpg
そして・・・
門を潜った・・・
13歳の頃に習った
「滅びに至る門は広く、繁栄に至る門は狭い」
そう習った記憶があるが
その後の人生で
門は潜らなければ何も始まらない
そう学習したPEKEである
それに
幅何センチが広くて、何センチが狭いと言うのか?
子供の頃に遊んだ表通りは
とてつもなく広かったが
大人になって免許取ったら
対向車が来ないように祈るくらいに狭かった

ん・・・
話が逸れた・・・

門を潜ると・・・
何か別世界に来たような・・・
c0062511_21293194.jpg
しかし・・・
境内の地面は乾いており・・・
何も飛んでいなかった・・・

とりあえずベンチに腰掛け
リュックを下ろし
クーラーボックスを引っ張り出し
缶ビールを取り出して
ランチタイムである!
c0062511_21362612.jpg
樹々の新緑が爽やかである

画像採集地:2018-04-21 京都市左京区貴船神社 奥社


by pekeyama | 2018-04-22 21:38 | Trackback | Comments(0)

2018年・PEKEYAMA氏の和菓子図鑑‣5

今日のお題は「富貴草」である。
「ふうきぐさ」と読む。
聞きなれぬ名である。
富んでいて、貴い・・・
PEKEとは全く無縁の言の葉である。
さて・・・
その正体は・・・
c0062511_19552158.jpg

判りにくい?
もうちょいアップ!
c0062511_19562324.jpg

まだアカン?
ならばもっとアップ!
c0062511_19573576.jpg

その正体は

本物画像おば・・・
c0062511_20054787.jpg

そう
牡丹の花でした!

しかし和菓子の世界
フィギュア(スケートじゃない方)の世界に似ているかも
なんか
何でも和菓子にしちゃう!って感じが・・・

季節の上生菓子図鑑
或いは
上生菓子で表す日本の四季
そんな本ってあらへんかなぁ~(笑)

画像採集地:2018-04-22 西宮市立北山緑花植物園

PS
抹茶と和菓子をいただきながら楽しんだ風景
c0062511_20295732.jpg



by pekeyama | 2018-04-22 20:31 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

センチメンタルジャーニー

金曜日の夜
何故か急に
明日は貴船に行こう!
そう思い立った
理由は判らない

朝七時にマンションを出た
京福電車の貴船駅には十時に着いた
長い旅路であった
リュックの中の
缶ビール入りのクーラーボックスが
重い

貴船駅である
c0062511_21445958.jpg

少年時代のPEKEは
この階段を
いつも
希望を胸に抱いて
駆け降りた
そして
この階段を
ある時は満足を
ある時は失望を
ある時は後悔を
胸に抱いて
背中に背負って
駆けあがり
這いあがりしてきた

思うにそれは
大人への階段であった
のかも知れない・・・

画像採集地:2018-04-21 京都市左京区貴船


by pekeyama | 2018-04-21 21:55 | Trackback | Comments(0)

馬酔木の新芽がお気に入り!

馬酔木の花は
昔から
多分
蝶を始めた中学生の頃から
そして
確実なのは
堀辰雄の小説に出会って
「浄瑠璃寺の春」という短編を読んでから
好きになった

実家の庭先に何本かの馬酔木が植わっていて
その花が咲き出すと
向こうに見える西山まで行けば
コツバメが!
ミヤマセセリが!
ツマキチョウが!
ひょっとしたらギフチョウが!
十三歳のPEKEの心は
大いに騒いだものでした!
あんな心のときめきは
いくら酒を飲んでも取り戻せない・・・
寂しい話です・・・

しかし・・・
先週の日曜日・・・
馬酔木の新芽を見て・・・
ちょっとだけ元気になりました(笑)

きっかけは
真っ赤な新芽!!!
c0062511_23010733.jpg
そして・・・
早緑の新芽・・・
c0062511_23022077.jpg
橙色の新芽・・・
c0062511_23033079.jpg
なんか無性にコツバメに会いたくなってきた!

画像採集地:2018-04-15 西宮市立北山緑花植物園


by pekeyama | 2018-04-20 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)

itsukiさん好みの!車!

某日、京都の河原町通りで見かけた車が・・・
itsukiさん好みぢゃね?
c0062511_21453382.jpg

by pekeyama | 2018-04-20 21:48 | 自動車 | Trackback | Comments(2)

続・お袋自慢のハナミズキ

お袋に言わせると
ハナミズキはとても良い植木だそうだ
まず花が美しい
美しい花は散るのが定ではあるが
桜に比べると格段に掃き掃除が楽だそうだ
次いで葉が美しい
初夏の若葉は爽やかで眩しく
盛夏の緑濃い葉の木陰は涼しく
晩秋の紅葉は鮮やかで貧しい
色づいた葉は散るのが定であるが
桜に比べると格段に掃除が楽だそうだ
そして
ハナミズキには毛虫がわかない
桜に比べると手間いらずだそうだ

こんな風に書くと
我が実家の枝垂れ桜は怒って花をつけなくなりそうだが
手間をかける楽しみは
桜の方が格別なので
まあ十人十色
いや
十花十色か、この場合・・・

しかし
ハナミズキの花をはじめ
樹の花を美しく撮影するのは
なかなか難しいものである
毎年毎年
同じようなアングルで
同じような構図で
うーん
だからその「同じような」が悪いのか?
まぁだから毎年楽しいのかもしれないが・・・
c0062511_20541624.jpg
c0062511_20551832.jpg
c0062511_20555927.jpg
画像採集地:2018-04-14 京都市西京区



by pekeyama | 2018-04-19 20:57 | | Trackback | Comments(0)